1
/
5
慶應義塾大学卒。2001年にNPOカタリバを設立し、高校生のためのキャリア学習プログラムの提供を開始。2011年の東日本大震災以降は子どもたちに学びの場と居場所...Show more

全国高校生マイプロジェクト

身の回りの課題や関心をテーマにプロジェクトを立ち上げ、実行することを通して学ぶために2013年から行っている高校生向け実践型探究学習プログラムです。高校時代に正解のない問題に向き合い探究することで未来への創造力を引き出すための探究学習を全国の高校生に広げる取り組みを行っています。

カタリバオンライン for Teens

探究学習に取り組む中高生向けのオンラインコミュニティサービス。高校生が自分の興味関心を深め、同世代との交流を通し新しいことに挑戦する場として、スキルアップ講座、話題のテーマを取り上げた特別プログラム、コース制のクリエイティブプログラム、実践型探究学習プログラム等を提供しています。

学校横断型探究プロジェクト

学校横断型探究プロジェクトは、パソコンやタブレットといったICT端末の活用を通じて学校同士が連携し教育資源の共有を行うことで、学校規模にハンデを負う小規模校においても幅広い興味・関心からはじまる生徒の学びを生み出し、主体的な探究活動に伴走する試みです。

大槌町教育魅力化

東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県大槌町で放課後学校「大槌臨学舎」を2011年11月から運営。中高生への学習支援、居場所の運営、体験プログラムを提供。また、大槌の教育をゼロからつくりなおす教育改革構想として、カタリバの職員が「教育専門官」として町の教育委員会に入っています。

双葉みらいラボ

震災と原発事故という二重の災害に見舞われた福島の子どもたちが、その経験を前向きな力に変え、未来を生き抜く力を育むべく2017年6月から福島県立ふたば未来学園内に設置されました。「学校の中にある新しい放課後の居場所」として、心の安定とチャレンジの機会を日常的に高校生へ届けます。

文京区青少年プラザ b-lab

「いつでもなんでも挑戦できる中高生の秘密基地」のコンセプトのもと、東京都文京区の教育委員会からの委託事業として2015年4月にオープンしました。自分の可能性を発見する場として、人と共同しながら自分のやりたいことにリーダーシップをもって取り組む力を育んでいます。

外国ルーツの高校生支援「ROOTS」

外国ルーツの高校生が未来を描けるよう、高校の授業時間や放課後の時間を通して様々な支援を行っており、国や文化、生い立ちの違いが格差につながるのでなく「違いが豊かさとなる未来」を目指して活動に取り組んでいます。

おんせんキャンパス

学校に通うことに困難を抱えている児童・生徒に、安心できる居場所と多様な学びの機会を届け、自身と将来の希望につなげたいという願いのもと、2015年6月より島根県雲南市で不登校支援を行っています。学校、保護者と密に連携をとりながら、子どもたちの進路実現をサポートしています。

みんなのルールメイキング

生徒が中心となり先生や関係者と対話しながら校則・ルールを見直していく取り組みです。立場や意見の違う人たちと、対話から納得解をつくるプロセスを大切にしています。この経験を通して、身の回りの課題に気づき、当事者意識をもって行動する力や社会参画への意識を高めていくことを目指しています。

オンライン不登校支援プログラム「room-K」

さまざまな事情で学校に行くことができない全国の小中学生を対象に提供している、DXを活用した不登校支援です。ひとりひとりの個性や特性にあわせた個別の支援計画をたて、専属メンターと共に安心安全なオンラインの学びの場を用意、学びを途切れさせないためのプログラムです。

災害時子ども支援「sonaeru」

災害発生時に、子どもたちへの支援を一刻も早く届けることを目的とした緊急支援プロジェクト。平時から自治体・企業と事前にアライアンスを組んでおくことで、迅速な支援活動ができるような仕組みづくりに取り組んでいます。

ユースセンター起業塾

「意欲と創造性をすべての10代へ」というカタリバのミッションを共にする団体を支援することで、今までカタリバ単体では届けることができない日本全国の子どもたちへ学びの機会を届けるためのインキュベーション事業です。