1
/
5

「本当に自分のやりたい仕事とは何か」新卒入社4か月で大企業→ベンチャーへ。覚悟をもって早期転職した理由とは

こんにちは!株式会社リーディングマーク広報担当の黒澤です。


🌟弊社の詳細は以下にございますのでご覧ください🌟
https://www.wantedly.com/companies/leadingmark

今回は「ミキワメ就活」を運営する採用支援事業部にて、営業・コンサルティングを担当している加藤さんにインタビューしました!

  • 「今の会社にいても本当に自分がやりたいことができるか」新卒入社4か月で大手企業からベンチャーに転職した理由
  • 「自分の為にここまでサポートしてくれるのか!」実際にベンチャーに飛び込んでから感じたこと
  • 「覚悟持って転職して本当に良かった!」同じように早期で転職を迷っている方に伝えたいこと

など聞いていますので、「ベンチャーの転職に悩んでいる方」「23卒で転職することに不安のある方」は、ぜひご覧ください!


ー自己紹介をお願いします!

採用支援事業部にて、営業・コンサルティング業務を担当している加藤です。
23卒4月に大手飲料メーカーに入社した後、同年8月にリーディングマークへ転職をしました。

営業では、企業様の採用が良くなるため・成功するために、施策をご提案することが主な業務です。既にお取引のある企業様から、初めましての企業様まで、幅広くご提案しています。

コンサルティング業務では採用課題を解決するために「その企業様が出会いたい学生というのはどういう方なのか」という定義付けから、出会いたい学生に対しての訴求方法まで、お客様と一緒にディスカッションし、インターンシップや採用イベントなど、施策に落としています。

プライベートでは、これまでスポーツをずっと続けてきていて、小学校から高校までラグビー、大学からはアメフトをやっていました。今は休日、高校でラグビーのコーチをしています。目標は二回戦突破!たとえ高校を卒業しても「大学でもラグビーを続けよう!」とチームのみんなに思ってもらえるようにコーチングしています。





「今の会社にいても本当に自分がやりたいことができるか」就活軸と、新卒入社4か月で大手企業からベンチャーに転職した理由

ー新卒はどのような就活軸で企業を選んでいたのでしょうか?

軸は2つあって、1つ目は『グローバルに働けること』2つ目は『目に見える形で価値を残せるような仕事ができること』でした。

『グローバルに働けること』については、父親が外資企業に務めていたこと、高校時代3年間ラグビー留学でニュージーランドにいたことを含めて、「何か仕事をする上でも日本に留まらず働けるような環境が良いな」と思っていたからです。

『目に見える形で価値を残せるような仕事ができること』については、大学までずっとスポーツをしてきて、活躍した経験や試合を見てくださった方々に与えられた感動は形に残らず、忘れちゃうなって正直思っていて。というのも2015年、ラグビーのワールドカップで一番盛り上がったとき、一気にブームに火がついて五郎丸ポーズとかも流行りましたが、2019年のワールドカップはどうだったかというと、全然盛り上がってなかったなって思っていて。

あとは、仕事をやるのであれば「自分がこれに介在したんだ」と形に見えるものに関わりたいなと思ったので、有形商材にこだわったりはしましたね。


ー大手飲料メーカーに就職を決めた理由も知りたいです!

今の2つの前提をもとに「どんなものだったら自分が愛着持って仕事ができるだろう」と考えたとき、1つ選択肢として出てきたのが『お酒』でした。理由は単純で、1つは普通にお酒飲むのが好きだったこと、もう1つは自分自身お酒を通じて人と仲良くなった経験が多かったことです。友人と飲んだり、部活で大会が終わった後に飲みにいくのもそうですし、事あるイベントごとにお酒を飲んで、飲んだ後にみんなが仲良くなったりとか。こういう自分の体験も踏まえた上で、何かを人に売る際に愛を持ってできるのが『お酒』なのかなという結論に至りました。

有形商材にこだわらずに『グローバル』だけを取れば商社という選択肢も出てきたのですが、最終的には2つの軸どちらもマッチし、コーポレートメッセージの共感や働いている先輩方から詳しく社内の雰囲気や業務の話を聞けて魅力的に感じた企業に入社を決定しました。入社後は営業をしていて、お客様である酒屋さんの売り上げを上げることを一番のミッションにしていました。ルート営業に近かったですね。酒屋さんだけではなく、酒屋さんが卸している業務店(居酒屋・BARなど)などへ行ったり、地道な活動を繰り返していました。基本的にお昼の時間に15分で簡単に商談をして、夜は関係値を作っていくために通う。通う先は1店舗だけじゃないので、基本的には1日で4、5件通っていました。


ー入社して4か月でリーディングマークに転職しましたが、転職のキッカケを教えてください!

3つあって、1つ目は「そもそも入社前から本当にこの企業でよかったんだっけ?」っていう疑問がずっとあったこと。

2つ目は「お仕事としてのお酒はあんまり好きじゃないのではないか」「お酒を飲むことを仕事にしたいのか」と実際に仕事してみて感じたことです。20代は自分にストレッチをかけて仕事したいと思っていたので、体力勝負みたいな仕事を4、5年続けていいんだろうか?とふと思いました。

3つめは、「プレッシャーかかるような仕事をしたい」と思ったことです。これまでずっとスポーツをやってきて、常にストレスがかかっていたので、仕事を始めたときに虚無感を感じてしまったんです。


ー転職で様々な企業を見ていた中で、リーディングマークを選んだ理由は何だったのでしょうか?

ミッションである『自己実現』というワードに一番惹かれました。自分が何をしたいのかわからないまま就活をしてしまったり、ちょうど「今の会社にいても本当に自分がやりたいことができるのか」といった悩みがあった中で『自己実現』というワードは当時の自分にどストライクでした。リーディングマークの選考は、最初に奥田さんとカジュアル面談だったのですが『自己実現』に対して熱く語っていて。そこからリーディングマークが気になり始めましたね。

大企業からベンチャーに転職を決めましたが、特に不安は感じませんでした。意思を決め切ったのが早かったので怖さはなかったし、例え怖い要素があったとしても、もう受け入れてやるしかない!と思っていました。




「自分の為にここまでサポートしてくれるのか!」実際にリーディングマークに入社して感じたこと

ー実際に入社してみてどうですか?

良いプレッシャーを感じながら、仕事ができています。先輩から引き継いだ企業様が大企業で、事業部の売上を左右しかねないような企業様を引き継ぎさせていただくこととなりました。入社前後での選考や面談で「もっとやりがいがあって、責任持って自分にプレッシャーをかけながら頑張って仕事したいです」とずっと言っていたので、期待を持って任せていただいたのだと思っています。

営業は関係値で商品が売れることもあると思うのですが、今の業務においてはたとえ担当者の方と仲良くなっても、その担当者の上長の方がOKを出さないと売れません。『いかに商材が提供できる便益・メリットにご納得いただけるか』を伝える・伝わることが重要なので難しいです。しっかりとご提案ができるように、ずっとインプットし続けています。

インプットというのも「この商品ってどんなお客様の課題があったら売れるのか?」がまだ表面上でしか理解できてない、と先輩方からフィードバックをいただくので、採用担当の皆様の目線に立って様々な企業様を知ることや、そもそも採用って何かの解像度を上げることなど、もっと沢山勉強しないといけないなと思っています。今の学生さんの動向や採用のトレンドを追うことなども、当たり前のように押さえていきたいです。


ー入社前後でギャップはありましたか?

そうですね、良いギャップがありました。ベンチャーということもあり「業務のサポートは無くてほったらかしなんだろうな」と思っていたんですけど、むしろ前職よりも手厚くサポートしてもらいました。23卒の同期や先輩方に沢山助けてもらいました。営業として働いていく中で「やばい、そろそろパツリそう」と工数過多になりそうなときに先輩が声をかけてくれて巻き取ってもらったり。先輩である針谷さんも、自分の為に一緒にプラン考えてくれる時間を沢山取ってくれたり、ここまでやってくれる会社はこれまで聞いたことがなかったので、それは良いギャップでした。


ー仕事で大切にしていることを教えてください!

お客様とメールやミーティングでお話しするとき「お客様がこのメッセージを受け取ったらどう思うだろう?」といった、受け取り手の気持ちを日々意識していますし、日々提案する中で「お客様のニーズに沿ったプランを作れてるか」という部分も大事にしています。当たり障りのない施策をやっていたら営業という職業はいらないと思っているので、営業としての価値を出せるように頑張っています。




「覚悟持って転職して本当に良かった!」同じように早期で転職を迷っている方に伝えたいこと

ーこれからの目標はありますか?

目下の目標でいうと、新しい業務をしていくよりは、まずは自分一人でやれることを増やしたいと思っています。お客様にメリットをしっかりと伝えられるようになるとか、目の前のことを着実にこなしていきたいです。その先については、マネージャー・管理職に挑戦していきたいと思っています。

ビジネスパーソンとしては、採用支援事業部の事業部長である伊良皆さんは、自分にとって完璧な人だと思っているので、伊良皆さんを目標に頑張りたいです。


ー最後に、同じように転職を迷っている23卒・第二新卒の方たちに向けて、一言お願いします!

今の会社で頑張ろうというのも1つですし、本当に自分の中で覚悟があるのであれば、全然このタイミングで転職してもいいと思います。

自分が頑張れるないしは、趣味を仕事にできたら1番だと思っていますし、そのレベルで好きな仕事が見つかることは、人生においても幸福だとも思っています。「自分がどういう仕事をしたいのか」を今一度振り返った上で、転職するのか今の会社に残るのかを考えていただくのが良いかと思っています。

自分は今回しっかりと考えたうえで、リーディングマークに転職しましたが「リーディングマークに来てよかった」って本気で思っています!


ー加藤さんありがとうございました!現在リーディングマークでは、一緒に働く仲間を大大大募集中です!ご興味のある方はぜひカジュアルにお話ししましょう!


株式会社リーディングマーク's job postings
123 Likes
123 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社リーディングマーク
If this story triggered your interest, have a chat with the team?