1
/
5

データと技術の力で、ビジネスの価値の向上にコミットする

こんにちは!
サイバーエージェントの人事 富岡(とみおか)です。

サイバーエージェントグループ全体の成長をデータで支える、サーバーサイドエンジニアの三上さんにお話を伺いました。ぜひ最後までご覧ください!

三上 晃久(ミカミ アキヒサ)
サーバーサイドエンジニア
グループIT推進本部 / データ戦略局 / データマネジメントチーム
2014年/新卒採用

❶ 部署について

はじめに、三上さんの所属する「データ戦略局」とはどんな組織でしょうか?

データ戦略局とは、サイバーエージェント各事業の成長を目指すべく、分析や機械学習などでデータを利活用できる状態にするための業務に取り組んでいる組織です。

各サービスの施策提案/効果検証やモニタリング整備の他、事業部とともに戦略立案なども行う「データ分析コンサルチーム」と、専任のいない立ち上げ期のデータ分析環境構築/運用支援や、全社横断的なデータ周りの診断・方針決め等を行う「データマネジメントチーム」の2チームで構成されています。

❷ これまでのキャリア

三上さんのこれまでのキャリアについて教えてください。

2013年度に内定者アルバイトとして、技術人事部門にてエンジニアとして勤務したあと、大学院卒業後の2014年にサイバーエージェントへ新卒入社しました。

入社後はゲーム事業部のグループ会社であるサムザップに出向し、クライアントエンジニアおよびエンジニアリーダーとして、約7年の間、複数のゲームプロジェクトの開発・運用やデータ分析業務に携わってきました。

2021年に社内異動公募システムに応募して、現在の所属先であるデータ戦略局のデータマネジメントチームへ異動しました。

❸キャリアチェンジ

現在の業務をやり始めるきっかけはなんだったのでしょう?

ゲーム事業部にいる頃から、ゲームプロジェクトの開発・運用業務と並行して、データ分析業務にも携わっていました。

新規プロジェクトのデータ分析業務を一気通貫で担えることはとても良い経験でしたが、兼務で取り組んでいる状態だったので、データ分析業務に本腰を入れて携わりたいというモチベーションがありました。

その際に上長とも相談して、サイバーエージェント本体の横断的な分析組織があり社内公募を行っていることを知り、知識・経験を身につける機会と考え、転職では無く社内異動を選択しました。

❹異動後の感想

実際、異動してみてどうでしたか?

データ戦略局は現在10名前後で構成されている組織ですが、DMBOK(データマネジメント知識体系ガイド)の輪読会やデータ分析に関わるトピックの共有会などが実施されており、データマネジメントやデータサイエンスなどの知識を体系的に学ぶことができる環境がありました。

また、現在所属しているデータマネジメントチーム(現在6名前後)ではオンプレミスのデータ分析基盤の運用やBIツール等の開発を担っているため、データエンジニアリングに関する新しい経験も身につけることができました。

少人数のチームですが、全員が高い知識・技術力を持っており、和気あいあいとした環境で日々研鑽を積み業務を行っています。

現在の業務内容・やりがい

現在のミッションや業務内容を教えてください。

サイバーエージェントでは分析ツールとしてGoogle Marketing Platformのサービスを利用している事業部が多くあります。現在はそのアクセス管理を改善することをミッションとしたプロジェクトのマネジメントや運用フローの整備を担当しています。

データ漏洩はセキュリティ問題として無視できないものなので、事業部のサービスをユーザーに安心して利用していただけるように、安全性が高くかつ管理コストが低い対策を講じることを意識しています。

やりがいはどういった時に感じますか?

データ戦略局は全社横断組織です。そのためシステム等の開発や運用は基本的に複数の事業部によって利用されることを見据えたものになります。

影響範囲の大きいシステムや機能を、大きな問題を起こさず導入・運用できたり、同僚や利用者から評価をいただけることが大きなやりがいにつながっています。

❺ 求める人材

データ戦略局にはどんな人が向いていると思いますか?

データの信憑性を重視して分析ができ、かつオーナーシップを持って業務に取り組めるタイプの方が向いていると思います。

信憑性が低いデータはビジネスにおいて誤った意思決定を生む原因になります。分析対象のデータを理解し、整合性が取れているか、集計ロジックに誤りはないかなど、データの信憑性を意識して分析できる力があるとなお良いです。

また、せっかく構築した分析手法やシステムも事業部に活用されなければ意味がありません。なので、目的や課題を整理・理解し、事業部と二人三脚で責任をもって推進できる力が必要だと思います。

❻今後の挑戦

今後挑戦したいことやビジョンについて教えてください。

ビジネスの課題を発見し、データ分析で解き、活用するところまで、一気通貫で支援できる力をより強化していきたいと思っています。

今後は今まで以上に様々な事業部と連携するとともに、大きな価値を生み出せるデータ分析に取り組んでいけるようになっていきたいです。


三上さん、ありがとうござました!

現在、データ戦略局では積極的に採用を進めております。

ご興味がある方は、まずは人事とカジュアルにお話ししましょう‼︎

データエンジニア
サイバーエージェントグループの横断組織におけるデータエンジニア募集!
サイバーエージェントはメディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業を中心に事業を展開しています。 各事業とも技術力、運用力を競争力に事業を拡大し、コンテンツの創出、集客力、マーケティングや販売力などを活用し、事業シナジーを生み出しています。 ▼メディア事業 2016 年 4 月に新しい未来のテレビ「ABEMA」を開局し、多くの方々に利用していただいています。また国内最大規模のブログサービス「Ameba」やマッチングアプリ「タップル」、通販化粧品の「N organic」など様々なサービスを提供しています。 https://www.cyberagent.co.jp/service/media/ ▼インターネット広告事業 1998 年の創業以来、インターネット広告事業を展開しており、広告効果最大化を強みにシェアを誇っています。 現在は、広告販売にとどまらず、AI を活用したテクノロジーや 3DCG 等の最先端技術を駆使したクリエイティブ制作、DX 事業にも参入し総合的なソリューションを提供しています。 https://www.cyberagent.co.jp/service/internetad/ ▼ゲーム 2009 年から開始したゲーム事業は、継続的にヒットタイトルを創出し2021 年度にはスマートフォンゲーム市場において成長しました。 (※スマートフォンゲーム市場におけるシェア:2021 年 4 月~ 9 月時点) https://www.cyberagent.co.jp/service/game/
株式会社サイバーエージェント


データアナリスト
サイバーエージェント全体の成長を支える|データアナリスト|を募集!
サイバーエージェントはメディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業を中心に事業を展開しています。 各事業とも技術力、運用力を競争力に事業を拡大し、コンテンツの創出、集客力、マーケティングや販売力などを活用し、事業シナジーを生み出しています。 ▼メディア事業 2016 年 4 月に新しい未来のテレビ「ABEMA」を開局し、多くの方々に利用していただいています。また国内最大規模のブログサービス「Ameba」やマッチングアプリ「タップル」、通販化粧品の「N organic」など様々なサービスを提供しています。 https://www.cyberagent.co.jp/service/media/ ▼インターネット広告事業 1998 年の創業以来、インターネット広告事業を展開しており、広告効果最大化を強みにシェアを誇っています。 現在は、広告販売にとどまらず、AI を活用したテクノロジーや 3DCG 等の最先端技術を駆使したクリエイティブ制作、DX 事業にも参入し総合的なソリューションを提供しています。 https://www.cyberagent.co.jp/service/internetad/ ▼ゲーム 2009 年から開始したゲーム事業は、継続的にヒットタイトルを創出し2021 年度にはスマートフォンゲーム市場において成長しました。 (※スマートフォンゲーム市場におけるシェア:2021 年 4 月~ 9 月時点) https://www.cyberagent.co.jp/service/game/
株式会社サイバーエージェント
株式会社サイバーエージェント's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社サイバーエージェント
If this story triggered your interest, have a chat with the team?