1
/
5

【関西】マルチな不動産のプロを目指して-20代後半に選んだセカンドキャリア-

こんにちは。ザイマックス関西 採用担当の永草です。
今回はザイマックス関西 営業企画部の林さんに、営業部門のお仕事についてお話を伺いました。

不動産を基盤に、マルチに経験できる環境を求めて決めたセカンドキャリア

ーーー2022年に東京の電鉄系不動産会社から転職してきた林さん、転職のきっかけは何だったんですか?

きっかけ自体は、結婚相手が関西の会社に勤めていたのでわたしが関西に移り住むことになったことです。ただ、いざ転職するとなったとき、ただ関西で働けるだけじゃなく、引き続き不動産に携わりたいとか、フラットな組織で色々な領域に携わりながら仕事をしていきたいとか、こだわりがあることに気付きました。前職ではどちらかというと不動産の所有者側の立場で、自社グループの不動産の活用などを考えていく仕事をしていて、仕事内容自体は面白いなと感じていたので、そういったことが関西でも出来ればいいなと思っていました。

ーーー他に転職活動で考えていたことはありますか?

自分の所属する組織や企業について考える良いきっかけになったと思います。前職の仕事内容は好きでしたが、例えばグループ内の組織で仕事が縦割りされていて、自分は比較的部門を横断して働くようなポジションでしたが、部署によって仕事のモチベーションやクオリティにばらつきがあったり、不公平が生じていると感じる場面もありました。

ーーー部署間に垣根というか、やり方が全然違ったりすると、同じ会社なのに軽くカルチャーショックを受けることもありますよね。組織が大きくなるとそういった課題はよく耳にします。
ところでザイマックスのことは東京にいた時からご存知だったんですか?

直接の交流はありませんでしたが、前職の部長のお知り合いがザイマックスグループにいらっしゃったり、サテライトオフィスのZXY(ジザイ)も、当時から東京では拠点数も多く知られていたので、安心感はありました。独立系不動産企業として幅広く不動産にフォーカスして事業展開しているのも魅力的でした。

ーーー不動産と一口に言っても幅広いですからね。オフィスや商業施設などアセットによっても違いますし、アプローチの目的も違えばスキームも変わってきますし、もっと言えばマーケットも日々変化しますから、なかなか、一つ極めれば全て対応できるというわけにいかないのが難しく、奥が深いところですね。

その点ザイマックスグループはプロパティマネジメントを基盤にして様々なサービスがあります。不動産総合研究所や売買仲介などの専門領域に特化したグループ企業もあるので、ここでなら不動産について手広く携わりながらも、専門性を高められると感じました。

不動産という大きな資産をお任せいただくからこそアンテナを広く張り、幅広い提案ができる

ーーー実際に入社して営業活動をされていてどうですか?

想像以上に色々な案件やプロジェクトに携わることが出来て、入社してからあっという間に日々が過ぎていきました!関西の営業部門は10名程度の比較的少数精鋭で動いているのですが、関西エリアで不動産ビジネスのタネが出てきたら取り合えず営業部に話を持ってきてもらえるので、不動産マネジメント事業部やFM事業部、東京の方からも日々色々な話が舞い込んできます。ZXY(ジザイ)の会員獲得からの話だったり、PM業を任せていただいているオーナー様から不動産売買の話をいただいたり、不動産について手広く事業展開しているからこそ拾えているネタもたくさんあります。

ーーーサービス領域が広いということは、それだけ広く網を張れるということですもんね。そういったネタは割とすぐに形になるものなんですか?

いえいえ、不動産という大きな資産をそう簡単にお任せいただくのは難しいですから、お客様と長く関わるなかで信頼関係を築いていって、そのなかで提案する機会が生まれて、ひとつ案件がかたちになると、じゃあ他の物件も、とか、新しいお悩み事を聞かせていただいたりします。わたしたちは自分たちで不動産を所有して、それをどうこうするのではなく、他人様の資産について、サービスを提供してその対価として利益を得ているので、売るものが決まっていない難しさもありますが、裏を返せばそれだけお客様に提供できるものが無限にあるとも言えます。

ーーーサービス領域が広いからこそ、ZXYやPMなどお客様に話を聞いていただけるフックがたくさんあり、そこから提案できる幅も広く持てるということですね。

関西の不動産マーケットで確固たる地位を築きたい

ーーー最後に、これから林さんが取り組みたいことなどはありますか?

わたしは今営業企画部というチームで働いているのですが、そこで関西地場のデベロッパー企業さんや、行政機関と共同でイベントを開催したり、ザイマックス関西がプロジェクトを主催して企業や組織の枠を越えて取り組むことで、関西を盛り上げていくといった取り組みをしています。そうすることでザイマックス関西の名前も広く知られるようになって、色々なビジネスが生まれるきっかけになればいいなと思っています。わたし自身、2022年に関西に来たばかりなので知らないことも多いのですが、自分がこのプロジェクトに携わることで、関西のことや、不動産マーケットについて知っていけたら自分の為にもなりますし、このプロジェクトからザイマックス関西ここにありと示していけたらいいなと思います

ーーーありがとうございます!ザイマックス関西のなかでも新しい取り組みやビジネスのタネを見つけるのが盛んな営業部という印象で、今後の活躍にますます注目ですね!


ザイマックスグループ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings