This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

This is ASOVIEW WAY

弊社のミッションで「とっておきのワクワクを、もっと身近に、すべての人に」というものがあり、これは10年後20年後も基本的には普遍的なものです。

ミッションについては他の会社では、使命と言ったり、ビジョンと言ったり、呼び方は様々かと思いますが、ASOVIEW WAYというのは、そのミッションを実現していくために大切にしている価値観、共通の認識という位置づけであります。

そして弊社ではASOVIEW WAYとして2つの価値観を掲げています。

・「ありがとう」の総量を最大化する

・すべては熱狂からはじまる

2つのASOVIEW WAYのうち、「ありがとうの総量を最大化する」について今回紹介させて頂ければと思います。

「ありがとう」の総量を最大化する、とは?

仕事の報酬、対価は「ありがとう」である。すべてのプロダクト、すべてのサービスはユーザーのためにある。 それらはゲスト、クライアント、パートナー、株主、会社の仲間、家族に支えられて生まれていく。 すべては誰かのありがとうのために!

asoview!には様々な方向の「ありがとう」が集まっていて、それが醍醐味だったりするのかなと思ってます。

例えば「ゲスト→ゲスト」「ゲスト→パートナー」「パートナー→アソビュー」などなど、他にも様々な方向で「ありがとう」が日々生まれています。

ほんの一例を以下でご紹介!

ゲストからの「ありがとう」の例

例えばゲストからの「ありがとう」についてはあそレポという機能によってサービスサイト上で表現しています。

▼初めてのボタニカルキャンドル作りでの「ありがとう」


▼ペアブレスレット手作り体験デートでの「ありがとう」


▼友達と着物体験で「ありがとう」


もちろん購入の際に他のユーザのレビューがあった方が背中を押して貰えるというマーケティング的要素もありますが、こういった形でゲストからの生の声としての「ありがとう」を頂戴できるのは、BtoCサービス事業者の醍醐味かと思います。

パートナーからの「ありがとう」の例

つい先日、asoview!立ち上げの初期の頃からパートナーとして参画いただいているちいさな硝子の本の博物館様より、感謝のお手紙と5周年記念を迎えられたプレゼントとしてコーヒーバッグをいただきました。

直筆のお手紙には感謝の気持ちを込めて書いて頂いたことがとても伝わってきます。

3年前は、この市場もまだ立ち上がる前で今ほど兆しが見える状況ではなく、また弊社サービスも洗練されていない部分が多かったと思います。

そんな初期の頃から弊社を信用いただき(最初は信用してなかったかも?w)、この3年間我々と共に成長して来られたのも、パートナー様自身がゲストからの「ありがとう」の総量を最大化すべく、その提供するサービスを磨いてこられたからかと思います。アソビューがその一助となれていたのであれば、とても嬉しいことですし、この成功体験をもっともっと他のパートナー様にも横展開していければなと思います。

※コーヒーは贅沢に10グラムも粉を使っており、香り高く、とても美味しかったです。

「ありがとう」から生まれる次の「ありがとう」

こうしてゲストやパートナー様、その他のステークホルダーから頂いた 「ありがとう」 は、アソビューの従業員にとってはさらなる 「ありがとう」 を生み出すための活力・モチベーションとなります。

「ありがとう」 のスパイラルを起こし、 「ありがとう」 の総量を最大化する。

そんな世界観でasoview!で世の中をもっとワクワクや「ありがとう」で溢れかえらせたいと思います。

ということで、仲間を募集してるよ!


アソビュー株式会社's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings