1
/
5

【開発チーム座談会(前編)】エンジニア経験のあるPdM×自由な環境=開発を最高に楽しめる!

こんにちは! スリーシェイクの鈴木です。

今回は、久しぶりの座談会企画! Securify Scan(セキュリファイ スキャン)を開発しているチームのみなさんに登場していただきます。

Securify ScanはURLを入れるだけで脆弱性の診断ができる、Webアプリケーションです。

2021年9月のβ版リリースから約2年。プロダクトを進化させ続けてきた立役者である3人に、Securify Scanの「これまで」「現在」「これから」を、たっぷりとお話しいただきました。

前編・後編の超大作(!)になりますが、ぜひ最後まで、お楽しみください!


<座談会メンバー>
鈴木(雄)さん:Securify Scan、PdM(プロダクトマネージャー)
ToyB0xさん(仮名):Securify Scan、アプリケーションチームリーダー兼EM(エンジニアリングマネージャー)
桜庭さん:Securify Scan、スキャナチームリーダー


*Securify Scanサービスサイト

Securify Scan | クラウド型Webセキュリティ診断ツール - Securify
Securify(セキュリファイ)のサービスページです。お客様の課題に合わせた継続的セキュリティ対策を実現するセキュリティサービスをご提供いたします。
https://www.securify.jp/securify-scan/


入社理由で最多!?「楽しく」働ける環境とは

鈴木:
まずは、スリーシェイクへの入社理由をお聞きできればと。
最初なので、鈴木(雄)さんからお願いできますか?

鈴木(雄)さん(以下、鈴木(雄)):
前にもどこかで聞かれた気がするのですが(笑)、良くも悪くもあまりこだわりがないんですよね。強いて言えば、自由で、コミュニケーションコストがかからない環境がいいなというくらい。

そんな中で決定打になったのは、吉田さんとのカジュアル面談(※オンラインで実施)でした。ちょうど妻が隣にいて「なんか、いきいきしてるね」と言ってくれて、「ここが合ってるんだろうな」って思えたんです。

ToyB0xさん(以下、ToyB0x):
鈴木(雄)さんと似ていて、楽しく働けそうだとイメージできたからです。実は、スリーシェイクにはもともとフリーランスとして、プロジェクトに参加していたんですね。

なので、みなさんが穏やかな性格で、かつ、なごやかな雰囲気で開発していたり、失敗しても許される、挑戦することを良しとする感じが、すごくいいなと思っていたんです。プラス、SREチームのサポートを受けられるのも心強いと感じていて。それで、正社員採用のオファーを受けました。

鈴木(雄):
さすが! 理由が明確で、しっかりしてる。

桜庭さん(以下、桜庭):
そこでいうと、自分はぜんぜんしっかりしてないのですが(笑)。2つ前の会社が夏堀さん(*)と同じで、転職の相談をしたら「じゃあ、スリーシェイクに来なよ」と誘ってもらったんです。いわゆるリファラルですね。

夏堀さんと同じで、自由かつスピード感のある環境が好きなので、夏堀さんがいい会社だと言ってるなら、大丈夫だろう、と。

*夏堀さんの記事も、ぜひご覧ください!

【メンバー・ストーリー】エンジニアの理想郷!? 目まぐるしく変化する中でプロダクトを開発するのが最高におもしろい! | 株式会社スリーシェイク
おひさしぶりです! HR本部の鈴木です。1年半前のインタビューで初登場、その後、同じHR本部の小澤さんとの座談会があり、今回は3回目のインタビューになります。まだちょっと緊張感が抜けないですが......
https://www.wantedly.com/companies/3-shake/post_articles/502124


ToyB0x:
実際、入ってみてどうですか? 開発しやすい?

桜庭:
すこぶる開発しやすいですね。稟議もスムーズですし、障害になるものは今のところないですね。

ToyB0x:
代表の吉田さんの承認まで、1〜2日で進みますからね。ほんとストレスがなくていいですよね。


元エンジニアによる、エンジニアに優しいマネジメント

鈴木:
ここからが本題になるのですが、Securify Scanの開発における、それぞれの役割を教えていただければと思います。

鈴木(雄):
う〜ん…むずかしい。なんて言えばいいのかな? 開発以外の業務のほぼすべてに関わってる感じがする。セールスと一緒に商談に入ったり、マーケティング戦略を考えたりすることもありますし、本来のPdMの仕事として機能開発のロードマップをつくったり、あとは、Securifyのブランド戦略を考えたりといったこともしていて…ToyB0xさん、僕っていつも何してますっけ?

