1
/
5

描いた企画で社会にインパクトを与える。チームを創り成功へと導く「プロデューサー」の仕事の醍醐味

今回インタビューをしたのは、Goodpatchでプロデューサー兼ゼネラルマネジャーを務める川北隆広。Goodpatchに新たにプロデューサーというポジションが生まれた背景や、プロデューサーの役割、その先のキャリアについて聞きました。

川北隆広/プロフィール

テレビCM制作会社と広告代理店を経てフィールドをWeb業界に移し、SaaS企業でプロダクトマネージャーを務める。Goodpatchに入社後はUXデザイナーからマネージャーを経てプロデューサーに。2023年、STUDIO SPARKを統括するゼネラルマネージャーに就任。


入社から現在に至るまでのGoodpatchでのキャリアを教えてください。

もともとUXデザイナーとして入社をしましたが、入社時から「UXデザインだけを極めようとは考えていないこと」「デザイナーや組織の成長に貢献できるのであれば、ポジションにはこだわらないこと」は会社に伝えていました。 

そういった背景もあり、入社直後から様々な仕事を任されるようになり、営業に入ったりプロジェクトのリーダーをしたりする中で、マネジメントの領域の仕事が増えていきました。

入社2年目にUXデザインチームのマネージャーになり、その2ヶ月後にはプロデューサーという役割も担当することに。2023年になってプロデューサー組織の拡大の必要性を感じていたところ、前任からの引き継ぎもあって、現在はクライアントワークの一部門のゼネラルマネージャーも兼任しています。

私のUXデザイナーとしてのキャリアはGoodpatchがスタートでしたし、社内のメンバーの中でもデザイナーとしてトップクラスといえるかどうかは正直分かりませんが、柔軟性や解像度の高さといった面が、今の役割に結びついたのではないかと考えています。


数年前に新しくプロデューサーというポジションができたとのことですが、どのような背景があったのでしょうか?

社会背景として「デザイン」という言葉が世の中に浸透して競合も増え、単純にUXデザイナーやデザインストラテジストがクライアントに向き合えばどんどん仕事が来る、というサイクルではなくなったことが挙げられます。

また、これまでのクライアントワークでは、プロジェクトマネージャー・UXデザイナー・UIデザイナー、デザインストラテジストなど、プロジェクトをデリバリーするメンバーが中心となってチームを組み、彼らがアカウントフェイシングも担っていました。

しかしその体制ではクライアントに対して価値提供のスコープを広げる動きを取り切れないという課題もあったんです。

足元の課題に向き合うチームを率いながらクライアントが抱える周辺や奥にある課題を探索する動きができるポジションがあれば、クライアントにも新たな価値を提供できるし、Goodpatchの今後の発展にも繋がる。そういった狙いで作ったポジションが「プロデューサー」です。


具体的にプロデューサーはどのような役割を担っていますか?

一つは、プロジェクトの組成です。

まず、クライアントからお問い合わせが入れば、営業メンバーと一緒に商談に参加します。クライアントへのヒアリングを踏まえて企画を考え、社内のデザイナーを巻き込んでチームを組成し、提案を行って受注まで繋げるのが大きな役割の一つです。企画力・提案力・プロデュース力が求められる部分となります。

プロジェクトにもよりますが、デジタルプロダクトのUI/UXデザイン関連であれば3〜5名のチームが多く、プロジェクトマネージャーやプロデューサーのメンバーがプロジェクト責任者につき、必要なUXデザイナーやUIデザイナー、エンジニアを各職能のディレクターにアサインを打診し、チームを組成します。

プロジェクトによってデザインリサーチャーやワークショップのファシリテーターが加わったりすることもあり、様々な職種のメンバーを柔軟にアサインしてチームを組成していくのがプロデューサーの重要な役割の一つです。

二つ目は、プロジェクトの進行です。

自分が組成したプロジェクトの責任者としてマネジメントしながらアカウントフェイシングを行い、その先にプロジェクトが拡張するルートがあるかを見極めること。そこに対してリソースを配分して、売上にもつなげること。そのプロジェクトがどのような社会的インパクトのある実績を生み出すのか、メンバーにワクワクするような機会をもたらすのかを起点に、プロジェクトの価値を最大化させていく役割となります。

Goodpatchのクライアントは、事業規模は様々で、年間何兆円という売上規模の企業もあれば、シード期のスタートアップ企業もいます。ただ共通しているのは、Goodpatchのデザインを起点とした支援によって、確度の高い事業を展開したいという熱意を持っていらっしゃることです。「一緒に面白いことをやっていこう」という気持ちがあるクライアントが多いですね。


そのようなプロデューサーの仕事の面白さはどこにありますか? 

