1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

22歳で、名古屋支社立ち上げに。「起業」という目標に向け、タイミーで目指す自身の成長 | 社員インタビューvol.7

こんにちは、タイミー広報の浜本です。今回は名古屋支社立ち上げメンバーに抜擢された柳泉の社員インタビューをお届けします。

意識し始めた、新しい将来の選択肢

―まず初めに、経歴を教えてください。

大学二年生の頃にインターンを始め、最初に不動産のコンサル会社で働きました。タイミーではマーケティングチームで広告運用などを経験した後に異動を希望し、現在は顧客対応を行うアカウントマネジメントチームに所属しています。

―大学二年生からインターンを始めたきっかけは何ですか。

周りにビジネスに興味がある友達が多かったんです。その影響でビジネス書を読み始め、「起業」を自分の将来の選択肢として意識し始めました。起業に向けて学生のうちから力をつけたいと考え、仕事の基本になりそうなコンサルのインターンを始めました。

―なぜ起業したいと思ったのですか?

会社を立ち上げるまでの過程に強い興味を持ったからです。

信頼できる仲間と共通の目標を目指しながらハードで刺激的な日々を過ごすことに、すごく魅力を感じていました。社長として会社を引っ張っていくことに興味があるわけではなく、仲間たちと対等な立場でスーパーフラットな経営をしていければと思います。
加えて、もともと考えたり戦略を練ることが好きなこともあり、頭で思い描いたものを実際に形にしてみたいと思ったことも理由の一つです。

―なぜ1社目でコンサルティングのインターンを選んだのですか?

コンサルの仕事を経て社会人としての基礎的な仕事の能力が上がり、自信に繋がるんじゃないかと思って始めたんです。誰かのために考え、戦略を立てるコンサルの仕事は自分に向いているだろうと考え、インターンを始めました。

ですが、どんなにお客様のことを考えて仕事をしたとしても、自分でサービスを伸ばすのと人のサービスを伸ばすのでは、責任や当事者意識の点で超えられない壁があると感じていました。

―タイミ―はどのような経緯でジョインされたのですか?

大学2年生の時ビジネスコンテストやシリコンバレーでのツアーを企画していたんですが、そこで知りあった人に紹介してもらったことがきっかけです。

当時のタイミーは自分と歳の近い人たちが数人で動かしていて、サービスの規模もそんなに大きくなかったんです。将来起業する前に立ち上げの経験ができる部分に魅力を感じました。

他にもインターンの誘いをいくつか受けていましたが、同い年が社長ということで自分の挑戦できる範囲の広さや影響の大きさを期待し、タイミーに決めました。

支社の立ち上げはかけがえのない経験になる

ー名古屋支社の立ち上げでは将来起業するための力を身に着けたいと仰っていましたが、具体的にどのような力なのでしょうか?

実行力や成し遂げる力を身に着けたいと考えています。何でもやらなきゃいけない立ち上げのフェーズは、自分の仕事範囲が明確に決まっているわけではありませんが、裏を返せば幅広い領域に携われるチャンスであるとも言えます。東京で培った力を武器に名古屋支社を立ち上げることは、間違いなくかけがえのない経験になると思っています。

ーユーザーマーケティング、アカウントマネージャーの二つの部署での経験を、強みとしてどのように発揮していきたいですか?

タイミーはユーザーと企業を結ぶBtoBtoCモデルのサービスなのですが、ユーザーマーケティングの経験と顧客折衝の経験を元に、両方向からの視点で考えられることが自分の強みかなと思っています。

また現場の声を拾いながら、俯瞰してゴールを考えることが大事であるということは、部署に関わらず一貫して意識しています。

―ユーザー・クライアント双方に偏ることのない、中庸な立場を意識されているということですね。一つの挑戦となる名古屋展開は、柳泉さんにとってどのようなものでしょうか。

タイミーはスキマバイトの領域で市場を確立してから別の領域でも事業を展開していきたいと考えているので、その基盤を作る重要な機会になるだろうと考えています。

―「明暗を分ける」逆境の中で、自分は何ができると思いますか?

支社長の岡田はとにかく熱くて周囲を引っ張る力が強く、間違いなく名古屋支社の機動力となる存在です。彼が培ってきたものを引き継ぎ、吸収することももちろんですが、自分は彼とは違ったタイプで、目標を実現させる具体的な筋道を考えて整えていくのが得意なので、岡田の目指す名古屋支社の未来を実際に作っていくところが自分の役割かなと思っています。

岡田は行動で示すタイプ、反対に自分は頭で考えて戦略を練るタイプです。業務は役割分担しつつ、最終的に一緒にやれて良かったなって思われるメンバーになれたらいいなと思っています。

―今後の支社拡大にあたりどんな仲間と働きたいですか?

「やり抜ける人」と一緒に働きたいです。

自分たちもまだまだ未熟ですし、正解を探しながら進んでいくフェーズなので、これから進む道は決してスマートで効率的な道ではないと思っています。紆余曲折していく中で、めげずに何度も挑戦してやっと良い選択ができるようになるものだと思っています。とりあえずやってみて、ダメだったら変えてまたやってみて…というのを、目標達成まで繰り返しやり抜ける人と一緒に働きたいです。

タイミーとは??

「この時間なら働ける」人と「この時間だけ働いて欲しい」企業をつなぐ、スキマバイトアプリ「タイミー」を提供しています。

公式HP: https://timee.co.jp/

株式会社タイミー's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more