1
/
5

セールス事業部長が語る②~セールスチームが目指す姿~

セールスメンバーは日々クライアントに向き合い、更なる成長のために研修なども行っています。

アディッシュの執行役員兼セールス事業部長の加藤さんにインタビューの続きです!
前回は、加藤さんがこれまでの経験から大切にしていることや、仕事でのやりがいなどについて語っていただきました。
(セールス事業部長が語る①~やる気なしの少年が事業部長になるまで~はこちら)

今回はアディッシュのセールスチームが今後目指している姿や、そのためのアクションなどについて語っていただきました!

ー引き続き、よろしくお願いします!

加藤さん(以下、加藤):よろしくお願いします!

セールス事業部が目指す、エバンジェリスト集団

ー前回のインタビューでは、やりがいからチーム体制についてお話が広がっていきましたが、その延長線上で、セールス事業部が目指している姿はありますか?

加藤:ありがとうございます!聞いてほしかった質問です笑

2021年1月からセールス事業部を任せてもらっていますがセールスだけではなく、アディッシュのフロントに立つメンバーにこうあってほしいと思う像があります。それは、それぞれの得意分野でエバンジェリストとして活躍していってほしいというものです。
ちなみに、エヴァンゲリオンじゃないですよ笑

ーえっとー・・・エバンジェリストって聞きなれない言葉ですね。

加藤:そうですね。かみ砕いて説明をすると、一部の業界での第一人者です。その第一人者が何かを発信したときに、「あの人が言っているから合っている」と周りから認知される人のことを指しています。
エバンジェリストは、高度なスキルや知識のほかに、実績が必要です。
特に、アディッシュの中で重要になる要素は、インターネット界隈での認知度です。認知度を高めるために、セミナーに登壇したり、情報を発信して共感を得ることが必要です。
そこで、セールスメンバーのインタビューをネットにアップし、認知度を上げる活動を始めました。

オリジナリティを大切にして成長を続けたい(マネージャー吉村のインタビュー)
お客様を心から好きになることが、良い仕事への第一歩(マネージャー小倉のインタビュー)

今は、マネージャー2名のインタビューですが、これから全メンバー分アップしていきます。

ーマネージャーの思いが伝わるインタビューですね。この思いを発信することで、エバンジェリストとして活躍することにつながるということでしょうか。

加藤:そうですね。そもそも、なぜエバンジェリストになってもらいたいかというと、その人の今後の人生の選択肢を増やしてほしいと思っているんです。
わたし個人として、一つの企業で死ぬまで働き続けてほしいとは思っていません。自分が目指したいものがアディッシュ以外のステージにあるのであれば、喜んで送り出したいと思っています。まずは、アディッシュでスキルアップして、エバンジェリストになることで、他のステージでも活躍することができます。それが一つの社会貢献になりますし、【つながりを常によろこびに】の体現だと感じています。

さらに付け加えれば、【アディッシュ出身】というブランディングができてたらいいなと思っているんです。
今は、サービス中心のブランディングです。この記事を読んでいるあなたもアディッシュ出身というブランディングを一緒に築きあげませんか?と伝えたいです!

セールス事業部の成長の取り組み

ーいきなり、採用っぽい話になりましたね笑
せっかく採用の話になったので、未来の仲間に向けて、セールス事業部の取り組みについて詳しく教えてもらえますか?

加藤:ありがとうございます!
まず、大きく分けて4つの取り組みをしています。

1、インサイト営業プログラム
2、ビジョンセリングプログラム
3、カスタマーサクセスコンサルティング
4、パーパス

1、インサイト営業プログラム
こちらは、前回の記事で語っているので、そちらを見てみてください!
セールス事業部長が語る①

2、ビジョンセリングプログラム
これは、簡単に言うと、相手のミッション・ビジョンをヒアリングし、共感したうえで、そのミッション・ビジョンの実現や成長に寄与するような提案、継続していくことを指します。
こちらは、入社後研修でじっくり説明します!

3、カスタマーサクセスコンサルティング
これは、アディッシュですでに提供しているサービスです。そして、今後もっとも必要とされていく領域です。クライアントのカスタマーサクセスを支援し、成長させていく活動をしています。
カスタマーサクセスとは何か、というのは個人noteで一部説明しているので、興味があれば読んでみてください!
カスタマーサクセスをもっとわかりやすく!と言っても簡単なことではない。

4、パーパス
これは、まだまだ個人的なものです。
本題とずれる可能性があるので、気になる方は、こちらの記事を読んでみてください!
最近よく聞くけどナラティブ(narrative)ってなに?

一方的に色々お伝えしてきましたが、村山さんが聞いておきたいことはありますか?

こんな新しい仲間を探しています!

ーありがとうございます笑
アディッシュに興味がある方、アディッシュで働きたいかも!と思っている方に読んでもらいたいので、どんな方に応募してほしいか、教えてもらえますか?

加藤:「常にチャレンジしたい!」と心の底から思っている人にジョインしてほしいですね!その人が語るメッセージが心の底からのものなのかは、会話すればわかります。なので、できる限り多くの方と会話していきたいと思っています。

たくさんスキルを持っていることは素晴らしいですし、実績も出していることが理想ではありますが、これから成長するために努力を惜しまない方に来てほしいなと思っています。
今回の募集は、さらにアディッシュを成長させることが目的です。そのためには、「あれもこれも教えてほしい!」という受け身のスタンスではなく、入社する前に習熟しておいてほしいと思っています。
教えることが増えてしまうと、既存のメンバーが顧客への接点に使う時間が減ってしまいますしね。

また、一番は顧客の方を向いた考え方、顧客の成長・成功のために意見や議論ができる方を歓迎します!
もし、希望があれば、1次面接からわたしが面接しますので、ぜひ、ご応募楽しみにしています!

加藤さん、ありがとうございました!

ぜひ、このインタビューを読んで、一緒に活躍したいと思った方、ご応募お待ちしております!

アディッシュ株式会社's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings