1
/
5

フルリモートという働き方〜マーケティング部社員へのインタビュー!〜

こんにちは、Too HRデベロップメント部でインターンをしている内定者の杉本です。今回はマーケティング部企画課の社員へのインタビューを紹介します!

この方は中途入社なので、新卒とは違う視点での入社の決め手を知ることができ、とても関心を深められました。マーケティング部企画課の業務内容とフルリモートワークの働き方を詳しく知れる内容となっています。なんと新潟にお住まいだそうです。

どうぞご覧ください。

───────────────

Q:所属している部署やご自身の仕事内容を教えてください

私はマーケティング部企画課に所属しています。マーケティング部としてはTooグループの製品や企業ブランドをより多くの人に伝えることが大きなミッションですが、私は主にイベントの企画や運営を通してそのミッションを遂行する役目を担っています。そのほか、販売促進に関わるメールやウェブサイト作成、広告出稿や動画作成など、社外の販促に関わることに幅広く携わっています。


Q:どんなときに仕事の楽しさ・やりがいを感じますか?

企画の内容は比較的大きな裁量をもらっているので、一から組み立てて調整してリリースしたイベントにたくさんの人からお申し込みいただき、多くの人に届いたと感じるときは達成感があります。そのイベントでお客様からとても良い反応をいただいたり、社内でも評判が良い企画が打てるとより嬉しいです。とはいえ、利益につながっていかないといけないので、そこをMA(マーケティングオートメーション)ツールで数値化していくのが今後の目標でもあり今の大きなやりがいです。あとはデザインに関して元々全くの素人でしたが、ものを作るのが好きなので、イベントの制作物(LP、バナー、チラシ、動画など)を作れるようになったのも嬉しいポイントです。


Q:これまでの経歴やTooに入社した経緯を教えてください

新卒で入社したメーカーで営業職を経験した後、海外支店の在庫管理や販売戦略を立てていました。そこを退職し別のメーカーで営業をしていたときに、ご縁があり声をかけていただいたのがきっかけです。じつは最初のメーカーのとき営業先として担当していたのがTooでした。ほぼクリエイティブのお客様なので厳しい注文が多く、かつ新卒で何もわからず右往左往する私を、厳しくも優しく育ててもらいました。そんなわけで個人的に思い入れのある会社ではあったのですが、営業から次のステップに進みたいと考えていた時期にちょうどお話をいただきました。Tooは商社なので、メーカーと違って幅広い商品をお客様に合った形で提示できるところに魅力を感じましたし、やってみたかった企画の仕事で新しいことにチャレンジできそうだと思い入社を決めました。


Q:ご自身の働きかたについて詳しく教えてください

私は現在新潟でフルリモートワークをしています。きっかけは夫の転勤でした。東京と新潟で別々に働くことも考えましたが、子どもに自然の中でのびのび育ってほしいと思い、移住することに決めました。
実際に移住してみると、メリットは部屋が広い(東京に住んでいた頃の2倍以上)・情報にあふれすぎていない・自然が多い・食べ物がおいしいなど…デメリットは超車社会・虫が多い(梅雨時期に蛾が大量発生しました…)などでしょうか。
仕事上でいうと、基本テレワークでなんの問題もなく仕事できています。今までよりもチームに依頼して連携を取りながら仕事することが増えました。一回使用機器(会社支給)でトラブルがあったときは、荷物の行き来に時間がかかり本当に大変でした…ですが、今後私のような働き方が増えてくると思うので、自分の例を次に生かしてもらえるようにしたいです。

───────────────

いかがでしたか?

本記事はコロナ禍の前に取材されたものなので、現在ではテレワークのサポートはさらに進んでいます。

営業から新しい分野にチャレンジしたいという思いを叶え、現在マーケティング部で幅広い業務に携わっているとのこと。新しいことにチャレンジさせてくれる社風はとてもありがたいことです。文章を書くことが大好きな私も、今Web記事を書く機会に恵まれました。

他のインタビュー記事にもあった言葉ですが、”チャレンジする姿勢”や”学ぼうとする姿勢”は、どの部や課でも大切にされるマインドだと考えています。勉強することは基本的に好きなので、日々新しいことを学び取り、成長していきたいです!

株式会社Too's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more