1
/
5

学生と一緒につくる23卒採用!「ドーピング禁止」を掲げる大阪ベンチャーNOVELの採用に対する思い

NOVEL広報担当の米田です!Twitterでは”地に足ついた考え方”を大切に、転職市場の情報などを展開しています。「働く会社なんて、なんとなく決めたら良いか」とフラフラしていた私の失敗談なども綴っておりますので、今後のみなさまの人生に少しでも響く何かがあれば、嬉しい限りです。(@yoneda_novel)

さて、大阪に拠点を構えるNOVELが、6期目にして初の新卒採用を開始しました!

社会人になるうえで誰もが避けて通れない就職活動。しかし出会いの第一歩となる説明会やセミナーでは、企業からの一方的な発信ばかり。本音をぶつけ合うことができない選考過程では、学生側から面接官の思惑を知ることができないように、面接官からも学生側の思惑を知ることもできません。そんなお互いの嘘が織り込み済みの、駆け引きが当たり前の就活では、本来目指すべき「マッチング」を実現することはとても困難です。

ちぐはぐな就活の市場を変えていきたい。そんな思いでNOVELの新卒採用について議論していたところ、メンバーからどんな選考がいいか、学生さんから募集してみたら?という意見が。と、いうわけで。


NOVEL、2023新卒採用の”採用”をはじめました。

<ルール>

・学生さんたちに選考方法を決めてもらう

・1位に選ばれた選考方法を採用して、本当に実行しちゃう

投票候補の内容は、こちら。

・高IQメンサつ採用

・働きたい会社をつくる採用

・お祈りメール持参採用

・来れたら採用in富士山

・キャンプ面接

例えば、「高IQメンサつ採用」は弊社代表の青戸がIQ150という能力をどうにか見せびらかせないか活かせないかということから出た案。「お祈りメール持参採用」では、お祈りメールという名の企業からの暴力を真っ向から否定。「来れたら採用in富士山」は、標高3,776mを誇る富士山の山頂で、待ち構えている代表2人と会うことができればほぼ採用!という、行動力あるアグレッシブな方に有利な採用案でした。


これは代表のぺが富士山採用案について投稿したツイート。「一番選ばれたくない」という心の声がダダ漏れですね。さあ、一体どれが選ばれたのか?気になる投票の結果は…



いっしょにキャンプ面接に決定しました!


「いっしょにキャンプ面接」とは…

テントを張る時、肉を焼く時、手持ち無沙汰な時…キャンプにはその人らしさが出てしまうものです。
「何をして働くか?」も大切だけど「誰と働くか?」をとても大切にしているNOVELにとって、お互いを素直に出しながら、時に気遣いあい、交ざりあい、同じ釜の飯を食う時間を過ごすことで、飾らない自分/一緒に働く人との関係性の構築の仕方を、NOVELもエントリーしてくれた方もお互いに自然に理解しあうことができる面接方法として考えたのがキャンプ面接です。

<プログラム>

・みんなでカレーを作る面接

・焚き火を囲んで会社をつくる座談会

・あえて最後に自己紹介

「みんなでワイワイ遊ぼうぜ!」というより、素の人間性を見つめ合い、心を裸にして思いをぶつけ合うことができる人と働きたい。そんなNOVELならではの面接になればと考えています。※プログラム内容は、変更になる可能性があります。





良識を守り 常識を壊そう。

NOVELが掲げるバリューのひとつです。

働きたい社会をつくるNOVELは、就職活動を取り巻く非常識な常識を面白おかしく破壊する方法を常に考えています。今回のプロジェクト内容は、人と企業が駆け引きせず純粋な心で交ざりあえる場を模索した結果です。

働き方は多様化を極め、何とか良い人材を確保しようと会社は試行錯誤。競合他社との差別化が過熱し、市場には誇大広告が溢れかえっています。会社を良く見せることに必死で、求職者とのマッチングは二の次…。そんな状況を変えたいNOVELは「ドーピング禁止」というスローガンを掲げて採用支援や採用活動に取り組んでいます。

まだまだ成長過程のNOVELだからこそ柔軟性を持って、新卒のみなさんと一緒に働きたい会社をつくっていきたいと考えています。

「本気で企業とぶつかってみたい!」「自分が働く環境は、自分たちの手でつくっていきたい!」そんな思いを持っている方は、ぜひNOVELに注目してみてください。NOVEL新卒一期生となるみなさんと出会えることを、楽しみにしています!

株式会社NOVELでは一緒に働く中途採用の仲間も募集しています

株式会社NOVEL's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more