1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

リリースされている「Reckoner」シリーズは、広告配信クラウドとデータ統合プラットフォームの2つです。
「Sreake」はインフラレイヤーの多岐に渡るニーズに対応できるプロフェッショナル集団です。
3-shakeは、「インフラの世界をシンプルに、インフラの世界でイノベーションを」をビジョンに2015年に設立しました。 AWS/GCPに特化したSRE支援事業、データ分析・アドテクプラットフォーム事業を展開しています。 ◆《SRE支援事業「Sreake」https://sreake.com/》 Sreake(スリーク)は、金融・医療・動画配信・AI・ゲームなど技術力が求められるインフラ領域で培ったノウハウをテンプレート化したSREプラットフォームサービスです。 GCP/k8sを中心としたコンサルティング・設計・構築・運用に加え、R&Dや客先の人材育成まで一手に担う、従来のSIerとは異なるユニークなサービスです。 株式会社NTTデータ、株式会社NTTデータ・フィナンシャルコア、株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズ(順不同、敬称略)等大手からベンチャー企業のインフラ環境を支えており、リピート率は95%を誇ります。 ◆《データ連携プラットフォーム「Reckoner」 https://www.reckoner.io/》 Reckonerは、Reckonerはサーバーレスなデータパイプラインサービス(Data Pipeline Platform as a Service)です。 プログラミング不要でデータパイプライン(ETL/ELT)を素早く構築することができます。 また独自に開発したデータベース技術より、データベースの構造や格納形式を考慮する必要なくスキーマレスにデータを格納できるため、アプリケーションの行動ログやマシンデータ、POSデータ、外部データといった多種多様なデータ統合をフットワーク軽く実践することが可能になります。 さらに、データ分析のためのインフラはReckoner(レコナー)が提供するため、セキュリティやパフォーマンス、運用など、従来システム運用者が行なっていた作業は全てReckoner(レコナー)に任せることができます。データから本当に必要な価値を抽出することに専念することができます。 ◆《動画広告配信PaaS「3-shake AdNetwork」 》 3-shake AdNetworkは、技術難易度が高く自社開発/運用の難しい動画アドサーバー/アドネットワーク/PMP基盤をクラウドサービスとして提供するPaaSです。 メディアやプロダクトのマネタイズ基盤として、大手パブリッシャーに導入されています。 パブリッシャー独自のデータを活用したターゲティング広告配信を可能とし、月間数億リクエストを低コストで捌くインフラ基盤が強みです。

Why we do

3-shakeの4つのクレド Professional(誠実、尊敬、高潔さ) 、Challenge(革新性) 、Speed(成長性) 、Profit(利益)
ビジョンは「インフラの世界をシンプルに、インフラの世界でイノベーションを」です。
私達スリーシェイクは、社会の根幹をさせるような、イノベーティブなプロダクトを連続的に生み出したい――。 そんな想いで、事業やサービスの開発・改善に取り組んでいます。そのため、ベンチャーでは珍しく外部資金提供を受けず自己資本で会社運営をし、柔軟な意思決定のもとプロダクトを作っています。 代表インタビュー: https://note.mu/3s_recruit/n/n25055f336737 https://3-shake.com/renewal-yoshida-aboutus/ ◆社名の由来は、ネットワーク接続技術の基本である「3-way handshaking」 3-shake = Three way handshaking BigData + Advertisement + Infrastructure ◎BigData: あらゆるデータを収集 / 解析することで人手のかからない世界を創る ◎Advertisement: 新しい価値を生み出す広告プラットフォームを提供する ◎Infrastructrure : 自律したインフラストラクチャの普及を目指す(No Operation!) ◆昨年比350%成長!日本におけるGoogleのような企業を目指して 私たちは昨年比350%超えの成長を遂げていますが、現状に満足してはいません。 また、培った事業ノウハウやビッグデータを活用し、AIを使ったクレバーなウィルス不正検出ソフト・メディア・画像認識できる看板広告など、多様な事業を構想中です。

How we do

代表の吉田は日本初のインフラプラットフォームを作るために3-shakeを設立しました。
事業拡大により2018年11月に東神田に移転しました。2020年2月に渋谷サテライトオフィス、6月に大阪サテライトオフィス開設。
◆AWS専門家集団が立ち上げた会社故に敢えてAWSに依存しない技術にも挑戦 当社では、Golang/Scala/Kubernetes/Spark Stream/Kafka/Istio /Terraform/Ansible などの技術を積極導入し、エンジニア全員がGo言語を習得しています。また、勉強会も行われ、CKAの資格取得を推奨された環境です。 ◆卓越した能力を持つ多彩な仲間 創業者がエンジニアであることもあり、技術力の高いエンジニアが集結しています。例えば、アドテク系のリードエンジニア、SREのプロフェッショナル、オーストラリアのフルスタックエンジニアなど様々な能力を持つメンバーが、専門性を活かして活躍しております。 ◆チーム全体で戦うティール組織(自走型組織) 3-shakeには役割はあれど、役職はありません。当社のポリシーは、「全員が主役、お互いを尊敬/尊重し、切磋琢磨しながら新しい未来を楽しく切り開いていく」。プロフェッショナルとして、自分の取組に誇りを持ち、楽しむ。そんな理想な日々を送れる文化がスリーシェイクにはあります。 ◆Googleテックパートナーに認定!/参入障壁の高い、高度なインフラ技術が強み 3-shakeは技術的に難しいインフラ技術のテンプレート化を実現したことにより、カスタマイズを必要としない、汎用性の高いプロダクトを生み出しました。その結果、ReckonerがGoogle社のテックパートナーに認定され、販売支援も受けています。某大手企業の大規模Fintechプロジェクトの戦略パートナーとなり、3-shakeは日本の金融基盤の根幹を支える会社になっていきます。 ※屋内原則禁煙(喫煙室あり)