1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

お金には代えられないボランティア活動

「どうしてそんな一文の得にもならないことをするのか」と言われることがあります。私はボランティア活動をしていますが、それを知人や友人に話したときにたいていこうした言葉をかけられます。

確かに、ボランティア活動はあくまで自発的に慈愛の心で支援を行うことですし、見返りを求めるようなことはありません。対価をいただくとなるとそれはもはや支援活動とは言えずただのアルバイトになってしまいます。お金をまったくもらえないにも関わらずそのような活動を続けていることを理解できない、という人は意外に少なくありません。

確かにボランティア活動をしてもお金はもらえません。それどころか自分で交通費を出して現地まで行くことが多いですし、活動に必要な道具などを自分で揃えることもあります。人から見るとどうしてそのような得にならないことをするのか、お金にならないことをするのか疑問でならないのかもしれません。しかし、ボランティア活動でしか得ることができないものがあることも事実ですし、お金を貰う以上に素晴らしい経験をすることもできるのです。

ちっぽけな自分一人の力で誰かの役に立てると考えたらこんなに素晴らしいことはないと思います。世の中には学校に行きたくてもいけない人もいますし、貧困に苦しんでいる方、高齢で体を動かすのもままならない方もいます。また、地域振興や活性のためのイベントなのに運営スタッフが少ないということもあります。このような時に自発的なお手伝いをすることが支援活動です。自分たちの行動一つで社会や人の役立つことができますし、お金には代えられないものがあります。

1 Likes
1 Likes