1
/
5

What we do

株式会社MaaS Tech JapanはMaaSのマーケット創造とモデル構築に向けて代表の日高が2018年11月に創業したスタートアップ企業です。「100年先の理想的な移動社会の基盤を構築する」をビジョンに掲げ、実現に向けてプラットフォーム開発事業を中心に3つの事業を展開しています。 日本の行政機関や交通事業者、各事業者の事業やニーズを深く理解した上で、都市や地域の社会課題を解決するためMaaSプロジェクトを推進しています。また世界各国MaaSのキープレイヤーと常時情報交換を行い、最先端のサービスや技術、ビジネスモデルの分析・体系化も行いながら、価値あるMaaSの社会実装に貢献するソリューションの提供を行っています。 <MaaS Tech Japanの3つの事業> 1) プラットフォーム開発事業 MaaSビッグデータを活用するためのデータ統合基盤「TraISARE」( https://traisare.maas.co.jp/ )やMaaSコントローラ、MaaSアプリの開発及び、ソリューション提供を行っています。 MaaSは「多様なモビリティを「1つのサービス」として統合し、ユーザーが自由にアクセスし需要に応じて選択できるようにする」というコンセプトですが、都市、地方、観光地、過疎地など、地域毎のニーズや実情によって必要なサービスは全く異なります。 MaaS Tech Japanでは、日本の地域毎に必要なサービスを見極めながら、事業者や地域に必要な効果をもたらすMaaSのサービス開発を行っています。 2) コンサルティング事業 MaaSデータ利活用に関する内容を中心に、MaaSの価値ある社会実装の実装支援を行なっています。事業者や自治体のみなさまから「MaaS事業をどのように展開していくか」「地域でMaaSを使ってどのように交通の課題を解決していくか」などに対して、MaaSデータ利活用をベースに政策的、テクニカル、ビジネスモデルなど多面的かつ豊富な知見に基づき、MaaSに取り組む事業者・自治体のみなさまをご支援しています。 3) メディア事業 MaaSのセミナーや勉強会・講演、書籍発刊などのメディア発信活動行っています。代表取締役の日高はAmazonベストセラーとなった図書「MaaS~モビリテイ革命から始まる全産業のゲームチェンジ」や「Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命 ―移動と都市の未来―」を執筆しながら、国内外のカンファレンスにも年間100件以上登壇するなど精力的に実績を積み重ねています。 【プレスリリース】 ・MaaS Tech Japan、VC・事業会社から3.2億円の資金調達を実施 〜モビリティデータ活用による都市・交通のDXソリューション開発を加速 〜 https://www.maas.co.jp/news/release20211208/ ・MaaS Tech Japan、石川県加賀市およびヴァル研究と「MaaSを活用した住民向けモビリティサービスと交通版EBPMの実現に向けた連携協定」を締結 https://www.maas.co.jp/news/release20211129/ ・MaaS Tech Japanの移動情報統合データ基盤「TraISARE」、広島県モビリティデータ連携基盤に採択〜広島県全域のデータに基づく交通政策立案(EBPM)を支援〜 https://www.maas.co.jp/news/release20210826/ MaaS Tech Japan、MaaSデータ基盤「TraISARE」β版開発完了、「交通機関」×「人流データ」による混雑情報を公開 https://www.maas.co.jp/news/release20210422/ ・東京海上日動とMaaS Tech Japan、新しいMaaSサービスや保険商品の共同開発に向けた業務提携を締結 https://www.maas.co.jp/news/release20200619/ ・MaaS Tech Japan、グロービス・キャピタル・パートナーズから資金調達を実施。 事業者・自治体のMaaSビッグデータ活用を支援するソリューション開発を加速 https://www.maas.co.jp/news/release20200312/ ・「移動情報統合データ基盤」が「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」に採択 https://www.maas.co.jp/news/release20191202/

Why we do

人口の減少、都市への集中や地方過疎化など、様々な社会課題が顕著になると同時に、 AIや自動運転などの技術革新が進展している日本の社会。 移動の手段も、新たな未来に向けて変わり始めています。 「MaaS(マース)」は「Mobility as a Service」の略で、自動車・鉄道・タクシー・バス・航空など、 さまざまなモビリティサービスを「一つのサービス」として繋げる、新しい交通サービスのあり方です。 例えばオフィスから訪問先に行きたい場合、MaaSがあれば様々な交通機関を跨いで移動ルートを検索し、予約や決済まで一括で行えるようになります。欧州などでは電車やバスなどの公共交通機関、タクシー、シェアサイクルなど都市内の交通を定額で自由に行えるサブスクリプションモデルも登場しはじめています。 日本においても都市の混雑緩和や観光地の利便性向上、過疎地域の移動の足の確保など、交通の課題を解決するサービスが実現できるようになっている段階です。 理想的な移動社会を実現するためには、交通事業者、目的地のサービス事業者、自治体・行政などの様々なプレイヤーが協力して、交通手段や目的地、移動するユーザーのデータを繋げ、分析し、最適化するMaaSの技術が必要になります。MaaS Tech Japanは、そのためのスキームやソリューション開発、提供を行っています。

How we do

代表の日高をはじめ、役員陣はモビリティに関する専門的な知見、経験を有しています。入社時点でモビリティに関する専門知識は求めていませんが、MaaSでこのようなことを実現したいといった想いをお持ちの方であれば、それを実現する環境が用意されています。 当社のビジョンに共感し、ともに理想的な移動社会の実現を目指すメンバーが少しずつ増えております。ジョインしているメンバーは、戦略コンサル、交通コンサル、データエンジニアなど、さまざまなバックグラウンドを持っており、それぞれが持つ経験、スキルなどをリスペクトしながら年齢関係なく、業務を進めています。 MaaSに関する勉強会なども定期的に開催するなど、外部の有識者の方とも連携しながら、ビジョン実現に向け日々取り組んでいます。