1
/
5

【社員インタビュー】AIQ初となる新卒入社!成長し続ける若手AIエンジニアにAIQの魅力を聞いてみた!

こんにちは!AIQ採用担当です。

今回は、2018年にAIQ初の新卒入社をした近藤さんにインタビューしてみました!AIQに入社して早4年。AIエンジニアとして活躍する近藤さんのお仕事内容ややりがいなどを聞いてみました。

是非、最後までご覧ください🎵

近藤渚紗さん / エンジニア部 イノベーションテクノロジーグループ 機会学習チーム

北海道出身。高専を卒業後より技術力を磨くために大学へ編入学。
大学では機械学習やニューラルネットワークについて学ぶ。
ベンチャー企業でのインターンを経てAIQ初となる新卒入社。
現在は、機械学習エンジニアとして自社プロダクトの機能開発に従事。

– AIQ初となる新卒入社の近藤さんですが、AIQに出会うまでの過程を教えてください。

小学生の頃から兄の影響でゲームが好きで、そこからパソコンに興味を持ちました。そこから、インターネットっていいな、将来パソコンに関わる仕事がしたいと思い、より技術的なことを学べる高専への進学を決めました。

そこから、より専門的な分野を幅広く学びたいと考え、大学へ編入し機会学習やニューラルネットワーク、AIについて学びました。そこで、より深くAIについて勉強したいと思い、大学3年生の夏にベンチャー企業のインターンに参加し、就職活動をしていた中でAIQに出会い新卒で入社をしました。

– 新卒でベンチャー企業へ入社することに、不安はなかったですか?

全く不安はなく、むしろ0から100までを自分の目で見ないと気が済まない性格だったので、ベンチャー規模のほうが合いそうと感じていました。

また、AIで面白いことを自社でやっている会社がよかったことと、北海道が大好きなので出来れば北海道から出たくない(笑)という思いから、「北海道とAI」とWantedlyで検索をしたらAIQがヒットして・・・なんだここは!!!となりました(笑)その道でプロになれると求人に書いていて、ならばプロフェッショナルな人がたくさんいて色々学べて成長できるなと感じ、AIQへの入社を決めました。

– AIQに入社して、どんな印象を持ちましたか?

実際に入ってみて・・・みんな凄いです!能力の高さに驚き、感動しました。各分野のプロフェッショナルが揃っており、日々刺激を受け、成長していると実感しています。

また、自分の仕事や技術に誇りを持っている人ばかりなので、私自身のAIエンジニアとしてエンジニアとしての道を極めていきたいと、日々奮闘しています。

– 現在の仕事内容を教えてください。

自社プロダクトである、「Moribus」におけるAIの開発担当をしています。メインとしては、ChatGPTを使った機能開発に携わっています。入社当初は、他社案件を担当していましたが、2023年からは自社プロダクトの開発を行っています。

– AIQのエンジニアとして、やりがいを感じたことはなんですか?

直近の仕事でやりがいに感じたことは、リーガルチェックにAI機能を追加する開発を行ったことです。PdMチームより依頼を受け開発を行いましたが、実際に活用いただいた方からは、リーガルチェックにかかる時間や精度の高さにお褒めの言葉をいただいたことで非常にやりがいを感じました。

– リーガルチェックはかなり社内でも話題になりましたよね!逆に挫折しそうになった経験はありますか?

フロントエンドの業務には何度も挫折しそうになりました・・・(笑)

というのも、高専から大学までフロントについての勉強を全くしてこなかったこともあり、UIやインフラについての知識や技術がない状態でAIQに入社しましたが、AIQはベンチャー企業ということもあり、フロント・バック・インフラ関係なく全て対応できたほうが良いとのことでしたので、苦手で何度も苦戦しましたが、技術力の高い先輩社員ばかりでしたので、質問の時間をたくさんいただきながら知識をつけていきました。

AIQのエンジニアは、仕事が趣味みたいな人ばかりなので、質問をすると100以上の回答をしてくれるのも魅力的です。

– 苦手意識がありながらも、頼りになる先輩方がたくさんいる環境なんですね!AIQで働いていて、近藤さんはどんな人と一緒に働きたいですか?

仕事に対して情熱がある人、プライドがある人と一緒に働きたいです。前段でもお話しした通り、エンジニアの仕事が趣味と思って仕事をしている人ばかりなので、AIQのプロダクトを好きになっていただけて、その成長に向けて一直線に貪欲に向き合える人が向いていると思います。

– 最後に今後の目標をお願いします!

現在は、自社プロダクトの開発を行っていますが、全てChatGPTが元となっていますので、直近ではAIQオリジナルのAIモデルを開発したいと考えています。そして、ゆくゆくは自分でアプリをつくり、AIQから社会に発信していくことを目標にしています。


AIQ株式会社では、現在エンジニア職を幅広く募集しております!面談でお会いできることを楽しみにしております。


AIQ株式会社's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings