足立 光

株式会社ファミリーマート / チーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)

足立 光

株式会社ファミリーマート / チーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)

Pioneer , Adventurer , Challenger

1968年、アメリカ・テキサス州生まれ。 「勉強しろ」と言う代わりに「自分のことは自分で決めろ」と言う親のもとで育ち、 少年時代から何でも自分で決めて、突き進んで生きてきた。高校時代は授業にあまり出ず、自分で必要だと思った勉強を、ドーナツ屋でひたすら自習するような学生だった。

この先やってみたいこと

未来

常に自分をアップデートし、ファミリーマートをはじめとする関わっている複数の会社に価値を提供し続けながら、若い人へこれまで培ってきた「大人の知恵」を授けること。また、スカイダイビングや世界3周旅行もしたいし、細マッチョになりたい。

株式会社ファミリーマート2 years

チーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)現在

- 現在

給与も大幅に下がるし、コンビニ業界にとっての転換期でもあるし、まわりからは「やめておいた方がいい」と言われた。 しかし、初めての小売業、売り上げが3兆円もあるような会社のマーケティングはやったことがない。確実に自分を成長させてくれると思い、入社を決めた。

グロース・キャピタル株式会社1 year

グロースパートナー現在

- 現在

M-Force株式会社2 years

パートナー現在

- 現在
株式会社I-neの会社情報

株式会社I-ne3 years

社外取締役現在

- 現在

生活共同組合コープさっぽろ3 years

マーケティング・アドバイザー現在

- 現在
スマートニュース株式会社の会社情報

スマートニュース株式会社3 years

マーケティング戦略アドバイザー現在

- 現在

株式会社ギャンビット4 years

エグゼクティブ・アドバイザー現在

- 現在

マーケッター20 years

執筆活動現在

- 現在

ナイアンティック・アジア・パシフィック3 years

プロダクトマーケティング シニア・ディレクター

-

アジアのマーケティングの責任者として『ポケモンGO』の日本国内ユーザー、およびアジアのユーザー数を伸ばすこと、また、アジアでの組織作りに取り組んだ。

日本マクドナルド株式会社4 years

上級執行役員マーケティング本部長

-

日本マクドナルド株式会社は、2015年に、2001年の株式上場以来、過去最大の赤字額を記録。そのような状況化でなんとか経営を上向かせるべく、奮闘した。「お客さまの心を動かす」という本質を大切にマーケティングを展開し、V字回復に貢献。

株式会社ワールド3 years

執行役員/国際本部長

-

北東アジア・東南アジア全体の責任者として、日本から海外へ拠点を移し、1カ月のうち3週間は海外にいる生活を送る。

ヘンケルグループ10 years

ヘンケルグループ

-

ヘンケル・ビューティーケア・コーポレート ヴァイス・プレジデント

北東アジア・東南アジア全体の責任者として、日本から海外へ拠点を移し、1カ月のうち3週間は海外にいる生活を送る。

ヘンケルジャパン取締役会長、シュワルツコフ プロフェッショナル事業本部長

シュワルツコフ ヘンケルの取締役会長に加え、ヘンケルジャパン取締役ビューティーケアのプロフェッショナル事業であるシュワルツコフ プロフェッショナル事業本部長を兼任。日本のヘンケルのコスメティック事業全体の責任者に。

シュワルツコフ ヘンケル株式会社 代表取締役社長

35歳で代表取締役社長に就任。日本市場でのB to Cのコスメティックス事業で、2年で赤字から黒字化に導いたほか、B to B事業の責任者も兼任。

シュワルツコフ ヘンケル株式会社 マネージング・ディレクター

数年間経営コンサルタントとして働いた結果、提案だけで実行できないコンサルよりも、やはり、自分でやれる実業の世界で働きたいと感じ、事業会社へ。ヘンケル・ライオン・コスメティックス(現シュワルツコフ ヘンケル)に入社。

株式会社ローランド・ベルガー3 years

シニア・プロジェクト・マネージャー

-

当時は少人数の会社だったため、シニアプロジェクトマネージャーのほか、広報や採用の責任者も兼務。

ブース・アレン・ハミルトン5 years

シニア・アソシエイト

-

短期間でさまざまな会社や職種について勉強をしたいと考え、コンサルティング会社へ。いちメーカーのブランドマーケティングをしていただけの人間が、まったく知らない業界の経営者と向き合わなければならないため、ひたすら毎晩勉強を繰り返した。

P&Gジャパン株式会社9 years

マーケティング部、新製品開発部初代マネージャー

-

「ジャパン・アズ・ナンバーワン」のバブル時代に外資系企業を選んだことを、親は泣いて悲しんだほど、当時ではありえない選択だった。マーケティング部に在籍した後、新製品開発部の初代マネージャーに就任。そして日本人で初めて韓国に赴任。

一橋大学

商学部


アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう