1
/
5

freee社員の1日のスケジュールを公開! vol.2 〜新卒エンジニア編〜

こんにちは、採用広報の西木です。

この記事は『freee新卒メンバーの1日のスケジュールを公開!』企画の第2弾。(第1弾はこちら

今回はエンジニアの中からソフトウェアエンジニアのくるぶし(*1)、PSIRTの今井の2名に答えてもらいました。

それぞれどんな1日を過ごしているのでしょうか!?

freeeのエンジニアチームは社内用語や変わったチーム名も多いので、同時に解説していきたいと思います。

(*1 freeeではお互い希望したニックネームで呼び合っています)

くるぶし(19卒 ソフトウェアエンジニア)

ーfreeeではどんな仕事をしていますか?

『freee福利厚生』の社宅サービスを作っています。設計、実装、フロントエンド、バックエンド、インフラ、サービス開発に関わることなら特に隔りなくなんでもやる感じです。

ーでは、1日のスケジュールを教えてください。


だいたい11時に業務を開始します。

朝会前にSlackやGitHub のコメントなどを確認・返答します。また朝会で相談・確認しておきたいことをまとめたり、成果のデモ準備も行います。

11時半から朝会『社宅&福利厚生:デイリー』があり、昨日やったこと、今日やること、スプリントの進み具合、悩み、相談などを開発チーム内で共有しています。

その後はすきま時間だったので、ひたすら開発です。

途中、チーム内相談などで突発的にミーティングが発生することもあります。基本的にはslackが多いですが、共有事項が多いときや話したほうが早いときは、シュっとオンラインミーティングを開くよう心掛けています。

15時からは、会社が提供してくれているフィットネスにオンラインで参加しました。さぼりがちですが、体は大事なので思い出したら参加しています(笑)

この日は、その後の時間に昼食をとり、飼っている猫にごはんをあげたり、コーヒーを淹れたりしました。

17時からの『Weekly Aekyo Hour』は全社会議のことで、普段は『WAH』と略されています。全社会議とは言わないのはfreeeのアソビゴコロですね。

またAekyoというのはfreeeのマジ価値指針の一つである『あえて、共有する』の略語で、オープンにフィードバックしあうことで一緒に成長することを目指しています。

18時からは『セキュア・バイ・デザイン 輪読会』がありました。チームを超えての自主的な輪読会で、この日の参加者は8人。輪読会では、日頃の実装に照らし合わせた議論や改善の提案も活発に起こります。

その後はまた少し開発をして、キリがいいところで退勤しました。

こちらは、別日のものです。

業務開始時間や朝会、スキマ時間で開発をしているのは同じです。

13時からは『Shall we ランチ?』に参加しました。こちらはコロナ禍で開始されたリモートランチ会で、食事代の補助もあります。

リモートでは、コミュニケーション対象が業務でやり取りする人やチーム内に偏りがちです。そこでオフィスですれ違った時にちょっと話していた人、夜ふらっと飲みに行く仲の人との非公式なコミュニケーション量が下がっているという課題を克服するために、作られた制度です。

この日は、他チームの新卒メンバーと一緒にランチをしました!

14時からの『アクセシビリティ相談』は、名の通りアクセシビリティに関しての相談会です。

今回は不参加でしたが、オンラインでもこうした工夫で相談の場が設けられているのはありがたいです。このように任意で様々な部署を横断して、さまざまなテーマの相談会が開催されることがあります。

17時からは『開発船 All hands』がありました。こちらは新規開発を行っているチームで行っている、技術的知見の共有会です。オンライン開催で、参加任意です。この日は作業しながらラジオ番組代わりに聴いていました。

また部署と言わず 『船』や 『ヨット』と名乗っているのも freee のアソビゴコロです。freeeでは海をモチーフに組織を作っていて、『事業部・チーム』は『船団・船・ヨット』などの用語に置き換わっています。

18時からは『チケットポーカー会』がありました。こちらはエンジニアで集まって、次のスプリント(次週の開発)でやることの確認を行います。実装方針や作業量についての相談会も兼ねています。

終業後はオンライン飲み会がありました。前回は『古事記』をお酒のお供に飲み会をして、今回は第2弾。『日本書紀』をテーマに行いました。人の出入りは自由で、エンジニアの仕事の内容を神話に例えてみたり、楽しい時間でした。

ーfreeeの職場環境はいかがですか?

作業環境はオフィスと自宅、その時々の都合にあわせて選ぶことができて便利です。私はどちらかというと、自宅での作業が多めです。オンラインでの仕事でも、チームでのオンラインランチや、朝の雑談など、コミュニケーションが多く、和気藹々としています。

また「新卒の仕事はこれ!」と括られることもなく、サービスの価値を届けるためにあらゆることに手が出せて楽しいですね。発言しやすく、意見をもらいやすい環境が日々の仕事を後押ししてくれています。

今井美希(21卒 PSIRTエンジニア)

ーfreeeではどんな仕事をしていますか?

私はPSIRT(Product Security Incident Response Team)チームに所属しています。freeeのプロダクトをよりセキュアなものにするために、内部的な機能の開発をしています。

ーでは、1日のスケジュールを教えてください。

PSIRT朝会』は昨日の進捗や、今日やることを報告する会です。何か相談ごとがあればここで話すこともあります。

SecuritySensor もくもく』というのは、16時からの会議のための資料作りの時間です。私が担当しているSecuritySensorは1つだけですが、検知状況を確認しているだけでも1時間では全く時間が足りないですね(笑)

午後に入って、『PSIRT security相談会』は他の開発チームからセキュリティの相談がある場合に予定を入れてもらう時間です。何もなければ引き続き、作業や資料作りの時間となります。

Security weekly』はPSIRTとCSIRTの合同ミーティングで、共有事項を確認したり、SecuritySensorの検知状況について報告・ディスカッションを行っています。こちらの記事の「2019年7月 Security Sensorの設置が一段落、SIEM構築開始」あたりに詳細が書いてあります。

17時からの『1on1』は隔週で入れてもらっています。ジャーマネ(*2)に最近業務で気になったことなどを相談したり、軽い雑談をしています。ジャーマネの猫ちゃんがたまに参加して和みます(笑)

(*2)freeeにおけるマネージャとは、単にメンバーの上に立つ者のことではなく、”タレント”であるfreeeのメンバーを叱咤激励し、成長・活躍をサポートする役割のこと。その思いを込めて、社内ではマネージャをジャーマネと業界用語っぽく呼んでいる。

ーfreeeの職場環境はいかがですか?

入社してからずっとリモートですが、仕事に関しては手厚くサポートしてもらっているため、特に不便を感じることはありませんでした。

またやりたいと思った仕事は、たとえ経験がなくても手を挙げれば関わらせてもらえる環境なため、日々できることが増えていくのがとても楽しいです。

普段私は飼っている猫の姿(アイコン)で仕事をしていますが、こういった自由な働き方ができるのもとても良いなと思います。

いかがでしたか?

freeeでエンジニアとして働きたいと考えている方は、入社後のことがイメージできたでしょうか?

こちらは連続企画なので、次回は新卒ビジネスサイドのメンバーの1日のスケジュールを特集したいと思います!

freee 株式会社's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from freee 株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?