1
/
5

<若手メンバーへのインタビュー>FC・SV 松本留奈

第二新卒・新卒メンバーに、当社のやりがい、嬉しかったエピソードをインタビューしました!

第1弾は、映えある夢見る新卒一期生(21新卒)ですっかり会社の中心メンバーとして活躍してくれている松本です!

Q:現在、担当している仕事を教えてください

私は、現在FCチームSVの一員としてロボットプログラミング教室「ロボ団」のFC加盟校の方からの問い合わせ対応や、担当校舎の定期面談、加盟校向けの勉強会やオンラインイベントの準備など幅広く担当しています。ロボ団の教育に共感して加盟してくださった全国のオーナーさまや教室長の方々と一緒に、より多くの子どもたちにより質の高い教育を届けるためのお手伝いができるこの仕事は、自分の影響力が大きく面白いと感じています。また、直営校のノウハウを加盟校に発信することも多いため、社内・社外問わず様々な人と関わりを持てることも魅力に感じています。

Q:この仕事で「一番嬉しかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったことはどんなことですか?

入社してからこれまでの仕事で嬉しかったエピソードは、門配提案MAP(チラシ配布をする小学校の優先順位を示したもの)をオリジナルで作成したり、直営校での取り組みを紹介する動画を作成して加盟校の方に提供したときに、「とてもありがたい」と言っていただけたことです。加盟校の方が忙しくて手が回っていない情報の分析の部分や、これまで校舎同士で情報を共有する機会が不足していたという課題がある中で、私からの情報発信が加盟先の方のお役に立てたことが嬉しかったです。その際に、加盟校の方と今後の目標に向かって一緒に頑張っていきましょう!という認識の一致ができたことで、私自身も引き続き良いサポートができるよう、これらからも未経験のことでも挑戦し続けていこうと思えた瞬間でした。

Q:入社の決め手になったポイント、理由を、簡潔にタイトルにしてください。 

「好きを学びに社会とつながる」というコンセプトが自分のやりたいこととマッチしていたから。

キャリア教育に興味を持っていたため、最初は人材業界を見ていましたが、本当に自分がやりたいことなのかとモヤモヤしていたときに、偶然夢見るに出会いました。「好きを学びに社会とつながる」というコンセプトを聞いて、自分のやりたいことにドンピシャだと思い、ワクワクしながら選考を受けていく中で、出会った社員さん全員が教育への想いが強く、芯がブレていない社風にも魅力を感じました。また、好奇心旺盛な私にとって何事にもチャレンジできる環境があることで、自分自身楽しみながら働くことができるイメージを持つことができました。最終的な決め手としては、豊中校のレッスンを見学した時、子どもたちの生き生きとした姿や、実際に子どもたちの身の回りの”社会とつながる”カリキュラムを見て、ここで働きたい!と思い、入社を決めました。

Q:入社してから現在までのキャリア(部署の異動等)について教えてください。

夢見る株式会社:FC部(1年目・現職) 他 新教材開発PJ・新卒採用リクルーター等も兼務

Q:現在、就職活動をしている学生にアドバイスがあればお願いします。

他人の意見より、自分に合うか合わないかが大切。など 今までの自分自身を振り返り、好きなこと・得意なことの共通点を把握した上で、それらを活かしつつ、現在の社会においてどんなことを問題だと思っているのか、どんな社会貢献をしたいかという軸で考えると自分のやりたいことが見つかるヒントになると思います。また、自分が生き生きと働くためにも、一緒に働く人や環境の情報を集めながら、ここで楽しく働けそうかどうかのイメージは常に持っておくと良いと思います。最後に、自分がワクワクする会社を見つけられたら、その直感をぜひ信じてみてください!

夢見る株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more