1
/
5

palanの制度紹介 ~fika(フィーカ)編~

みなさんこんにちは、インターンの服部です。

今回の記事では、palanにあるおもしろい制度をご紹介したいと思います!
その名も、fika(フィーカ)です。今年から始まった制度で、なんと考案者は入社1年目の新卒社員。
どんな制度なのか、気になりますよね!ぜひ記事を最後まで読んでみてください。

fikaって何?

まず、fikaそのものについて、簡単にご説明したいと思います。

聞きなれない言葉だと思いますが、”甘いものを食べながらコーヒーを飲む”というスウェーデン人の習慣のことです。スウェーデン語で「コーヒー」のことを「kaffi」というみたいなのですが、この読みをひっくり返すと「fika(フィーカ)」になります。
スウェーデン人は、家族や友人、仕事仲間とfikaをする習慣があります。だいたい15~30分ほど、一日に数回行われるようです。palanのfikaもほぼこのような感じで行われます。

fikaにはメリットがたくさん。仕事のリフレッシュはもちろん、仕事外でコミュニケーションをとることで、お互いの意外な一面を知ることができたり、普段は一緒に働かない人と会話の機会がうまれたりします。

palanの場合、誰かがslackの専用チャンネルで「◯時からfikaやります!」とつぶやくスタイル。すると、その時間にfikaしたい人が集まってきます。そこで会話するも良し、聞くだけも良し。各々のスタイルで、リフレッシュタイムを楽しみます。

fika導入のきっかけとは

では、どういった経緯でこの制度が導入されたのでしょうか。

冒頭でも述べた通り、fikaは新卒1年目の社員が提案し、実現した制度です。
新卒研修の一環として出た「”会社の価値観をより実現するためのアイデア”をチームで考えて提案する」という課題から生まれました。

話は少し逸れますが、palanの価値観は以下の3つ。

  1. たのしく働く
  2. 向上心を持つ
  3. 無理をしない

この価値観のうち、fikaは「無理をしない」の浸透促進を目指して提案されました。
休む時はしっかり休み、仕事で最大のパフォーマンスを出す、これが「無理をしない」に込められた意味。この「オンオフの切り替え」を制度として取り入れたのがfikaということになります。

そして、fikaの提案には、新卒メンバーならではの視点もありました。
チームや部署での動きが多いpalanの仕事だからこそ、その中では密にコミュニケーションをとります。しかし、他のチームとはあまり関わりがない、ということもしばしば。入社したばかりの新卒メンバーには、もっとpalanの社員とコミュニケーションをとりたい、という思いがありました。
そこで、fikaを導入し、普段かかわりのない社員とも気軽に会話したいと考えたのです。

このような経緯で提案されたfika。他の新卒チームの提案も合わせて、早速すべて実行してみることになりました。(他チームの提案については、後日「新卒研修記事」でまとめますので、お楽しみに!)

実際のfikaは?

ここまでお伝えしてきたfikaですが、実際の様子が気になりますよね!そこで、ある日のfikaの様子を少しだけお伝えしたいと思います。

この日のfikaは、16:00から始まり、参加者は5人。slackのハドルミーティングという機能を使って、専用チャンネルにて行われます
集まった人から自然と会話がスタート。
参加者がそろったところで、slackの機能「雑談bot」を使用し、雑談が始まりました。ちなみにこの「雑談bot」、社長の齋藤さんが作ったものなんです。”/zatsudan”と入力すると、勝手にちょうどいい話題がスレッドに流れてきます。始めのお題は「最近あったいいこと」でした。

ー何かいいことありました?
ーそうですね、今期のアニメが気になるものばかりで嬉しいです(笑)
ーおすすめ何かありますか?…

といったような会話が続いていきました。中には、「最近なくしていた通帳が見つかった」という強者も(笑)



他にも「良いお散歩コースを見つけた」という話から「palanには運動する人が多い」につながり「学生時代の部活」で盛り上がったりと、参加者の知らない一面がたくさん出てきました。

この様子からも伝わるように、誰でも気軽に参加でき、業務以外のことも話せるのがfikaです。雑談botなどの独自ツールが出てくるのもpalanらしいですよね!

まとめ

この記事を通して、fikaについて、またpalanの雰囲気について、少しでも理解が深まっていたら幸いです!
少しリフレッシュしたいとき、一人作業でちょっと寂しいときなど、気軽に繋がれる環境があることで、安心感も生まれます。

また、ここでの何気ない会話が、palanのチームワークの良さにも繋がっているのかもしれません!そんな制度があるpalanで、あなたも働いてみませんか?気になった方は、ぜひエントリーしてみてください。

株式会社palan's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more