1
/
5

2021年上期アワード/受賞者のご紹介②「新人賞」「MVP優秀賞」「MVP最優秀賞」

先日、2021年上期の活躍者を表彰するNextbeat Awardが開催されました。今回のアワードでは「ベストチーム賞」「ベストマネージャー賞」「ベストNBI賞」「ベストクリエイター賞」「ベストパートナー賞」「新人賞」「MVP優秀賞」「MVP最優秀賞」の計8賞が贈られました。

こちらの記事では、350名を超える社員の中から選ばれた「新人賞」1名「MVP優秀賞」3名「MVP最優秀賞」1名の計5名についてご紹介したいと思います。

新人賞/HRメディア名古屋 小山内 義貴

新人賞は入社1年以内の方の中から、最も目覚ましい活躍をされた方に贈られます。

受賞者/小山内 義貴(おさない よしき)
2021年4月入社。「保育士バンク!」法人営業の名古屋エリアを担当後、入社半年で「保育士バンク!」東海②エリアのマネージャーに昇進。前職ではインターネット広告代理店でアカウントプランナーとして従事。

受賞理由

とにかく行動し、とにかくやってみる。全社一の泥臭さで新商材の企画、受注を実現。新しい風を巻き起こしながら成果を残す姿が評価されました。

受賞後インタビュー
・成果を残すために意識していること
圧倒的思考と圧倒的行動に尽きます。まずは行動しないと、法人にどんな課題があり、何を望まれているかは分からないですし、ある程度量をこなさないと、自分の提案の引き出しも増やせないと思います。
提案の引き出しが多いほど、質が上がると思いますし、先方の期待に沿った提案ができるので、その分数字もついてくると思っています。

また、既存のやり方・商材だけではこの目まぐるしい時代の流れに順応するのは難しいと思っています。他にどのようなやり方があるか、どのような商品があったらより満足していただけるか、と考えるようにしています。

・今後の目標
今後は役割が変わり、個人の数字だけではなく、チームの数字をどう達成させるかや、担当エリアをどう攻略していくかがミッションになります。
どんな状況でも成果を出し続けるチームを目指し、個人・チームの力を最大限発揮できるような環境づくり、スキル向上に取り組んで参ります。まずはネクストビートで1番のチームを作っていきたいと思います。

MVP優秀賞

MVP優秀賞は、対象期間において著しく会社に貢献した個人に贈られます。今回は3名が受賞しました。

-MVP優秀賞1人目/HRソリューション埼玉 水貝 乃里子

受賞者/水貝 乃里子(みずがい のりこ)
2019年5月入社。証券会社・教育系企業を経て、令和が始まると共にネクストビートへ入社。保育士バンク!、新規事業での営業を経験後、現在は「保育士バンク!」マネージャーとして千葉埼玉エリアを管轄。

受賞理由
顧客に対するコミュニケーションは常に誠実。全国トップの成約実績を上げながらも、圧倒的な顧客満足度を実現。部署の枠を超えて貢献することにこだわり続ける姿勢が評価されました。

受賞後インタビュー
・成果を残すために意識していること
常に誰に対しても誠意を持って接することです。求職者様、法人様はもちろんですが、一緒に仕事をする仲間に対しても意識しています。
聞かれたことを曖昧にしない、依頼するときには期限を決める、聞いた情報は忘れないなど当たり前のことですが、必ずやることで成果につながっていると考えています。

・今後の目標
年度末までの目標としては、担当する2つのエリア(千葉、埼玉)で、下期チーム成績1、2位の結果を残すことです。

-MVP優秀賞2人目/Human Resources Division Recruit 高野 麻奈未

受賞者/高野 麻奈未(たかの まなみ)
2018年3月にインターン生として入社し、2019年4月に正社員として新卒入社。インターン時代~正社員後17か月間は、新規事業2事業の営業職を担当。その後保育士バンク!の法人営業を経験し、2020年6月から人事に異動。今期から採用マネージャーとして採用全般を管轄する。

受賞理由
結果にこだわり、未だかつてない記録を更新。新卒採用のみならず、中途採用を含めた人の和を広げ続け、組織を強くすることに貢献し続けた点が評価されました。

受賞後インタビュー
・成果を残すために意識していること
人事は特に自分だけで数字を作れる仕事ではないからこそ、誰よりも数字に執着することを意識しました。間接で入る要素(エージェント/媒体/面接官/リクルーター)が多いからこそ、どれだけそれらすべてを、当事者意識を持って高速で改善していけるかの勝負だと思っていました。

