1
/
5

“つくる”だけではなく“つくり育てる”ために、 技術に執着したい

株式会社WinTicket
Webフロントエンドエンジニア

和田 剛

Join in 2018

前職株式会社 UNDESIGNED STUDIO

技術的に成長できる環境に身を置きたかったから、転職を決意した

前職では、エンジニアが自分だけという環境だったので、なんでもやっていました。このままでは器用貧乏になってしまいそうという不安を持ち、技術的成長が更に見込める環境を求めていました。そのなかでも一番Web開発に力を注いでいて、対外的な実積を残していると感じたサイバーエージェントへの入社を決めました。
実際に入社してみると、Web技術を学ぶ中で参考にしていたブログ、書籍の執筆者が配属先のチームにいて驚きました。その人たちから技術を学ぶことができ、とても刺激的な環境であることを実感しました。

「技術がもたらす価値」を事業へ還元するためにできること

技術力が自分の思ったように伸びていく一方で、新たに気付いた課題もありました。
自分がリードエンジニアとして携わるWINTICKETでは、開発者があまり事業やサービスの目標数値や推移を理解できていない時期があったんです。
ただ、我々がやっているのは事業・サービスなので、これらをもっと身近に感じ、理解する必要があると思いました。そこで事業に関わる数値を可視化する基盤システムを作成、整備しました。チームのみんなに使ってもらえるよう見やすさや、どんな端末でも見れるように利便性を追求しました。今ではチームメンバーが毎日見ていて、チームの目線合わせに役立っています。



技術のコモディティ化に伴い、ただ「つくる」ことの価値が下がっていると感じています。サイバーエージェントも、ただ「つくる」だけではなく、技術を使って事業をどう伸ばすかが重要だと、その価値観をシフトさせているところです。事業フェーズによって、技術の活かし方は都度変えていけると思っています。

全員が “事業” に対して一直線に取り組まなくても良い

技術に執着する人がいて、もちろんいいと思っています。正直に言うと、自分もコードを書いているときが一番楽しいです(笑)。ただ技術のその先を、事業とより密接に紐づけていくと、さらに色々な可能性が広がることを日々実感しています。事業の成長と自身の成長を掛け合わせることに楽しさや、やりがいを見いだしながら、全力で成功に導いていきたいです。


Engineer

和田 剛

Web制作会社を経て、2018年サイバーエージェントへ中途入社。ベッティングサービス「SUPERCHOICE」の開発を経験したのち、公営競技インターネット投票サービス「WINTICKET」の Webテックリードエンジニアとして開発を担当。2020年からは開発責任者として事業グロースに向き合う。

趣味はプログラミングで、Webに限らず視野を広げるために様々な技術要素に触れていたいです。


フロントエンドエンジニア
急成長中の競輪アプリ!WINTICKETのフロントエンドエンジニア募集
2019年4月にリリースした「WINTICKET」は、株式会社サイバーエージェントの子会社で、競輪・オートレースのインターネット投票サービスを提供しています。 「WINTICKET」は、リリースして2年経った現在、四半期取扱高400億円規模のサービスになりました。テクノロジーとクリエイティブの力で、競輪を「若者が楽しめるエンタメ」に進化させ、競輪未経験のお客様でも競輪を楽しめるような新しい体験の提供にチャレンジし続けています。 業界を揺るがすような大きな挑戦を、一緒に推進してくれる仲間を募集します!
株式会社サイバーエージェント
株式会社サイバーエージェント's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more