1
/
5

【繋ぐ#3】修繕工事だけが正解じゃない?最適な不動産運営をするために/新卒・技術統括部マネージャー

Photo by Sven Mieke on Unsplash

みなさん、こんにちは。ザイマックス人事部のスワです。
今日もやっていきます!!!!

※繋ぐ!企画とは。
インタビューする人を、人事部で決めるのではなく、インタビューをされた社員に紹介してもらう企画。
当社は、部署間、グループ会社間の壁はなく、上下関係も非常にフラットなので、いろんな人にインタビューできるのではないかと思っています。


以前、インタビューをした帆足さんからバトンが回されたのは、この方です!

■濵﨑さん
2010年新卒入社。建築学科出身。施工管理、事業企画部を経て、現在は技術統括グループマネージャー。帆足さんとは、、帆足さんがプロパティマネジメントとして担当されていた案件で初めてお会いしたとのこと!


帆足さんのインタビュー記事はこちら!


Q.ザイマックスグループに入社した経緯

建築学科にいたんですけど、私はあまり設計が好きじゃなくて笑
どの方面に進もうかなと考えていた時に、大学でLCC(ライフサイクルコスト)のことなどを学ぶ中で
新築よりも、建った後の管理の部分に興味を持ちました。

ザイマックスに入社したのは、正直最初に内定をもらったからというのもありますが笑
社員さんが好きだったことと、その社員さんが楽しそうに働かれていたので、
自分も入社したら楽しく働けるかなとイメージできたことが決め手になった
と思います。


Q.これまで、現在の業務

入社してから、大きく3部署を経験しています!

①工務部(4年半)
いわゆる施工管理の仕事です。ザイマックスで管理している物件で発生する工事の現場管理を行う部署です。

②現:ITBMセンター(当時ザイマックスビルマネジメント社の事業企画部)
ザイマックスで行っている工事が法的に問題がないか、安全性に問題がないかの確認や、稟議のチェック、社員の資格取得のサポートなどを行います。

③建築ソリューション本部 技術統括部
ザイマックスで管理している物件で発生する工事のフォローを行っていて、物件のフロントであるPM(プロパティマネジメント)担当者と仕事をすることが多いです。

外出:デスクワークでいうと、6:4ぐらいの割合です。外出するときは、その物件の修繕計画等を作成する時や、実際に工事を行っているときに現場に行ったり、オーナーさんに工事の説明をしたり。デスクワークは、見積もりやオーナーさんに承認をもらうための社内稟議、完了報告書等です。


Q.やりがい、大変なこと

やりがいは、物件で起きた問題を解決する方法はたくさんある仕事なので、オーナーさんや物件にとって一番良い選択肢を探すことができたときですね。工事や修繕計画を専門的に扱っている部署ですが、工事の方法だけじゃなくて、工事をせずに運営でカバーするという方法をご提案することもあります。

大変なことは、現場の状況をオーナーさんにわかりやすく、正確に伝えることですかね笑 オーナーさんに現場に来てもらって説明するのが一番わかりやすいんですけど、コロナ禍になって、対面での打ち合わせが当たり前ではなくなってしまったので、現地の写真をとって、コメントを書き込んで、オーナーさんに送ったりしています。


Q.ザイマックスを一言であらわすと!

ー変化が激しい会社

対応が大変な時もありますが、サービスを提供する上では、オーナーさん等のお困りごとに関して、ニーズに答えやすい、「できない」と断ることは少ない。世の中のニーズに対して、自分たちが変化していくという点は非常に魅力的だなと思います!


~編集後記~

古い物件になると、いろんな部分にガタがきてしまって、修繕が必要になることはイメージできますが、必ずしも修繕工事の提案をするわけではなくて、工事はせずに、管理・運営の部分でカバーするという選択肢をとることもあることには個人的に驚きでした...!変化が激しい会社のお話でもあった通り、会社の事業でも、こういう日々の業務を行う上でも、固定概念にとらわれず、世の中、お客さんのニーズに柔軟に答えていくという姿勢は、ザイマックスらしい部分だなと私も改めて感じる部分でした^^(スワ)




ザイマックスグループ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings