1
/
5

What we do

Webアプリケーション開発
VR/ARアプリケーションの開発
フィグニーは総合的なアプリケーションデベロッパーです。 ■業務内容 ・Webアプリケーションの開発 ・iOS/Androidアプリケーションの開発 ・VR/ARを始めとしたxRアプリケーションの開発 ・CG/VFXの制作 ・2Dイラスト/グラフィック制作 ・静的Webサイト制作 ・IT/技術コンサル 今は受託開発の割合が8割、自社開発が2割程度のバランスです。 非常に幅広い専門分野を取り扱いますが、全て社内メンバーで治めることを信念とし、下請けへ仕事を流すことはありません。 担当レイヤーは顧客との要件定義から実装、テスト、納品後のブランディングまで同じチームが責任を持って最後まで担当し、柔軟に対応できることがフィグニーの強みです。 こういった開発会社によくありがちな例として、「社長だけ本社にいて営業専門でやっており、残りのスタッフは全員SESとして出稼ぎに出ている」という会社が多いですが、フィグニーは経営の根本思想が違います。 まず社長が第一線のエンジニアであり、全業務分野にコーディングレベルで関わることができます。その上で「自分と同じような、幅広く強い技術者組織を作るため」に立ち上げた会社のため、ほぼ全ての案件を社内でこなしております。 また「技術者の成長と、継続的な会社への貢献」が会社の利益につながると信じているため、個々のスタッフの将来性を見越して、プロジェクトと技術の選定を行います。 SESの割合は1-2割程度で、出す場合は金額的な目的でなく、その現場でそのスタッフに必要な知識を獲得させる目的で送り出します。

Why we do

■1つはビジョンの達成のため 「リアル」と「バーチャル」の境界を意識しない世界をつくることが僕らの大きな目的の1つです。 なにか1つの製品で達成するのではなく、あらゆる業界のあらゆる製品に対してその流れをサポートします。 ■必要なシステム、アプリは全て社内で作れる組織を作るため ビジョンの達成には、インフラ、サーバサイド、ウェブフロント、モバイル、xR、デザイン、様々な技術力が必要になります。そのために弊社の今の活動があります。 ■最終的に社員全員の幸福を目指す フィグニーの最終的なゴールは、「全社員が、今の半分の稼働で、今の倍以上の報酬を得て、自由な生き方を手にすること」です。 「自由」とは、なんでもありということではなく、「どう生きてどんな責任を背負うか、自分で決める権利がある」状態になることです。十分な報酬と十分な時間が与えられたら、会社につとめながら自分の会社を立てることができるかもしれませんし、会社員でありながら副業で自分のプロダクト開発ができます。 フィグニーは代表里見の信念の元、全社員にそのような生き方をしてほしいと考え、その達成に向けて各人の成長と、利益を追求しています。

How we do

Blenderで作業中のCGデザイナー
Meta Quest2向けアプリケーションの調整中のUnityエンジニア
上記を達成するための経営方針は、ひとえにデベロッパーに適した人材の採用に尽きます。 ■採用基準 ・生涯学習の考え方が自然に身についている人 ・何かネガティブな事象が発生したときには、まず自分原因論で考える人 ・不安要素を飼いならせる人、または楽しめる人 ・逆境精神、下剋上精神、背水の陣といった、ハングリーな精神を持っている人 またチームとして快適に働くために以下の基準もあります。 ・偏見が少ない人 ・「自分よりスキルが劣る」等の決めつけで人を見下さない人 ・衛生面に気遣いがある人 ■私たちの特徴やキャラクター ・僕らは2022年7月現在でスタッフが25名います。(エンジニア21名、デザイナー3名、総務1名) ・正社員、契約社員、業務委託、アルバイトなど、契約形態はさまざま ・年齢は24〜43までで、平均は32歳前後です。 ・国籍は日本・サウジアラビア・中国など多様。英語に強いスタッフが半数ほど。代表は英語が話せるため、日本人にこだわりません。社内の日本人同士は日本語、外国人とは英語で会話をしています。いずれは、全員が英語を使えるようになってほしいと考えています。 つくることに夢中になれるメンバーばかり集まっているためか、社内は非常にしんと静かにしています。性格はおとなしく物腰がやわらかいものばかりですが、技術志向、クリエイター志向で、PCの前に一日中かじりついています。 皆、技術やデザインが好きで、習得、向上していくことに快感を感じるタイプですので、同じようなタイプの方と相性が良いかと思います。 ■仕事の進め方やカルチャー ・現在9割のスタッフがフルリモート。必要なときには出勤してもらう柔軟なスタイルです。 ・福利厚生(社員・アルバイト・パート対象)にはフルリモートな形態にピッタリな施設補助や、技術職スタッフには嬉しい書籍補助・資格取得支援制度があります。 リモートでもオフィスは構えています。どんなに技術が発達しても対面で仕事することの重要性はよく分かっているからです。また、完全バーチャル体制にするには設備などの面で費用がかかるので、導入していない側面もあります。