1
/
5

What we do

EventHubは、企業が営業、マーケティング、採用や顧客関係維持のためにイベントを開催する際にご利用いただく、ビジネスイベントに特化したイベントマネジメントツールです。 オンライン・オフラインのイベント両方でご利用いただけますが、現在は新型コロナウイルスの影響で、主にオンラインイベントツールとして展開しています。 企業は日頃、セミナー、オンライン上のウェビナー、採用イベント、商談会など、多くのイベントを開催しています。多くの時間・コスト・手間がかかるイベント開催ですが、デジタル施策と比べ、費用対効果の可視化の難しさなど、多くの課題が残っている分野でもあります。 EventHubはそんな企業のイベント活動を成功へ導くための、イベント管理ツールです。イベントのページ、登録、データ分析など準備からアフターフォローまで行うことができます。また、イベントの最も重要な目的である「顧客との接点」や「ビジネス創出につながる出会い」を最大化するコミュニケーション機能が多く含まれています。 ▼具体的な機能 ・オンラインイベントページを作成し、参加者を招待する機能 ・セミナー・講演動画配信機能 ・登壇者への質問投稿機能 ・アンケート機能 ・オンラインイベントの交流を可能にする、名刺交換、チャット、面談アポイント機能 ・Marketo等MA連携機能 ・参加者のデータを蓄積するイベントCRM機能 ▼弊社プロダクトについて https://eventhub.jp/online/ ▼会社紹介資料 https://speakerdeck.com/eventhub/zhu-shi-hui-she-eventhub-cai-yong-zi-liao

Why we do

オンラインでもオフラインでも、イベントの活性化を後押しします。
参加者間のビジネス創出の機会を増やし、来場者の満足度向上につなげます。
現在新型コロナウイルスの影響で「イベント自粛」が叫ばれている中、多くの企業は新規開拓、顧客との接点、採用などビジネス活動の継続のために現在オンライン空間上でセミナーやイベントを開催しています。 私たちは今回のきっかけを機に大きくイベントの定義、「集まる」、「出会う」の意味が変革すると思っています。 どこまで社会のデジタル化が進んでも、ビジネス活動において人と人が集まる、出会う「イベント」の価値はなくなりません。欧州と比べて、日本を含むアジアでは特に「対面(またはオンライン空間で)実際に話す」ことの価値が重要視されているとも言われています。 EventHubは、この大きな変化が起きている業界において、企業にとってオンライン上でも、オフラインでもイベントが簡単に開催でき、ROIを高め、データドリブンなイベント運営ができるツールとして進化を続けていきます。オンラインでも効果が発揮できる箇所ではオンラインでスマートに、一方対面の価値が発揮できるオフラインでは人と人の出会いを促進し、「リアルの良さ」を拡張できるようなツールです。 2019年末にSalesforce VenturesとSansan株式会社からの2.3億円のシード資金調達を完了しています。オンラインイベントという新たな分野におけるリーディングプロダクトとして事業を一緒に拡大できるメンバーを探しています。 ▼プレスリリース「EventHubがSansan株式会社から第三者割当増資を実施」 http://bit.ly/31sJoGu

How we do

現在メンバーは30名ほどで、フェーズとしてはシード調達(Sansan / Salesforceから2.3億調達)終了後のフェーズになります。現在事業を急拡大すべく、新規メンバーを募集しております。 創業者は、マッキンゼー・アンド・カンパニー(サンフランシスコオフィス)出身の代表(山本)と、元々マッチングアプリを開発していたエンジニア(井関)の2名。 SmartHR、HENNGE、Refcome、YappliなどのSaaS企業、楽天、mixi, NTTデータ等の大手IT企業、など、多様なバックグラウンドのメンバーが集まっています。SaaSベンチャーの0->1の立ち上げ経験者や立ち上げ好きな人が多いのも特徴です。 代表がアメリカ・イギリス国籍であり、海外在住歴があるメンバーや(コロナの影響前は)外国籍のインターンも数名いたため、英語が活用できる環境でもあります。