This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

オオクラヒロユキのあじゃらな日々 第2回『ぐろりんがホロレンズのデモを作ったよ!』

こんにちは、カクシン大倉です。

隔週くらいで更新できればいいなと思っていたら、
前回の更新から3週間も経ってしまいましたね。
時が経つのは早いものです。

昨日、Wantedly経由でスカウトさせていただいた方とお会いしたのですが、
その際に私の投稿見ていただいて会社に興味を持っていただいたという話を聞いて俄然モチベーションがあがりました。ちゃんとやらなきゃな。。。

第1回は、私のこと『AJARA Project』のことを紹介させていただいたのですが、
今回は、ガジェットを用いた体験のデモをご紹介します。
(媒体性質上、テクノロジーを使って面白いことできないかとさがしているエンジニアの方もたくさんいらっしゃると思いますので、今回はそういった方に楽しんでもらえるように。)

『AJARA Project』で提供するアトラクションは、さまざまな最新ガジェットを用いながら、謎解きなどのミッションにチャレンジいただく内容になっています。謎解き大好きな方はもちろん、VRやMR、ガジェット好きの方々にも、注目いただきたいコンテンツになります。

<デモのご紹介>
今回はホロレンズ(HoloLens)を用いたMRアプリの紹介をさせていただきます。
本編制作に向けて、試作しているデモのひとつになります。
開発者は、ぐろりんこと、石黒くん。

▲写真の挿入が雑ですみませんmm。本人もこんなに大きく写真載ってびっくりしてると思います(笑)

そして、今回使用したデバイスはホロレンズ!

▲ホロレンズの外観。Microsoft製のデバイスです。


ここからはぐろりんのコメントを交えてお伝えしますね。

Q.ぐろりん、ホロレンズの特徴をひとことで教えて!

「ホロレンズは正確な自己位置推定と空間マッピング、ジェスチャによる操作が可能なデバイスです。これらの技術により、ホロレンズの最大の特徴である『MR(Mixed Reality:複合現実)』が体験できます。」

※MRとは、現実世界とデジタルの世界をまさに複合する技術のことです。

それではデモ動画をご覧ください!

Q.ぐろりん、このデモについて教えて!

「このデモでは、空間マッピングにより生成された空間に宝石を落とすと、ロボットが宝石に向かって走り出し宝石をゲットします。宝石とロボットの間に障害物がある場合、その障害物を避けて宝石まで進みます。」

バーチャルな世界のロボットが現実世界の障害物を認識して行動する!

アトラクションの中で、どんなゲームとして組み込まれるのか、今から夢が広がりますね。

最後に、開発者のぐろりんから一言!

「このアプリはまだ開発段階ですが、このように現実世界とデジタル世界をつなげることで、超越した力を感じられるような体験を皆さんにお届けするために開発を行います!」

ということで、みなさん、『AJARA Project』の今後を楽しみにしてください。


そして、よろしければ、支援・SNS拡散などの応援よろしくお願いします。

◆クラウドファンディングページ(※支援は11/28 23:59まで)
https://camp-fire.jp/projects/view/100231

◆公式Twitter
https://twitter.com/AJARA_Project

◆体験版ゲーム(スマホのみ対応)※11/28(水)まで期間限定です。
https://ajara.kakus.in/cp/001/

株式会社カクシン's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon