1
/
5

教育機関への営業〜名古屋支店営業職社員へのインタビュー!〜

こんにちは、Too HRデベロップメント部でインターンをしている内定者の杉本です。

今回は株式会社Too名古屋支店営業1課とDX推進部Virtual Beingの2部門を兼務する社員へのインタビューを紹介します!私は現在東京虎ノ門の本社でインターンをしていますが、名古屋支店の雰囲気についても紹介されている記事となっています。

なお、東京本社と大阪支店の様子はTooの採用ページにも紹介記事が掲載されています。そちらも合わせてぜひご覧ください。

───────────────

Q:所属している部署やご自身の仕事内容を教えてください

現在、【名古屋支店 営業課】と【DX推進部】の2つの部門に兼務という形で所属しています(※DX=Digital transformationの略称です)。 名古屋支店では、大学や専門学校などの教育機関を中心に訪問営業を行なっています。デザイン系のカリキュラムがある学校が主なお客様なので、MacをはじめとしたApple製品やAdobeアプリケーションなどのクリエイティブツールのご提案をさせていただくことが多いです。学生のみなさんが、学びたいことに専念できる環境の構築をお手伝いしています。
もう一つのDX推進部では、業界問わず様々な企業に対していわゆるxRと呼ばれるものやVTuberの制作・運用支援 といったサービスをご提案しています。特に昨今は、コロナ禍で新しい価値観が生まれ、それに伴いビジネスチャンスが拡大している状況です。DX推進部では、そうしたこれまでになかったお仕事を支援する活動をしています。

Q:どんなときに仕事の楽しさ・やりがいを感じますか?

様々な個性やスキルを持ったメンバーと一緒に仕事をしている時に楽しいと感じます。年々テレワークや社内の情報共有が進んでおり、最近は所属部門や拠点に関係なく様々なメンバーと一緒に仕事をする機会が多くなりました。例えば、Tooと同じように全国展開している企業様向けに、こちらも名古屋支店だけでなく他の支社支店のメンバーと協力して提案を行なうことがありますが、非常に刺激的で楽しいです。
普段接することがない人と仕事をすると、新しい発見があり自分の引き出しを増やすことができます。そこで得た知識や繋がりが次の新たな仕事を創出することもあり、ただ単に楽しいだけでなくとても良い経験になっていると感じます。

Q:Tooグループへの入社の決め手を教えてください

元々は学校の先生のお手伝いができる仕事をしたく教育業界を志望していました(教員免許も取得しています)。先生が先生の仕事に専念できるようサポートできる仕事に就きたいと思っていて、なんとなく「Apple 教育」で検索したところTooが見つかりました。
Apple製品をメインの商材として扱っていること、教育業界への提案 に力を入れていることに魅力を感じたのがエントリーのきっかけです。その後説明会などでより詳しいお話を聞き、Tooが当時掲げていたクリエイターが本業に専念できる環境の構築のお手伝いをするという考えが、当時私が軸としていた考えと近いなと強く共感し入社を決めました。

Q:名古屋支店の特徴や雰囲気を教えてください

そのままですが、愛知県にあるというのが名古屋支店の一番の特徴です。Tooのお客様はデザインや広告関係の方が多い印象ですが、名古屋支店は工業系やメーカーのお客様がとても多いです。例えば自動車なんかは特に有名ですよね。愛知県にオフィスがある以上、当然その影響はToo名古屋支店にも色濃く出ています。立体造形デザインで使われるモデリング用の粘土「インダストリアルクレイ」をはじめとした、ものづくりには欠かせないツールをよく取り扱うのも名古屋支店ならではだと思います。
また、名古屋支店はビルの11階にオフィスがあるため見晴らしがとても良いです。オフィスから見える夕日は格別で、一日の疲れが吹っ飛びます。たまに本当に綺麗な夕焼け空になるのですが、その時はカメラを構える人たちで窓際が混みます。言ってしまえばそんな雰囲気です。

Q:お休みの日はどのように過ごしていますか?

文化的な生活を送ることを意識しています。
日曜日の午後は行きつけの喫茶店でコーヒーを飲みながら読書をしています。そのお店で豆を購入して自分で淹れることもあります。喫茶店に行く以外だと、創作も好きなので小説を書いたり映像編集をしたりしています。最近は3DCGにも挑戦していますが、基本的に独学でやろうとしているのでなかなか思うように上達していないです。頑張ります。……ここまで書いてみて、我ながら素晴らしい休日を過ごしているなと思いましたが、これはあくまで上手くいった時の例です。大抵は“何もしない”をして、気がついたら休みが終わっています。 文化的な生活を送ることを意識しています。

───────────────

いかがでしたか?

名古屋といえば誰もが自動車メーカーを想起すると思いますが、そのような地域性に寄り添う支店であることがよくわかるインタビューでした。インダストリアルクレイは自動車のデザインをする際に活躍する粘土ですが、国内と国外を通じて高いシェア率を持つ製品です。インダストリアルクレイ についてはTooのサイトにも詳細が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

また主に語られていた教育業界についてですが、実は私自身のTooを志望したきっかけにもTooの教育分野との連携がありました。アナログ画材やデザインの会社というイメージがあったので、教育機関のサポートも行っていることを知った時はとても驚いたことを覚えています。

お休みの日に通える行きつけの喫茶店、本当に素敵です。大阪支店でインターンをしている内定者の同期も、会社の側にスタバやラーメン屋さんがあって理想的と語っていました。家や会社の周辺環境は大事ですね。東京本社は虎ノ門駅から徒歩8分、虎ノ門ヒルズ駅から徒歩2分。駅からとても近い便利な場所にあります。私は現在通学でも通勤でも上野駅を通っており、定期券のおかげで行きやすい場所になっています。今は休日や大学の講義の合間に上野の博物館・美術館の特別展等を見に行っていますが、文化的な生活のため(笑)、4月以降も通えたらいいなと願っています!

株式会社Too's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more