弊社は採用支援事業を複数持っています。その事業での営業経験があり、かつ現在は同様の会社から営業を受けている私だからこそ貢献できることは多いと思っています。今期は、自身が得た情報の共有を事業部に対して積極的に行い、全社貢献を意識して行動いたしました。

・今後の目標
CHROを目指します。

-MVP最優秀賞3人目/「KIDSNAコネクト」Sales 佐藤裕大

受賞者/佐藤裕大(さとう ゆうた)
2019年4月新卒入社。「保育士バンク!」法人営業の神奈川エリアを担当後、名古屋へ異動し、「保育士バンク!」人材紹介、「KIDSNAコネクト」の営業を担当。今期から「KIDSNAコネクト」セールスディレクターとして西日本エリア全体を担当する。

受賞理由
チーム1の成果をあげながらも、誰よりも高いアンテナと発信力で周囲を巻き込み、チームの雰囲気づくりに貢献する姿勢が評価されました。

受賞後インタビュー
・成果を残すために意識していること
元上長が受賞された際にお話しされていた「守破離」を意識しています。
特に「守」の部分を基礎として大切にしています。

具体的には、ためになりそうな方のYoutubeチャンネル・SNSアカウントは常にチェックしたり、書籍でインプットを深めたり、社内の連絡チャットをくまなくチェックしノウハウを見つけたりと、法人営業担当として、保育業界・人事労務業務に関わるあらゆるITサービスのインプットを進めています。また、資産として蓄積されている社内の商談録画データを、隙間時間あれば振り返って、自分で表現を真似することができるまで必ず聞き、礎を創りました。

プライベートでも自分自身が顧客となり、営業を積極的にうけることで、営業術を盗むよう意識しています。

・今後の目標
担当する西日本エリアでのKIDSNAコネクト受注園数のギネスを創ります。首都圏に集中するのではなくて、西日本各エリアでもしっかりと売上を担保できるような仕組みづくりを実現します。
将来は、社会福祉法人で理事長になって、この社会福祉領域で働く人にとって素敵な環境を整備したいと思っています。社会福祉法人ならではの制度を使って、事業グロースと社会福祉事業の両立を生み出したいです。労務管理システムはKIDSNAコネクトを導入します(笑)

MVP最優秀賞/HRメディア東京① 田中里穂菜

MVP最優秀賞は、対象期間において最も会社に貢献した個人に贈られます。

受賞者/田中里穂菜(たなか りほな)
2019年4月新卒入社。「保育士バンク!」の法人営業に従事し、保育園や幼稚園に訪問し採用活動をサポート。2020年10月にMVP優秀賞受賞後、埼玉・千葉・神奈川のチームリーダーとして、メンバーのマネジメントにも携わる。今期より、マネージャーとして北関東エリアを管轄。

受賞理由
自身の達成はもちろんのこと、顧客のため、チームのため、自身に何ができるのかを考え、ナレッジを共有。チーム力の底上げに邁進する姿や、常に高い視座で追及し続ける姿が評価されました。

受賞後インタビュー
・成果を残すために意識していること
目標から逆算し、新規提案数の担保、追客の徹底、既存法人へのアップセル(掲載終了までの逆算をし、継続提案やフォロー)等、当たり前のことを日々実施しております。
また業務だけでなく「保育士バンク!」全体としての売上を上げるために、法人向けメルマガを配信したり、ナレッジ共有、勉強会の実施なども意識的に行っています。

・今後の目標
まずは北関東チームの数字をつくることが目標です。さらに、「保育士バンク!」全体の売上に寄与できるように、ナレッジや施策を積極的に進め、業界シェアを上げたいです!

・・・

以上、2021年度上期Nextbeat Awardの受賞者をご紹介いたしました。ネクストビートでは半期に一度の全社総会を通し、社員全員が前期を振り返り、活躍者を称え合うことで、士気を高めています。

今回の営業職の表彰者は全員、新卒や業界未経験者でした。
入社前の経験や年齢などに関係なく、成果が評価され、自身のキャリアアップやチャレンジがスピーディーに行える環境がネクストビートにはあります。いち早く市場価値を上げ、社会に貢献したいという想いをお持ちの方は、ぜひ一緒に働きましょう。

ご興味お持ちの方は下記よりご応募お待ちしております。

また、会社のミッションや事業など、もっとネクストビートについて知りたい方はこちらをご覧ください。

株式会社ネクストビート's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings