1
/
5

人事が語る選考の軸と、“外”から見たパートナーズの魅力。

今回の社員インタビューは Enployee Success Center Assistant Manager 尾股正博さんです。
2021年 リファラル採用でパートナーズに入社。
ですが実は、パートナーズが新卒採用を開始した2016年から、今とは異なった形でパートナーズの採用サポートをしてくれていました。
今回は、長年”外”からパートナーズ支えてきた尾股さんが思う当社の魅力と、人事としての選考軸、求職者への想いをご紹介します。


記事のアジェンダ

  • パートナーズとの出会い
  • 面接での選考基準
  • パートナーズの魅力
  • 求職者へメッセージ


パートナーズとの出会い

――まずは、パートナーズとの出会いについて教えてください。

2016年当時、私は大手人材会社の営業職に従事していました。
パートナーズが新卒採用を開始する際、代表吉村に採用媒体の営業をしに行ったのが、最初の出会いです。
結果として、たくさんの営業の中から吉村は私を選んでくれました。
無事、初となる新卒採用で、新卒第1期生 2017年新卒が入社し、それからパートナーズの新卒採用は途切れることなく今でも続いています。


――そこから約5年経ってのリファラル採用なのですね。

そうですね。
その後、パートナーズとの出会いのきっかけとなった会社は退職しました。退職した段階で、担当していた取引企業様とは関係が切れてしまうことの方が多いです。しかし、バッタリ偶然街中で吉村や人事部の音羽に会ったりと…。細い関係ではありつつも、交流が続いていました。

その後、保険営業、エンジニア採用支援、総合求人広告代理店などの仕事を経て前職の採用支援企業の営業担当としてパートナーズに再度訪れたことをきっかけに、再度関係性が強くなりました。
ちょうどそのタイミングで人事部の採用を検討していて、音羽が私を推薦してくれたそうです。


面接の選考基準

――では、尾股さんの人事人生はパートナーズからはじまったんですね。

はい。ただ、元々「人事」という職種に興味がありました。
パートナーズ以前に勤めていた採用支援の業務ではいかに「求職者目線」に立てるかが重要になります。
だからこそ、人事視点も理解することができれば、求職者と企業の真のマッチングが成立しやすいと思っていたんです。
人事という立場であると同時に、「圧倒的求職者目線」で面接を行うようにしています。

――ずばり、求職者目線の尾股さんは、面接で何を見ているのでしょうか。

皆さんがこれから歩む人生をより良いものにするために、パートナーズが必要か否かを見ています。
仮に私たちが「この人と一緒に働きたい!」と感じても、本当にその方が「パートナーズに入社して幸せになれるのか」を求職者目線に立って、慎重に考えることが人事の仕事だと思っているからです。
極端な話、皆さんがこれからケーキを作りたい!と思っている時に、お肉を渡されても困ってしまいますし、理想とはかけ離れてしまいますよね。

――理想とのズレを起こさないためには、どうすれば良いのでしょうか。

パートナーズを知っていただくのと合わせて、自己分析を徹底することが重要だと思います。
皆さんの経験を踏まえた考え方や価値観を細かく突き詰めてほしいです。

パートナーズはとても良い会社だと自信を持ってお伝えします。
Wantedlyや採用サイトを読み込んでパートナーズを知っていただき、自分を重ね合わせながら自己分析をして、「理想の将来像」を明確にしていってください。
そのうえで、パートナーズが必要だと感じた経緯をぜひ教えていただきたいです。




パートナーズの魅力

――外と中、両方からパートナーズを見てきた尾股さんが思うパートナーズの魅力はなんですか?

2つあります。
1つ目は多くの人が挙げている「人」です。パートナーズ社員の人柄は他にはない魅力だと思います。


――多くの企業を経験された尾股さんから見ても、パートナーズの「人」は魅力ですか?

もちろん前職も素敵な方々はたくさんいましたが、よりそう感じるのは人事という仕事に就いたことで、より「人」にフォーカスする機会が増えたからかもしれません。
人事は特に、部署を越えて仕事やヘルプを依頼することが多いです。パートナーズはその上でのイメージのすり合わせなどがとてもスムーズなんです。
双方の意見を話しやすく、どんなに小さな発信だとしても必ず反応が返ってきます。
「誰かがやるだろう」でなあなあになってしまったという経験は多くの方が持っていると思いますが、パートナーズでは理解を示してくれる、耳を傾けてくれる人がとても多いのは驚きました。
社員一人ひとりの個の力、マンパワーがとても強いので、会社が滞りなく成長してきたのだろうなと思います。





――確かにそうですね。2つ目の魅力はなんですか?

パートナーズの今後のビジョンです。
これは私がパートナーズへのジョインを決断した最大の理由の1つでもあります。
「不動産売却DXを日本一推進している会社」つまり、まだまだアナログな資産運用業界で、テクノロジーの力を駆使し、業界の新しい領域を切り拓いていくというのが大きな指標です。

マンパワーが強いパートナーズにDXの要素が加わることでどうなるのか、ワクワクしていただけると思います。
ぜひ共にワクワクを共有し、共に日本の未来を切り拓きたいと感じていただきたいです。
会社の外から見ていても、パートナーズが今からさらに拍車をかけて大きくなっていくこと、吉村が理想を実現していく人だということはわかっていたからこそ、パートナーズの将来にワクワクしますし、人事としてその一躍を担えることを嬉しく思います。

加えて、GAテクノロジーズグループに参画したことにより、スピード感を持ってテック化が実現できるようになりました。
テックに頼れる部分は頼っていき、「人」の力に頼るべきところに注力して、求職者の皆様にもより安心して採用面接に挑んでいただけるよう精進していきます。


――それでは最後に、求職者の方にメッセージをお願いいたします。

パートナーズは自分を成長させ、理想を手に入れられる環境です。
お金を稼ぐために働くだけでなく、人生における様々なことを学び、感じることが出来ると思います。

自分が幸せになれば、周りの方も自然と幸せになっていきます。
自分の成長、自分のビジョンを思い描き、それを達成するための道しるべとしてパートナーズを選んでいただけると嬉しいです。

どの部署でも、思い切り飛躍したい!思い切り成長したい!と考えているメンバー が活躍しています。
是非ご入社いただき、私達と一緒に、もっともっとパートナーズをかっこよくしていきましょう。


株式会社パートナーズ's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社パートナーズ
If this story triggered your interest, have a chat with the team?