Discover companies you will love

  • まちづくりの事業開発・経営企画
  • 52 registered

まちづくりスタートアップ、1万人の町で一緒に経営戦略づくり・新規事業開発を

まちづくりの事業開発・経営企画
Mid-career

on 2021-02-17

2,612 views

52 requested to visit

まちづくりスタートアップ、1万人の町で一緒に経営戦略づくり・新規事業開発を

Mid-career
Mid-career

Share this post via...

Keibun Nakagawa

東京生まれ、東京育ち。大学進学に際し、関西に興味をもち関西学院大学に進学 卒業後、化粧品の株式会社ポーラに就職、新規事業開発部を希望し配属され、キャンディー(MINTIAなど)の企画マーケティング。 1992年、CI・VI・経営・マーケティングのコンサルティング会社に転職、ホンダ、ソニー、マツダ、西武百貨店などをクライアントに、全国6,000サンプルの価値観・ライフスタイル調査を多変量解析したマーケットセグメンテーションをベースにしたマーケティングコンサルティングを中心に実施。 1994年、新潟県上越市に家族で移住(長男も上越生まれ)、常駐し、当時国内最大規模となる敷地約45,000坪(140,000㎡)で大型商業集積「上越ウイングマーケットセンター」の企画開発、運営に携わる。新潟県長岡市でも同じコンセプトの「長岡ウイング」を企画開発、運営。 1999年より、まちづくりにつながる「事業企画」「建築設計」「店舗運営」を実践するUDS株式会社(当時 株式会社都市デザインシステム)に入社、2003年より代表取締役として経営および人事責任者として、採用(累計面接人数約10,000人)・1on1マネジメント(年間約300時間を社員と個人面談)・研修・評価制度・給与制度・社内コミュニケーションを企画、マネジメント。 経営と並行して、建築企画、プロデューサーとして「コーポラティブハウス」「キッザニア東京」「神保町ブックセンター」「INBOUND LEAGUE」など住宅・商業・子ども施設・ブックカフェ・コワーキングスペースの事業企画・デザインディレクション・運営立ち上げを実践 ・地方創生コーチとして、地方自治体・企業と一体になって地域活性化プロジェクトの企画 2020年、計画通り、若手人材に経営後任を託し、社長退任 一年前よりUDS株式会社として携わっていた宮崎県都農町のまちづくりを、本格的、集中的に実施したく、東京より単身移住、起業して株式会社イツノマを設立。 新卒以来、30年以上、ブレない軸としては「仕事を楽しむ」こと。自信があることは面白がり力。一貫して、新規事業やベンチャー・スタートアップに身を置きつつ、これからの地方創生・地方自治体の活性化には、ベンチャースピリット、スタートアップのスピード感が必要と確信しています。 キッザニア東京の立ち上げがきっかけで、以後、副業的に中高生のキャリア教育を推進。全国の中学校、高校、大学で積極的に講義、講師をつとめてます。 会社でも新卒採用を積極的に推進、説明会、最終面接は必ず直接自分がお会いしてお話ししてきました。

株式会社イツノマ's members

東京生まれ、東京育ち。大学進学に際し、関西に興味をもち関西学院大学に進学 卒業後、化粧品の株式会社ポーラに就職、新規事業開発部を希望し配属され、キャンディー(MINTIAなど)の企画マーケティング。 1992年、CI・VI・経営・マーケティングのコンサルティング会社に転職、ホンダ、ソニー、マツダ、西武百貨店などをクライアントに、全国6,000サンプルの価値観・ライフスタイル調査を多変量解析したマーケットセグメンテーションをベースにしたマーケティングコンサルティングを中心に実施。 1994年、新潟県上越市に家族で移住(長男も上越生まれ)、常駐し、当時国内最大規模となる敷地約45,000坪(14...

What we do

1 グランドデザイン作成 理想の未来をわかりやすく見える化 町民との20回以上のワークショップを経て、パッと見てわかる未来の姿をデザイン 町の課題を解決するアクション100を提案、「つの未来ブック」を全世帯に配布 ①ワークショップ まちづくりの主役である住民のニーズやインサイトを引き出し、「実現させるためには?」を問いかけるワークショップ A レゴ®︎シリアスプレイ®︎ レゴ社とMITメディアラボが創ったプログラム。レゴブロックを活用して創造的で革新的、かつリアルタイムに創ることができるプログラムを認証ファシリテーターとして実践。 B フューチャーランゲージ 慶應義塾大学SFCの井庭崇教授が研究する「パターン・ランゲージ」(よい設計や実践の本質、コツを言語化)をベースに、未来ヴィジョンや理想の未来像を小さな単位で言語化し、共有する手法。 2 こども参画まちづくり こども・若者が当事者としてまちづくりに参画するしくみづくり ①つの未来学 都農町内唯一の中学校、都農中学校の総合学習の時間を各学年、年間24時間使ってまちづくりをテーマに探究・提案を行う。2021年には「気候変動対策」をテーマに中学生が出したアイデアがきっかけとなり、都農町として「ゼロカーボンタウン宣言」を表明。「自分たちのまちは自分たちで考える」をコンセプトにプログラム企画・実施を続けている。2024年度から、町内の小学校3校でも開講。 ②Green Hope 都農町「ゼロカーボンタウン宣言」をきっかけに結成された小学生のゼロカーボン推進チーム。毎週水曜日の放課後、2時間を使って「木と花を植える」をコンセプトに、議会や町内に対してゼロカーボン施策を提案している。2022年度には、町議会に対し木と花を植えるための予算100万円を提案、全会一致で可決されている。 ③まちづくり部 2023年5月にスタートした、中学生の地域クラブ「まちづくり部」。現在、中学1年生5名が部員として、週4日活動。まちづくりとAIをテーマに、未来の都農町について企画をつくっている。毎月開催している「みちくさ市」では、出店者としてオリジナルの飲料や菓子、ゲームを企画・販売して「稼ぐ」経験も楽しんでいる。 ④みちくさ市 GreenHopeが主催者の一角として、「花とみどりで商店街を元気に」をコンセプトに、商店街の空き地で毎月1回、イベントを開催。①のつの未来学では、2年生が「みちくさ市」の会場を常設広場にするとしたら何があったら行きたいか?をテーマに企画し、町長や教育長に提案を実施している 3 空き家・廃校活用 建築・不動産の企画・デザイン・運営まで ①YARD1927 商店街の入口に位置する、築93年の旧歯科医院を町内初のコワーキングスペースとして、リノベーション、イツノマの本社所在地。イツノマは運営も担当。現在は、オフィスに加え、中学生の地域クラブ「まちづくり部」の部室としても活用。放課後は、大人と子どもで賑やかな場となっている。 ②BUNMEI 商店街の中心に位置する、築91年の金物屋を多世代交流サロンとして、リノベーション。1Fは、イツノマが政策提言した「デジタル・フレンドリー事業」の運用の場として、全世帯に配布したタブレットの使い方がわからない高齢者がいつでも無料で聞きに来れるITヘルプデスク機能をもたせている ③HOSTEL ALA 約5,000㎡の耕作放棄地にある2件の空き家と1台のトレーラーをリノベーション。20床の宿泊施設をイツノマが直営。「まちづくりホステル」をコンセプトに、町内外の人たちが出会い交流を促す場として運営しています。多拠点生活サービスのADDressと提携、ワーケーションニーズを中心に誘客。 【スタディツアー】 定期的に高校や企業のまちづくりスタディツアーを催行。廃校や空き家など地域課題をコンテンツに、町内の小中学生と一緒に解決案を考え、町の人に提案するプログラムを実施。 (ツアー実績) 新渡戸文化高校(東京)、日吉ヶ丘高校(京都)、東京大学(地方創生コンソーシアム)、関西学院大学(社会起業学科)、立教大学(観光学部)、海士町(島根県)、サントリー、三菱重工グループなど 【ALAガーデン】 Hello New One!をコンセプトに毎月開催。5,000㎡の敷地を活用、都農ワインを楽しみ、新しいコトを起こしたい人が集まる場づくり。ゲストを呼んで新規事業やまちづくりを話し合う「まちづくりカレッジ」も同時開催。県外からのツアーゲストも招待、ホステルに宿泊し夜までゆっくり語り合える企画。

