1
/
5

コロナ禍の苦境を乗り越えたfavy。執行役員齋藤尚司が新しく掲げた目標とは

こんにちは、favy広報の倉田です。

「好きを仕事に」するfavyメンバーにインタビューする「メンバー紹介」

2021年2月1日(月)より執行役員齋藤尚司氏が、編集部の他に、新たに人事部門と広報部門、3つの部門の責任者として兼任することが発表されました!

そんな齋藤尚司氏に、コロナ禍を乗り越えたfavyについて色々聞いてきました!

――今回favyとしては前代未聞のチャレンジをされると思うのですが、3つの部門の責任者にいたるまでの考えを教えてください。

コンテンツという意味では、全て一緒だと思ったんですよね。

favy創業時から編集長として編集部を統括する以前から、コンテンツマーケティングというものに関わってきました。

今後favyという会社のブランドを育てていくという意味では、採用と広報も一緒に考えていくことが大切だと考えています。

採用に関して、favyは主にwantedlyで採用活動を行っています。webコンテンツを作り込んで、採用活動を行っています。

広報に関しても、もっと積極的に発信をすることで、質の良いコンテンツを作る会社というブランディングを強化していきたいという想いがあり、会社としてのコンテンツも作っていきたいと思っています。

そこで今回の人事異動は、長くfavyに携わっている私だからこそできることなのではないかという想いがあり、今回チャレンジさせていただくことになりました。

――今回の人事異動を受けて3部署を管轄するという大きなチャレンジをされると思うのですが、意気込みをお願いします。

新型コロナウィルスは、favyにとっても確かに大きな影響がありました。現在、会社自体は復調の兆しが見えてきています。そういった意味でも、このタイミングで、改めて強い会社を作っていく所に自分が協力できるという点で、このチャレンジをポジティブに感じています。

3部門を管轄するというより、関連のある複数の部署をシームレスに繋いで、より効率的で効果的な情報発信やサービス提供をしていきたいと考えています。

例えば、「飲食店を紹介する記事を作る」時に、これまでは編集部管轄のfavy.jpのみで完結していました。しかし、今後はfavy.jpで取材した内容を元に、会社公式ブログのfaviconでお客様紹介をしたり、求人に使ってるwantedlyで事例紹介をしたり、といったコンテンツの横展開をすることも考えられます。

また、トップが同一人物という事は、横展開の際の社内調整や記事方針のすり合わせなどの時間も効率化出来ることがメリットになりますね。つまり、情報の旬を逃さないで動くことができます。

もちろんそれぞれの部門で、専門性が高い業務を行う必要は感じていますが、編集部だけでなく、人事や広報業務は、過去に経験があるので、それらの経験も活かしながら、favyという会社を大きくしていきたいと思っています。

――現在、編集部ではどのようなお仕事をされていますか。

主に、コンテンツの作成と配信を行っています。

favy社はグルメメディアの会社と思われがちですが、実はグルメ以外でも複数のメディアや記事作成を行っており、その多くが編集部管轄となっているんです。

国内飲食店を始め「食」に関する情報を発信する「favy.jp」、インバウンドや在留外国人向けの「インバウンド版favy」、飲食業界の方に飲食店運営で価値のある情報を発信する「飲食店サポート」、その他にも、飲食店のプレスリリースを作成したり、クラウドファンディングの相談に乗ったりしています。「コンテンツ作成」に関わる全てを担当しているのが編集部なんです。

――広報ではどのようなお仕事をされていますか。

会社のブランド強化を目標として動いています。

favy社が飲食店向けに提供している「サブスク」のシステムはその一部です。また、飲食業界とデジタルの融合による効果的な店舗運営や、新たな業態開発などの実証実験の為に飲食店も運営しています。それら様々な取り組みが評価され、これまでも多くのメディアに取り上げていただいてきました。今後は、もっと効果的でより多くのメディアに取り上げてもらえるように情報発信の品質や頻度を高めつつ、favyという会社の魅力を正しく発信していきたいと思っています。

――人事ではどのようなお仕事をされていますか。

採用と制度づくりを行っています。

コロナ禍の影響もあり、働き方が大きく変わっています。

働き方が変わっても生産効率を落とさず、働く人がストレスを感じずに生産性が落ちない制度をきちんと作っていきたいと考えています。

会社を大きくしたいのではなく、多くのプロジェクトに対応できるスタッフを集め、育てることで、顧客が安心してfavyに発注できて、発注した事に価値を感じてもらえるようなサービス提供を一層強化するためにも、採用や制度以外でも、オンボーディングなど社内の目線合わせを大切にしていきたいです。

――favyの入社前もこのようなお仕事をされていたのですか?

ライター歴22年目なのですが、過去に所属していた会社で広報や人事のお仕事も少しずつ経験していました。全てが今の仕事に繋がっています。今まで経験していたことが今のお仕事に繋がっていることは嬉しいですね。

――今後favyをどんな会社にしていきたいですか?

今まで以上に「好きを仕事にする人を増やす」というfavyのミッションを正しく実現できるよにしたいです。

また飲食業界へのサービス提供は続けつつ、これまでに培ったノウハウを他の業種でも活かせるよう、メディアやサービスを他業種に展開していけるように、会社の地力を高めていきたいと考えています。

――ありがとうございました!

favyでは一緒に働く仲間を募集しています!favyで働きたいと思ったら、ぜひ一度お気軽に話を聞きに来てください。

株式会社favy's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more