ToyB0x:
PdMとしてチームをまとめてくれる存在で、僕たちエンジニアから見ると、「エンジニアに優しいリーダー」ですね。一度も怒ったところを見たことがないし、無理なスケジュールもちゃんと止めてくれる。

桜庭:
エンジニアリングのことをわかっているので話しやすいですし、マネジメントも完璧ですし、何も言うことがない。

ToyB0x:
たしかに。エンジニアとして開発したことがあるからこそ、噛み砕いてわかりやすく説明できるし、スムーズに進めることができるんだと思います。

鈴木(雄):
なんか、めっちゃ褒められてる。嬉しいけど、褒められ慣れてないから、ゾクゾクしてきちゃいました(笑)

鈴木:
せっかくなので、鈴木(雄)さんのバックグラウンドをお話しいただければと。

鈴木(雄):
では、簡潔に。新卒で大手SIerに入社して、そこでアプリケーションエンジニアとして10年ほど、開発を経験しました。実は、アプリケーションだけじゃなく、インフラとか広く浅く関わっていたので、そういう意味で言うと、幅広く知識が身についたのかもしれません。

鈴木:
その経験が今、活かされているわけですね。

鈴木(雄):
活かされ…てるのか?(笑)

ToyB0x、桜庭:
ぜったい活かされてますって!

鈴木:
賛成多数ということで(笑)。
次、ToyB0xさんお願いできますか?

ToyB0x:
開発は、アプリケーションとスキャナの2チームに分かれていて、そのうちアプリケーションのチームリーダー兼EMをしています。開発領域は、フロント側すべてとサーバー側のうちTypeScriptを使っている部分ですね。

マネジメントスタイルは、サーバントリーダーシップを目指しています。ぐいぐい引っ張っていくのではなく、支えるといえば、イメージしやすいでしょうか。芸能人のマネージャーみたいに、「朝7時に迎えに来て」などお願いすればなんでもする。至れり尽くせりのサポートをしていきたいですね。

もうひとつ、EMとしては採用が大きなミッションになります。今回の座談会も、チームの雰囲気を知ってもらえるなど何かしらプラスに働いて、いい人が採用できたらいいなと思っています。

鈴木:
採用に関わっている立場として、ToyB0xさんのスタンスはとても有難いですし、心強いです!
開発は2チームに分かれているとのことでしたが、桜庭さんの役割をお聞かせいただければと。

桜庭:
スキャナという、脆弱性診断のコアとなる部分を開発しているチームのリーダーをしています。チームメンバーが4人いるのですが、正社員が自分だけという理由で暫定的にリーダーになっている感じです。

ToyB0xさんと同じで、今は採用に力を入れています。近々1名、入社が決まっているのですが、まだまだ足りないので…。

鈴木:
桜庭さんも「いい人を採用したい」なんですね。HR本部としても全力でがんばります!
ちなみに、開発の部分ではどうですか?

桜庭:
自走できる上に、セルフマネジメントも完璧なメンバーが揃っているので、マネジメントする必要がない状態なんですよね。

リーダーとしてやるべきなのは、アプリケーションのリリースに関して最終的な責任を持つことや、技術選定に関しての意思決定をすることくらいですかね。あとは、いちエンジニアとして開発をしています。


鈴木(雄):
やることないの、僕も同じです。正直、めちゃくちゃ楽をさせてもらっていまして。桜庭さんも、ToyB0xさんも、すごく優秀で、全体の方針のすり合わせだけすれば、あとの細かいタスクはほとんどタッチせず、お任せできちゃうんです。

桜庭:
むしろ、いい意味でほっといてもらえるので、ありがたいです。

鈴木(雄):
だろうなと思ってました(笑)。

桜庭:
あ、バレてました? 昔は、「暴走特急」と呼ばれていたこともありまして...。行き先だけ示せば勝手に走る、と言う意味ですね。要は、自由にしてもらえるほうが動きやすいんです。

鈴木(雄):
真面目な話、指示どおりに動く、開発するタイプは向いてないと思うんですよね。ToyB0xさんもたぶん、桜庭さんと同じタイプですよね?

ToyB0x:
そうですね。目的が達成できればOKというスタンスで、やり方とかはある程度、自由や裁量があるので、やりやすいと感じています。

ただ、自由といっても放任じゃなく、メンバーに合わせて仕事を任せたり、サポートしたりというのを、鈴木(雄)さんも桜庭さんも僕も、意識しながらやっているので、バランスもいいのかなと思ってます。

鈴木:
あ、猫ちゃん登場ですね! ちょうどキリのいいところで登場するとは、慣れている感じが(笑)

桜庭:
一瞬、カメラの前に登場して、今、膝の上にいます。

ToyB0x:
夏堀さんとのミーティングでも、よく登場するのですが、みんなの癒しになってますよね。Slackの「猫を愛でる会」、僕も参加させてもらってます。

桜庭:
ちなみに、「犬を愛でる会」もあるんですよ。

鈴木(雄)、ToyB0x、鈴木:
知らなかった!

鈴木:
もしかしたら、猫好きに対抗してできたのかも…ですね(笑)


(後編へ続く)

株式会社スリーシェイク's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社スリーシェイク
If this story triggered your interest, have a chat with the team?