プロジェクトの方針であったり、どんなことを起こし得るかということを自らが描けることだと思います。

クライアントが持っているアセットを活用し、Goodpatchのメンバーをマッチングさせて面白いことを起こす企画を描けるところが、一番面白いですね。自分の能力次第で社会に与えるインパクトが変わるという点で、やりがいのある魅力的な仕事だと思います。

プロデューサーの仕事を端的にいうと、クライアントからGoodpatchに対する信頼を頂くことです。

プロジェクトを任されるのも、プロジェクトが進んだ先で新たな仕事をいただけるのも、クライアントから「この人になら任せられる」という信頼を獲得しているかどうかにかかっています。人から信頼されるためのロジックに基づいて動ける方であれば、デザインに関するバッググラウンドがなくても十分に活躍いただけると思います。


いわゆるデザイン実務経験は不要とのことですが、プロデューサーとして活躍するにはどのような能力が必要だと思いますか?

一つ目は、市場の現在のステータス、トレンドを掴んでおくことです。

その上で「どうプロジェクトを動かせばインパクトを与えられるのか」という仮説を出せる経験則・勘所が必要です。

二つ目は、自分が関わりのない領域に対して面白さを見出し、熱意を持ってやり切るマインドです。

熱意・スキル・知見が掛け合わさってモメンタムが生まれ、それがチームに伝播することで「チームで勝ちにいく」という動きになります。そうやって突き動かされたチームだからこそ、面白いことが起こせると思います。

三つ目は、切り拓いていくある種の強引さがあることです。

サーバント的なリーダーよりも、遠慮せずに楽しみながら推し進められること。例えば、クライアントだけじゃなく社内に対しても「それもデザインで解決すべきことなんです!絶対やりましょう!」と説得して、「この人が言うなら仕方ないね」と納得させられる力があると理想的ですね。

現在、プロデューサーは私を含めて5名が在籍しています。経歴としては広告関係、ゲーム会社のディレクター、外資メーカーのブランドマネージャーなど様々ですが、この3点は共通していると思います。


Goodpatchのプロデューサーを経験した先に、どのようなキャリアの広がりが期待できますか?

Goodpatchでは、得られるデザインの知見や経験できる打席数が圧倒的に多く、その豊富な経験が自分のキャリアの幅になると考えています。

また、Goodpatchのお客さまの多くが日本を代表する企業であり、業界からも注目を集める社運をかけたプロジェクトにプロデューサーとして立てるのは、Goodpatchだからこそできる経験ではないでしょうか。

さらに、Goodpatchではハイクオリティかつスピードも重視していますので、スピード感を持ってキャリアを広げていけることも大きな特徴だと思いますね。

プロデューサーには知見やマネジメント力などさまざまな能力が必要ですが、その中心にあるのは「情熱」だと思っています。

Goodpatchには強い想いを持ったメンバーが集まっていますので、そんな彼らと共に情熱を燃やしてくださる方と一緒に働けることを、心よりお待ちしています。


ありがとうございました!


エントリーはこちら

プロデューサー
デザインアプローチにおける先進的な価値拡張を担うプロデューサー募集
Goodpatchはビジネス課題をデザインの力で解決するデザインカンパニーです。 「ハートを揺さぶるデザインで世界を前進させる」というビジョンのもと、デザインの力を証明するためにUI/UXデザインを強みとした新規事業の立ち上げや、企業のデザイン戦略立案、デザイン組織構築支援などを行い、 デザインの価値向上を目指しています。 主な事業は、企業のデザインパートナーとしてビジネス課題を解決するデザインパートナー事業と、クライアントワークのノウハウを活かした自社プロダクト開発を行うデザインプラットフォーム事業の2つです。 ▼デザインパートナー事業 日本を代表する大企業からスタートアップまで、様々な企業のデジタル領域での新規事業立ち上げ、リニューアルを支援しています。主な事例にSUNTORY+、SPEEDA、出前館、Unipos、モチベーションクラウドなどがあります。 実績:https://goodpatch.com/work デザインパートナー事業:https://design-partnership.goodpatch.com/ ▼デザインプラットフォーム事業 クライアントワークで得たノウハウを活かし、デザインを必要とするすべての方に向けてプロダクトを開発しています。 ・オンラインホワイトボード「Strap」https://product.strap.app/ ・デザイナー特化型キャリア支援サービス「ReDesigner」 https://redesigner.jp/ ・デザイナー学生の就活プラットフォーム「ReDesigner for Student」https://student.redesigner.jp/ ・プロトタイピングツール「Prott」 http://prottapp.com ▼Goodpatchヒストリー 2021年9月に創業10周年を迎え、約200名のデザインの力を信じる仲間が集まっています。今までのヒストリーについてはこちらをご覧ください。 https://goodpatch.com/design/story ▼情報発信 デザインをより身近に感じてもらうために、日々情報発信を行っています。 Goodpatch Blog http://goodpatch.com/blog/
株式会社グッドパッチ




株式会社グッドパッチ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings