1
/
5

キーワードは「安心感」コインチェックのリファラル成功事例vol.1

今回は、リファラル制度を利用した採用成功事例をご紹介します!

この記事では、リファラルで入社してくれたメンバーはもちろん、
紹介した側の目線も大公開しちゃいます👀
入社を決めたYさん、Yさんを紹介してくれたFさん、お二人のお話をお伺いしてみました。

採用コンサルとしてご一緒していただいている、採用モンスターズのおっしーさんが
インタビュアーとして参加してくれています。
Yさんが入社に至るまでの経緯や、Fさんのリファラル術など...盛りだくさんの内容となっております🤝

正直、リファラルって

  • どのように声をかけていいのか分からない…
  • 紹介したい人はいるけど、タイミングなどが難しい…

このような方々も、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!



リファラルのキッカケ

Q. まずは、Yさんを誘ってみようと思ったきっかけは何でしたか?

Fさん
入社してから、担当のシステムを触っている時に色々な問題が見つかりまして…。
これは一から手を動かさなければマズいけれども、一人で作り直すのは難しいと悩んでたんです。
そこでふと思い浮かんだのが、Yさんでした。頭の中に真っ先に浮かんだことがキッカケですね。

おっしーさん
誰かが必要だ!と思った時に、Yさんのことが真っ先に浮かんだんですね!

Q. Yさんとは、前職でも一緒に働いていましたか?

Fさん
元々は僕が上司でした。でも、前職を辞めてからの方が一緒に飲みに行ったりとかそういうのが増えて、退職後から良い関係になっていきましたね。

おっしーさん
退職後に飲みに行くことが増えるのって珍しいですね!

Fさん
実は、退職後も前職の仕事を手伝っていて、ちょこちょこオフィスに行くことがあったんです。それをキッカケに飲みに行くようになりましたね。
ぶっちゃけ、一緒に働きたいという
下心を抱えてました…笑

Q. Yさんはどんなタイミングで声をかけられたんですか?

Yさん
何回か声をかけてもらっていた気がします。SNSでもつながっていたので、定期的に連絡はもらってました。
「うちおいでよ!」みたいに直接的ではなかったんですが、「ポジションあるよ〜」みたいな感じでライトに声をかけてくれて。
でも、最初に声をかけられたときはタイミングが悪くて転職できる状況ではなかったんですよね…。

おっしーさん
転職できなかったのはプロジェクトの都合ですか?

Yさん
すごく個人的なことですが、住宅を買って、ローンを借りられるまでは転職できないと思って…笑

おっしーさん
Fさんは、そこまで把握してたの!?笑

Fさん
そうですね、薄々。笑
転職しにくいっていう時期がもうすぐ終わるだろうなというタイミングを見計って、3〜4ヶ月程度、会う度に声をかけてました…笑

おっしーさん
ポイントは、「会う度に声をかける」ですね!笑

Yさん
そうですね。笑
落ち着いてきた頃に、転職ドラフトで転職活動をしてるって言ったら、もう一度声をかけてくれて。
じゃあ受けてみようかなって気持ちになりました。



Q. 2人の関係性は?

おっしーさん
一緒に働いていてよかったエピソードとかありますか?

Fさん
とにかくずっと大変でした。戦友みたいな感覚が近いですかね、いろいろ助けてもらったな、と。
Yさんは、前職で大きなプロジェクトを担当していて。その後に入る会社なら新規開発とかやってみたいだろうなという気持ちはなんとなく感じてました。
それもあって、「デカいプロジェクト一緒にやらないか?」って誘ってみたんです。彼が来てくれたら間違い無いというのは確信していたので。

おっしーさん
本当にすごい信頼ですね!上司からこう言ってもらえることってなかなかないと思うので。
Yさんも、Fさんとは良い関係を築いている感覚はありましたか?

Yさん
そうですね。
僕、社交的じゃないので普段知り合いと二人きりで飲みに行くことあんまりなくて…笑
それでもFさんは二人で飲みにいける仲でした。数少ない友人の一人ですね。

おっしーさん
それはFさんも嬉しいですよね。
愛しかないエピソード!笑
入社後の今でも飲み行ったりしてるんですか?

Fさん
今はコロナなのであまり飲みに行ってないのですが、落ち着いてきたら行きたいなと思ってはいますね。



Yさんがコインチェックを選んだ理由

Q. Yさんの転職軸とは?

おっしーさん
Yさんは業界未経験だったんですよね?

Yさん
業界は違いますね、前はIoTの分野にいました。
でも、エンジニアという観点だと、「業界を変えた」という意識は特にないかもしれません。
それに、前から仮想通貨を持っていたので、興味のある分野だったんです。

おっしーさん
なるほど、それでFさんに声かけられて受けてみようとなったんですね。
Fさんに誘われたことも相まって、コインチェックは第一志望でしたか?温度感とかは?

Yさん
一応、転職ドラフトで何社か声をかけられてましたが、そこは受けずにコインチェックだけを受けました。転職ドラフトでもらっているオファーよりもコインチェックが一番良いなと感じたので。
あとは、Fさんがいるから安心だなと思ったことも大きいです。
入社してからも、聞いていた話と違ったな〜っというギャップは全然ないですね。

おっしーさん
確かに、リファラルの一番の魅力は安心感ですよね!



Q. コインチェックの選考プロセスは?

Yさん
最初は、夜にFさんと現場の方と食事に行きました。リファレンスチェックを挟みながら、面接は2回ありましたね。
その中でも、食事会は結構良かったな、と。どういう方が働いているのか雰囲気が分かったので、すごく良い印象を受けました。それで意欲が上がった気がしますね。内定もらえるなら入社したいなと思いました。

おっしーさん
内定もらえたら入社したいと思ったってすごい事だと思うんですが、何か迷いとかは無かったですか?

Yさん
コインチェックのアプリはもともと使っていたので、それを良くしていくのは楽しそうだなと思いました。自分が使っているアプリの開発をしたい、というのは転職の時も思っていて、その軸に当てはまっていて。
なので、特にこれといった迷いは感じませんでした。

おっしーさん
迷いがないって素晴らしいですね!
逆にFさんはどんな感じでコインチェックのことを伝えていたんですか?

Fさん
エンジニアが創業した会社なので、エンジニアの意見が通りやすいという話はしたと思います。
あとは、フレックスタイム制で、コアタイムが12:00~15:00だから朝寝坊しても大丈夫だよとか。
リモート体制において、モニターとか送ってもらえるとか。
そういう制度が充実してる話だったり。
リフレッシュ休暇という有給とは別の休暇もあるよっていうのを吹き込んでいたような感じです。
振り返ってみると主に働きやすさを伝えていますね。笑

おっしーさん
人事並みに福利厚生の説明ができてますね!笑
紹介した手前、Yさんが内定にならなかったらどうしよう…みたいな不安はありましたか?

Fさん
Yさんに関しては、その不安はなかったです。
逆に、Yさんに来てもらうにはどうすれば良いか、ということだけを考えてました。
普段からまめに連絡を取って、色々と吹き込んだり。笑

おっしーさん
やっぱり、会う度に誘ったり、まめに声をかけたりっていうことがリファラルの肝なんでしょうね!


入社後について

Q.入社後の定着について

おっしーさん
やっぱりリファラルだと、入社後の定着も早かったりしましたか?

Fさん
そうですね、入ってからすぐ自走してくれていました。本当にフォローも必要ないくらい。笑
周りの人とも馴染むのが早くて、ずっと前からいたような雰囲気が漂ってました。

おっしーさん
他社だと、上司が仲良い人を連れてくると、周りが気を遣ったりする話を聞きますけど、それはどうでした?

Fさん
それは、感じなかったですね。
入社のタイミングがコロナ禍だったので、みんなリモートっていう環境もあるかもしれないですけど。
逆に良いチームビルディングのきっかけになったかもしれないです。

Yさん
確かに、そんなに違和感なかったですね。zoomでご挨拶して、初めまして〜っていう感じで。

おっしーさん
周りとも馴染むのが早かったってことですし、周りの方もリファラルだからこそ安心して受け入れられたのかもしれないですね!

Fさんのリファラル術

Q. ズバリ、Fさんのリファラル勝率はどのくらい?

Fさん
今のところ、リファラルで紹介した人は2人なので、実質100%です。笑

おっしーさん
100% !? 完全に狙い撃ちですね!笑

Fさん
この人なら行けるだろうって人にしか声をかけなかったので。笑

Q. リファラル推進における良いアイディアは?

おっしーさん
採用費がかからないだけではなくて、信頼関係の面でもリファラルって良いと思うんです。
今後のリファラル活動を推進していく中で何か良いアイディアありますか?

Fさん
また一緒に働きたいと思う人がいればちょくちょく連絡して飲みに行ったり、関係をキープしておくのが良いと思います!
あとは副業等で、色々な繋がりを持っておくこととか。その中で一緒に働きたい人を見つけることもできるかなって。

おっしーさん
腹を割って話せるからこそ、飲みに行くことって大事ですよね。
キャリア相談に乗ってあげるのも良さそうな気がするんですけど、Yさんもそういうのありましたか?

Yさん
そうですね、大きい仕事が終わってひと段落した頃に退職が続くタイミングが重なって…。
恐ろしい量の業務を一人で見るのが大変な時期でした。その時に相談に乗ってもらえたのは、僕的にもすごく助かったので。

おっしーさん
やっぱり、まずは飲みニケーションから入って誘うのが王道ですかね?笑

Yさん
そうですね、それ以外あまりないんじゃないかなと思います。笑

Fさん
あとは、一緒に働いた実績って重要だと思うんですよ。ある程度わかっている人じゃないと誘いづらいなという感じがするので…。

おっしーさん
ちなみに、Fさんはまだまだ一緒に働きたい人は周りにいますか?

Fさん
何人かいますけど、今はタイミングが合わない気がしています。
ちょいちょい最近どう?って聞いたり、飲みに行ったりして、コンスタントに情報を仕入れています。笑

おっしーさん
Fさんってタイミングも把握してるところがすごいですよね!笑
通常だと一回誘って断られたら、もう誘うのやめようってなっちゃうことが多いと思うし…。

Fさん
一回誘って、全然ダメなのか、タイミングが合わないのか、2パターンがあると思うんですよね。
興味ないって言われたら深追いはせず。
タイミングが合わないのであれば、ちょくちょく連絡して時期を見計ってリベンジできますし。
ロックオンした相手だったら月1で飲みに行ったりしてますね。笑

おっしーさん
タイミングが悪い場合は理由を聞いたりするのも大事かもしれないですね。優秀な人だとプロジェクトに入っちゃって、抜けられないタイミングとかもありますもんね。

Fさん
そうですね、それは聞いてみないと分からない事ですからね。

おっしーさん
一緒に働いたことがあって、また一緒に働きたいなと感じる人と
定期的に連絡をとる!そして飲みに行く!
一度誘って断られても、状況やタイミングを見てコンスタントに声をかける!

これがリファラル成功の秘訣ですね!



Q. コインチェックの魅力とは

おっしーさん
コインチェックに誘うとしたら、一言で会社の魅力をどう伝えますか?

Fさん
「ちゃんと結果を出せば評価してもらえる、エンジニアにとって働きやすい会社」
だと思いますね。

Yさん
Fさんが言っているように、結果を出したら評価してもらえるというのはすごく響くと思います。

おっしーさん
Yさんは実際に入社してみて、それを実感しましたか?

Yさん
そうですね、評価はちゃんとしていただけるな、と思いました。
どんなに結果を出しても評価されない、給料が上がらないってことはざらにあると思うんですけど、
コインチェックはそんなことなかったですね。

おっしーさん
「頑張ったら評価してくれる会社」
パッと伝えやすいし、とても素敵だと思います!

Fさん、Yさん、お忙しい中ありがとうございました!

コインチェックではリファラル採用の強化に向けて、社内協力体制を絶賛構築中です💪
まずは、気軽な気持ちで紹介できる環境であるために
そして、安心感を持って選んでもらえる環境であるために。
まだまだできることがたくさんあると思っています!

社内での取り組み事例や、施策など、今後も発信していく予定ですので
次回もお楽しみに〜!!

コインチェック株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings