1
/
5
自治体DX推進、公式HPの企画
Mid-career
on 2021-03-05 590 views

リアルなまちづくり連動、住民目線に立った自治体DXの推進、公式HPの刷新

株式会社イツノマ

株式会社イツノマ members View more

  • 東京生まれ、東京育ち。大学進学に際し、関西に興味をもち関西学院大学に進学
    卒業後、化粧品の株式会社ポーラに就職、新規事業開発部を希望し配属され、キャンディー(MINTIAなど)の企画マーケティング。
    1992年、CI・VI・経営・マーケティングのコンサルティング会社に転職、ホンダ、ソニー、マツダ、西武百貨店などをクライアントに、全国6,000サンプルの価値観・ライフスタイル調査を多変量解析したマーケットセグメンテーションをベースにしたマーケティングコンサルティングを中心に実施。
    1994年、新潟県上越市に家族で移住(長男も上越生まれ)、常駐し、当時国内最大規模となる敷地約45,000坪(...

Why we do

  • 高齢者のみなさんとタブレット体験会
  • 都農中学校の帰りに立ち寄る中学生とイツノマメンバー

都農町の人口は10,000人。
人口減少は加速し、高齢化は40%近く。
2040年には老年人口>生産労働人口に。

町内唯一の高校は閉校に。
中学校も一校だけ、約240人の中学生。

農業は後継者不足、商工業は町外の大型店へ客足が。

都農町に限らず、全国的な地方の課題であり
一番大きく言えば日本が抱える課題です。

考え方を変えれば、日本が世界の課題先進国なら
都農町は日本の課題先進町。
つまりは、都農町で、課題解決の実例をつくれば
日本のみならず、世界の先駆けとして貢献できるかも。。

そんな思いをビジョンに掲げ、
イツノマとしては、目の前の一人ひとりに
向き合いながらまちづくりを進めます。

具体的には40%近くをしめる高齢者と
町内唯一の中学校

高齢者に孫世代がデジタルを楽しく、やさしく
伝えていけば、高齢者が再び社会の戦力になることに。

中学生に徹底して仕事の楽しさとオンラインでの
可能性を伝えていけば、中学生起業家が生まれることに。

イツノマは「場づくり×デジタル推進×キャリア教育」を通して
1万人の町を元気に、豊かにするPUBLIC LIFE DESIGNを目指します。

Highlighted stories

「廃校活用×サーキュラーエコノミー」を議論、まちづくりを学び合う修学旅行(京都の高校生×都農町の小・中学生×東京の社会人)
都農町デジタル・フレンドリーが、グッドデザイン賞BEST100を受賞しました。
イツノマがForbes JAPANで掲載されました。
Other users cannot see whether or not you're interested.
2 recommendations
Company info
株式会社イツノマ
  • Founded on 2020/01
  • 10 members
  • 宮崎県児湯郡都農町川北4822-1 YARD1927
  • リアルなまちづくり連動、住民目線に立った自治体DXの推進、公式HPの刷新
    株式会社イツノマ