1
/
5

【社内インタビュー】私が転職を決意した理由

新型コロナウイルスからの経済回復により、多くの企業が組織拡大の為に必要な人材確保に動き始めた為近年の転職市場は今までに増して活性化しているように感じます。

世の中の採用市場が大きく転換期を迎えている中でも、コロナ禍であっても以前と変わらず採用に力を入れ続けているのがアプコです。

そこで現在渋谷オフィスに在籍しているメンバーにインタビューしてきました!


【ごく普通の野球少年でした】

小学校1年生から野球を始め大学卒業するまで野球一筋でした。大学ではリベラルアーツと呼ばれる36の選考科目から自分の好きな科目を選んで授業が受けられるというユニークな大学に通っていました。就職活動においては、特にやりたいことはなくただ”お金を稼ぎたい”という理由で自動車販売の営業の会社に就職しました。

【転機は2年目】

最初は車を売ることが楽しく、お金を稼げていたのでそれなりに楽しめていました。ただ自分のキャリアを考えていく中で50-60代の上司を見た時にその人達は自分と同じ仕事をしている。これを一生やるのかと思うとそこに違和感が生まれ始めました。



【”環境”に惹かれ転職】

知人の紹介というご縁もあってアプコを初めて知りました。実際にマネージャーと面接した時に感じたのが、2つの”環境”です。

1つ目が、『チームで物事を成し遂げる文化』があるという点です。元々野球というチームスポーツをしていたので1人で何かをするというよりはチームで目標達成していくということが自分に向いているなと思ってました。アプコの仕事は1人ではできないし、自分と同じような年代の人たちが頑張っている環境と聞いて自分も意欲的に頑張れそうだなと思いました。

2つ目は、『楽しく仕事ができそう』という点です。前職では、仕事は仕事。休みの日は平日の仕事の疲れで一日中寝ているという生活をしていた反面、アプコで働いている人は同じ年代ということもあって楽しく仕事をしていて単純にいいなーと思って入社を即決しました!

【目標があることの素晴らしさ】

アプコに入社して感じるやりがいは2つあります。

1つ目は、人としての成長です。一般の会社でよく言われているのが、言われたことをやるだけ。それを1番できる人が評価される。どんなに不満を言っても変わらないし、言われたことをやるしかないよねということ。

アプコでは、言われたことを受け身で仕事をするのではなく、自分の目標を持ってそれに向かって頑張れるという点です。自分の決めた目標だからこそ、ストレスなく仕事ができています!

2つ目は、誰でも1位になれる環境であるということ。社内の昇進基準が非常に明確になっているので目指す先が明確になりやすいですね。週や月ごとのランキングが発表されるのでモチベーションを持って働きやすいですね。

会社の為でも上司の為でもなく、自分の目標の為に働く!これに気づいてから仕事が楽しくなりました!

【最後に一言】

色んな会社がある中で、アプコは自分の目標ややりたいことを見つけられる環境です。目標は絶対にあった方が良いなとこの会社に入って気付きました。

会社を決めることは大きな決断だと思いますが、そこに勇気を持って決断し、自分がやりたいことを見つけられることを願っています!

転職する時は不安に感じる部分が多いと思いますが、何かワクワクするようなことを見つけることができれば頑張れると思います!

アプコは入社前に会社見学という会社側と応募者側のミスマッチを防ぐための選考過程があります。会社見学では、社内の雰囲気から働いている人の雰囲気や仕事風景など直接見学する機会があります。そういった機会を通して自分がどのように働くのかをイメージすることができましたので、みなさん是非一度応募して話を聞いてみてくださいね!





安藤聡(26)

神奈川県横須賀出身。小学校1年〜大学4年まで野球一筋。大学でリベラルアーツを学び、新卒で自動車の営業会社に入社。2年間の経験を経て、知人の紹介でアプコに入社。現在入社2年目でプロモーションリーダーとして、人材育成に力を入れ組織拡大に向けて活躍中。









アプコグループジャパン株式会社's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from アプコグループジャパン株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?