What we do

1 グランドデザイン作成 理想の未来をわかりやすく見える化 町民との20回以上のワークショップを経て、パッと見てわかる未来の姿をデザイン 町の課題を解決するアクション100を提案、「つの未来ブック」を全世帯に配布 ①ワークショップ まちづくりの主役である住民のニーズやインサイトを引き出し、「実現させるためには?」を問いかけるワークショップ A レゴ®︎シリアスプレイ®︎ レゴ社とMITメディアラボが創ったプログラム。レゴブロックを活用して創造的で革新的、かつリアルタイムに創ることができるプログラムを認証ファシリテーターとして実践。 B フューチャーランゲージ 慶應義塾大学SFCの井庭崇教授が研究する「パターン・ランゲージ」(よい設計や実践の本質、コツを言語化)をベースに、未来ヴィジョンや理想の未来像を小さな単位で言語化し、共有する手法。 2 こども参画まちづくり こども・若者が当事者としてまちづくりに参画するしくみづくり ①つの未来学 都農町内唯一の中学校、都農中学校の総合学習の時間を各学年、年間24時間使ってまちづくりをテーマに探究・提案を行う。2021年には「気候変動対策」をテーマに中学生が出したアイデアがきっかけとなり、都農町として「ゼロカーボンタウン宣言」を表明。「自分たちのまちは自分たちで考える」をコンセプトにプログラム企画・実施を続けている。2024年度から、町内の小学校3校でも開講。 ②Green Hope 都農町「ゼロカーボンタウン宣言」をきっかけに結成された小学生のゼロカーボン推進チーム。毎週水曜日の放課後、2時間を使って「木と花を植える」をコンセプトに、議会や町内に対してゼロカーボン施策を提案している。2022年度には、町議会に対し木と花を植えるための予算100万円を提案、全会一致で可決されている。 ③まちづくり部 2023年5月にスタートした、中学生の地域クラブ「まちづくり部」。現在、中学1年生5名が部員として、週4日活動。まちづくりとAIをテーマに、未来の都農町について企画をつくっている。毎月開催している「みちくさ市」では、出店者としてオリジナルの飲料や菓子、ゲームを企画・販売して「稼ぐ」経験も楽しんでいる。 ④みちくさ市 GreenHopeが主催者の一角として、「花とみどりで商店街を元気に」をコンセプトに、商店街の空き地で毎月1回、イベントを開催。①のつの未来学では、2年生が「みちくさ市」の会場を常設広場にするとしたら何があったら行きたいか?をテーマに企画し、町長や教育長に提案を実施している 3 空き家・廃校活用 建築・不動産の企画・デザイン・運営まで ①YARD1927 商店街の入口に位置する、築93年の旧歯科医院を町内初のコワーキングスペースとして、リノベーション、イツノマの本社所在地。イツノマは運営も担当。現在は、オフィスに加え、中学生の地域クラブ「まちづくり部」の部室としても活用。放課後は、大人と子どもで賑やかな場となっている。 ②BUNMEI 商店街の中心に位置する、築91年の金物屋を多世代交流サロンとして、リノベーション。1Fは、イツノマが政策提言した「デジタル・フレンドリー事業」の運用の場として、全世帯に配布したタブレットの使い方がわからない高齢者がいつでも無料で聞きに来れるITヘルプデスク機能をもたせている ③HOSTEL ALA 約5,000㎡の耕作放棄地にある2件の空き家と1台のトレーラーをリノベーション。20床の宿泊施設をイツノマが直営。「まちづくりホステル」をコンセプトに、町内外の人たちが出会い交流を促す場として運営しています。多拠点生活サービスのADDressと提携、ワーケーションニーズを中心に誘客。 【スタディツアー】 定期的に高校や企業のまちづくりスタディツアーを催行。廃校や空き家など地域課題をコンテンツに、町内の小中学生と一緒に解決案を考え、町の人に提案するプログラムを実施。 (ツアー実績) 新渡戸文化高校(東京)、日吉ヶ丘高校(京都)、東京大学(地方創生コンソーシアム)、関西学院大学(社会起業学科)、立教大学(観光学部)、海士町(島根県)、サントリー、三菱重工グループなど 【ALAガーデン】 Hello New One!をコンセプトに毎月開催。5,000㎡の敷地を活用、都農ワインを楽しみ、新しいコトを起こしたい人が集まる場づくり。ゲストを呼んで新規事業やまちづくりを話し合う「まちづくりカレッジ」も同時開催。県外からのツアーゲストも招待、ホステルに宿泊し夜までゆっくり語り合える企画。

Why we do

【ミッション|人からはじまるまちづくり】 これは創業以来、ブレずに。 まちづくりには、お金、ハード、政策と必要なものはたくさんあるけれど、すべてのスタートは人。 キーワードは「あ!いいこと思いついちゃった」。 言い出しっぺが地域を変える、と信じて。 ちなみに、イツノマのロゴ、最初にイを人に見えるようにしてます。 【なぜやるのか】 ①過疎地の課題 高齢者40%の町にとって、おのずからまちづくりプレイヤーも高齢者が多いため、未来志向で考えることが現実的でなかったりします。 2つめの課題は、プレイヤーとしてのまちづくりの担い手が少ない(いない)こと そして3つめの課題は、いまのこどもたちが大人になってからUターンをする可能性がきわめて低いということ。 これらを解決するために、こどもがまちづくりの体験ではなく当事者として参画することで、「未来志向」「担い手確保」「Uターンの動機づけ」になると考えています。 一方、こどもにとって、まちづくりに参画するメリットは、総合的・探究的な学びにつながること。 2つめは自らコトを起こし、人やまちを動かす起動力が養えること。 3つめはいろいろな大人との交流を通して多様性が身につくことです。 いままで分断されがちだったまちづくりと教育を重ね合わせることにもつながっていきます。 ②人口減少を自分ごとに よくある右肩下がりの人口減少グラフをみていても「減っていくな」ぐらいしか感じず、ほぼ思考停止、自分ごとにはなりにくいのではないでしょうか? ぼくらは町に対し、現時点の小学6年生89人をターゲットに、実際何人が町内唯一の中学校に進み、何人が大人になっても町に住み続け、さらに町で働くのか、を自ら記入するワークシートをつくり、自分ごととして考えるきっかけづくりを提案しています。 ぼくが当事者に聞く限り、いまの28歳の学年は、同級生110人いる中で、町に住み、働く人は5人です。20代前半だと1人いるかどうかという状況なのです。 ぼくらは、このようにリアルなファクトベースで共通認識をもったうえで課題に向き合います。 ③Uターンしたくなるまちづくり 愛着教育や人のつながりだけでは、Uターンには至りません。必然をつくる必要があります。 いま、なぜUターンをしないのか、その最大の理由は仕事がないことです、厳密にいえばやりたい仕事がないこと。もうひとつは、まちが退屈、つまらない、ダサいこと。 なので、必然をつくるためには、自分で仕事をつくれることやまちを変えれる原体験が必要です。 以上の背景を踏まえて、ぼくらは、未来を主体的に変革していくための手段として、「キャリア教育」「まちづくり教育」「小中学校の魅力化」の3つの切り口で考え、実践しています。

