1
/
5

What we do

akippa株式会社のミッションは「”なくてはならぬ”をつくる」です。 世の中には沢山の困りごとが存在します。私たちはサービスを通じ、多くの困りごとを解決していきます。その結果、必要不可欠な存在になっていくことを目指しています。まず最初に取り組んでいるのは、ビジョンにもなっている「あなたの”あいたい”をつなぐ」ことです。人々が好きな”人”や”体験”に会う手助けをするべく、駐車場マーケットプレイス「akippa」を展開しているテックカンパニーです。 ■駐車場マーケットプレイス「akippa」 akippaは駐車場のオンラインマーケットプレイスです。使っていない民家の駐車場や空き地など、空いているスペースを時間貸し駐車場にすることができます。イニシャルコストは発生せず、工事なども行わないため、スペースを余らせている誰もが駐車場オーナー(ホスト)になることができます。   またユーザー(ゲスト)は、アプリやWebで簡単に登録された駐車場を予約することができます。検索、予約、支払いの全てをスマホ一つで完結させています。 akippaサービスサイト:https://www.akippa.com/ 2014年に事業を開始して以来、akippaの利用者は順調に増加し続けており、現在では常時3万件以上の駐車場と、260万人以上の累計会員を抱えるまでのサービスになりました。 2019年まではイベント時の利用ニーズが多く、新型コロナウイルスの感染が拡大した際には売上にもマイナス影響がありました。しかし、その後マイカー通勤や公共交通機関を避けた移動といった、日常的な駐車場利用の需要が増えたことに着目しました。非日常利用から日常利用への戦略転換を行い、2020年中には四半期ベースでコロナ禍前の売上を超えることができました。2022年現在では日常利用に加え、イベントなどの非日常利用も徐々に戻ってきており、大きな成長を遂げています。   またサービス開始時の2014年よりDeNA、グロービス・キャピタル・パートナーズ、住友商事などから出資を受け、2019年にはSOMPOホールディングスと資本業務提携を結ぶなど、累計資金調達額は35億円以上に達しました。経営基盤を安定させるための資本政策も順調に推進しています。 ■akippaの今後 現在のakippaは、メディア型の成長をしています。 akippaの営業担当者・パートナーが好立地の駐車場を開拓した後、掲載チームやプライシング(価格設定)チームが掲載に必要な作業を実施して、貸し出しを開始します。プラットフォーム上で駐車場オーナー(ホスト)ができることは限られています。これでは、サービスとして線形の成長しかできません。 今後、akippaはよりマーケットプレイス型の成長を目指します。駐車場オーナー(ホスト)になりたい誰もが簡単にプラットフォームに駐車場を登録でき、人の手を介さず貸し出し開始できる世界観を実現します。つまりメルカリやBASEなどのように、サービスの使い勝手の良さから自然とユーザーが増え、非線形的に事業が成長していく状態です。 個々の駐車スペースの確保や管理にakippaのメンバーが介在することなく成立するサービスであれば、劇的な市場の拡大が期待できます。また、言語や環境が異なる海外市場での展開も視野に入ります。 世界ナンバーワンの駐車場プラットフォームにするべく、プロダクトドリブンな会社へと組織体制を作り変えていくことは必要不可欠であると私たちは考えています。 ■“いけてない”akippaに入る面白さ akippaはまだまだエンジニアが少ないスタートアップです(業務委託メンバーを合わせても6名)。 素晴らしいエンジニアが沢山いるスタートアップで働くことは素敵なことです。 でも「自分でこれからつくりあげていくことができる」akippaでチャレンジすることは、絶好の腕試しになると思います。   シリーズE以降のスタートアップなので、コーポレートは強い状態です。挑戦したい方は是非お話しさせてください。

Why we do

■「なくてはならぬ」サービスをつくりたいという思い akippa株式会社が掲げる「”なくてはならぬ”をつくる」というミッションには、弊社代表取締役CEOの金谷元気が、自宅の停電や東日本大震災のボランティアを通じてインフラの重要性を痛感した経験が大きく影響しています。 金谷の創業ストーリー:https://note.com/galaxy/n/n34b368394240 ■人と人、人と体験が「出会う」ためのサービス 自動車がなければ長距離の移動が困難な地方において、高齢の方が免許を返納し、数少ない楽しみであった買い物ができなくなったという話は少なくありません。また、コロナ禍では多くの人が外出を避けて孤立するようになり、新しい人や体験と出会う機会は大きく減ってしまいました。 こうした時代の変化を受けて、より一層「リアルな出会い」の重要性が高まっていると私たちは考えています。人が誰かや何かに出会うために必要な「移動」の障害となりうる問題を「駐車場」を通じて解決する。そのために私たちはakippaを提供しています。 ■akippaが挑むマーケットの課題と解決していく困りごと akippaのサービス開始前の段階で、コインパーキングをはじめとする時間貸し駐車場は約440万台分であるのに対して、乗用車の数は6,000万台以上存在しました。時間貸し駐車場の不足により、1秒あたりの路上駐車台数は東京と大阪だけでも9万台にのぼります。 toCサービスであるakippaは、これまであった駐車場における課題を解決しています。 一つは世の中における駐車場不足。コインパーキングの数に限りのある都市部や、コンサート・スポーツ観戦などで多くの人が集まるイベント会場付近や、時間貸し駐車場が存在しない住宅街などが多く存在しますが、誰もが簡単に費用をかけることなく駐車場をシェアできる仕組みをつくることで、新たな時間貸し駐車場を生み出しています。 また、コンサート・スポーツ観戦などの多くの人が集まるイベント会場付近で、全ての駐車場が満車になっているという大きな課題も存在しました。空きスペースをアプリ上で誰でも簡単に把握し、駐車場を事前予約できるようにすることで、この課題を解決しました。今では楽天イーグルスやセレッソ大阪、名古屋グランパスなど25クラブのプロスポーツチームと提携し、課題解決に取り組んでいます。 最後に都市部における高額な駐車料金の問題です。駐車場の空き状況を把握・予約できるシステムの構築や、事前のオンライン決済による明朗会計の実現によって、適正な価格での利用が可能です。   しかし、自動車台数と駐車場数の不均衡が解消されるには至っておらず、同時に有効活用できる空きスペースもまだまだ存在します。だからこそ、akippaのサービス成長には大きな伸び代があると考えています。

How we do

大阪オフィス エントランス
■開発体制の刷新 これまでのakippaは営業やマーケティングの力による成長を主としてきたため、それらの職種のメンバーが開発側に機能要望を挙げるケースが多く、エンジニアが事実上の社内受託的な立ち位置になっていました。 この体制を変えるため、「事業の成長をプロダクトでリードする」というプロダクトチームのビジョンを設定しました。また、プロダクトチームのなかにBizDev(事業開発)の役割を持てるように意思決定フローや組織構造の改善を行っています。加えて、全社員のうち7%だったエンジニア比率をまずは25%以上にするべく採用を推進しており、2022年の採用枠のうち90%以上をエンジニアに割り当てています。 ■技術的負債の解消 akippaはサービス開始から8年が経ち、事業の土台が安定してきた一方で、技術的負債も生じています。前述のマーケットプレイス型サービスへの移行に伴うシステムの変更に加えて、こうした負債の解消も重要な焦点のひとつです。 たとえば、もともとWebアプリはZend Frameworkで、モバイルアプリ用のAPIはYii2で書かれていたのですが、コードが入り組んだ状態になっていました。それらの各機能を、順次Laravelへと置き換えていく作業を進めています。それに伴い、不足していた単体テストの充実化も行っています。 ■企業のカルチャー akippaでは、本質的にもつべき価値観として「ホスピタリティ」を掲げています。職種や立場によって考え方や捉え方が違ったとしても、「まずは相手を信じること」「性善説にもとづいて相手と向き合うこと」を重視しています。 こうした価値観をベースにしているため、akippaには企業のMission・Vision・Valueについてメンバー同士で意見を出し、解釈について共有することで働きやすい環境をつくる仕組みがあります。 また、プロダクトや部署を超えて課題や解決策を共有するための会議が設置されていたり、エンジニアと他部署のメンバーが部署を横断して直接やり取りしたりと、開かれたコミュニケーションによって意思決定が行われる文化があります。