How we do

【イツノマのスタイル】 ミッション、ビジョンを踏まえて、日々の行動基準のようなもの、わかりやすくいうとイツノマっぽさを3つ、決めています。 ①Be Positive , Do Positive Be Positive、つまりポジティブであるために下記の行動を推奨しています。 ・全体感を見る ・客観的に振り返る ・アウトプットを増やす ・語尾をチェックする ・ポジティブな人と過ごす Do Positive、つまりポジティブな行動をするためには、一言で言うと、成果を出してほめられやすい環境をつくることです。 ・複数の目標を立てる ・誰のためにやるか決める ・簡単なことから高品質にやる ・ほめてくれる人を見つける ②いつの間に?のスピード感 2つめは、社名の由来そのものになるんですが。。 やはりイツノマだけに、「いつの間に?」って言われるぐらいのスピード感は売りにしたいし、日々メンバーに求めていることでもあります。 ごくたまにイツノマが外部から褒められることがあるとしたら、たいてい、ポジティブ以外はスピード。 単純にして最強。だと思ってます。 ③つまらないことも面白く 3つめは、慶應義塾大学SFCの井庭崇さんと一緒につくった拙著『おもてなしデザイン・パターン』の13個目のパターン・ランゲージ「面白がり力」をベースに。 過疎地のまちづくりは、思ってる以上にうまくいかないことが多く、論理的にはたどりつけない理由で否決・批判をされたりもします。 ぶっちゃけ、決して面白みの多くない仕事も多いのですが、だからこそ、自分なりの面白いポイントを見出していこうぜ!っていう、単なる精神論 笑。 でも、こどもたちとの接点が多いだけに、ここは重要。 トムソーヤ(イツノマのロールモデルです)を見習って、大人が楽しげに、面白がっていれば、こどもたちもそうなってくると信じて。 【社内イベント】 ①まちづくりゼミナール 毎週月曜日の夜、2時間かけて全員で探究する時間をもうけています。テイクアウトで夜ご飯を一緒に食べながら、各自が考えてきた問いを投げかけ、考えます。過疎地のまちづくりに正解はなく、過去にあまり成功実例もありません。なので、社長も大学生も、正解がわからないという点では一緒です。常に、自分たちはなぜ都農町にいるのか、なにがやりたいのか、それは誰のためなのかなど、一人で悶々としがちな難しい課題を、いろいろな立場から率直に意見を言い合うことで、視野が広がったり考えが深まればいいなと思って続けています。 イツノマに来る大学生インターンは、休学している人も多いため、休学のきっかけとなりがちな就活や今後のキャリア、やりたいことについても、毎週のようにテーマにあがります。都市で働くのがいいのか、地方で働くのがいいのか。大企業かベンチャーか。やりたいことと、やるべきこと、できることのバランスは。起業は選択肢に入るのか。などなど、これからの働き方に関わる重要な問題についても、オープンに楽しく話し合う習慣をもちたいなと思ってやっています。 ②100万円カイギ イツノマは、設立4年目のベンチャー。町に大きな仕事があるわけでなく、安定収入もありません。従って、社長、社員、インターンにかかわらず、常に「どうやったら儲かるか」を考えて仕事をしていく環境です。とはいえ20代中心の若い会社なので、経験や知識が不足しがち。毎週水曜日の朝、2時間かけて、年間100万円の利益が見込める事業提案をしています。 簡単なコンセプトシート(誰に、どんな価値を、どうやって届けるか)と、投資・売上・費用・利益の収支計画を持ち寄って、お互いに提案しあっています。すぐに成果が出る内容ではありませんが、日常的に事業を考え、利益を追求するマインドを高めていきたいなと思ってやっています。 ③まちづくりカレッジ 毎月1回、地方やまちづくりに関心のある人向けにオンラインサロン「まちづくりカレッジ」を開催しています。水曜日20時から約2時間。イツノマが実践している都農町まちづくりのアップデートと、毎回まちづくりのテーマを定めてプレゼンし、参加者と双方向で意見交換を。 自分たちが実践しているまちづくりが井の中の蛙にならないよう、町外、社外の目線でどううつるかを確認したいという趣旨と、いろいろな町の実情や取り組みを共有できるため、ちょっとした社内まちづくり研修にもなればいいなと思ってやっています。

As a new team member

昨年3月に代表の中川が東京から移住して起業したイツノマ。 都農町で2人からスタート、その後、20代中心に7人が移住して メンバーに加わりました。 初年度は、「場づくり」「デジタル推進」「キャリア教育」の 3つの事業領域のベースをつくり、僅かながら利益も出して 4月からの2年目を迎えます。 4月からは、都農町出身の新卒2名が加わります。 新卒が都農町で働き、成長していくことができる会社になるために 今後、どの事業に注力し、どんな新規事業にチャレンジしていくのか、 いまあるリソースを最大限活用するための戦略づくり、などなど。 40%の高齢化率、若者流出がつづく縮小マーケットで生き残るのは 並大抵の努力では難しいかなと実感してます。 ただし、テレワーク、ワーケーションの浸透により、 地方にもチャンスが増えていることもこの一年で実感。 今後、この一年で企画・制作した町の公式ホームページをはじめ、 宮崎大学医学部から受託しているローカル健康メディア、 まちづくりメディアを運用していけるチャンスです。 アナログな場づくり、都農中学校と一体になったキャリア教育とあわせて、 町にとっても、会社にとってもハッピーな企画を大量に創り、 積極果敢に、チャレンジしていきたいと考えています。 起業や新規事業、経営、企画全般に関心をもっている人。 将来的に地元や地方にU・Iターンし、まちづくり起業したい人。 ここ都農町で、代表の中川と一緒にスタートアップ経営を 実体験したい人、ぜひともご連絡、お待ちしています。
2 recommendations

2 recommendations

What happens after you apply?

  1. ApplyClick "Want to Visit"
  2. Wait for a reply
  3. Set a date
  4. Meet up

Company info

Founded on 01/2020

4 members

宮崎県児湯郡都農町川北4822-1 YARD1927