1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【最新版!】「現在とこれからのビジョンについて」スマテン都築社長に独占インタビュー

こんにちは!

スマテンのマーケティング担当、大澤です。
2021年を迎え、新たな仲間も増えて参りましたので改めてメンバー全員にインタビューを行いました。これからお一人ずつ紹介していきますので是非ご覧ください!!

待望の第1回目は、代表の都築さんにインタビューを行いました!
スマテンの事業を始めた理由やスマテンへの熱い想い、今後の展望などたくさん語っていただきました!ではさっそく、インタビューに移っていきます。


ー初めに自己紹介をお願いいたします!

スマテンの代表を務めております都築です。趣味はゴルフ、トライアスロン、旅行、お酒!トライアスロンの練習は大体週6日間、朝7〜8km走って1.5km泳いでいます。いまは新型コロナウイルスの影響で自粛していますが、お酒と美味しい御飯屋巡りが好きなので、家でご飯を食べた回数は年間で10回程度ってぐらい以前はよく外食をしていました。

ーありがとうございます!以前はどのようなお仕事をされていたのでしょうか?

大学在学中に飲食店を立ち上げて、名古屋の栄でBarを5年ほど経営していました。Barを経営している最中に、東北大震災が発生し、事業で社会貢献をしていきたいという想いから自然エネルギーの普及をさせて持続可能な社会実現を目指し自然エネルギーである太陽光発電の会社を創業しました。そこから福祉の会社など複数社を経て、スマテンの前身となる名古屋で消防点検の会社を経営しておりました。

ー太陽光発電から、防災への事業設立に至ったきっかけはなんですか?

多くの経験を経て、太陽光事業を営むことのリスクを感じ、大手企業の競合が少なくニッチな市場、そして古くから歴史のある業界でIoT化されていない市場こそベンチャー企業が参入する価値・可能性があると考えました。今までの経験と震災の際にボランティアに行った経験から消防業界の存在を知り、27歳のときに有限会社名古屋消防点検という消防設備の会社を立ち上げました。

ーその後、株式会社スマテンを創業されたんですね。

はい。法律で定期点検が定められているにも関わらずあまりにも認知度が低く重要視がされていないことを知り、テクノロジーによって業界の活性化とアナログな業界をアップデートする必要性を感じ、株式会社スマテンを創業しました。

ー確かに消防設備事業は、安全に生活していく上で必須なものであるはずなのに、あまり注目されていない事業であるような気がします。

そうですね。実はスマテンメンバーって完全には消防設備の経験を持った人たちって少ないんです。ほとんど消防以外の業務に携わっていると思うので、そういう意味では違う角度からこの業界を見ることができたりとか、この業界を良い意味で変えていけるというところは当社のストロングポイントになってたりしますね。

ー経験がないことが逆に強みになってるんですね!そのような事業を立ち上げて、いま実際に感じる魅力はありますか?

僕らのビジョンは中長期で達成していくことなので、すぐに利益や成果がでるわけではないです。でもそんなに簡単にいかない目標に大きなビジョンを描いて、それに向かって走っていくということは楽しいですよね。メンバーひとりひとりがビジョンを本気で追いかけようと思ってくれてる。そういうメンバーが揃ってくれてることも、スマテンの魅力だと思います。

ービジョンを明確に、そして大切にしている会社ということが伝わります。スマテンで働くメンバーにはどのような印象がありますか?

一言でいうとキャラが濃いです(笑) 本当に人柄が良い人ばかりで、仕事をしていて気持ちがいいなって思います!風通しが良いというか、人間関係が構築しやすいメンバーなんじゃないかなって。そういったメンバーが集まってくれたことは本当にありがたいです。

ースマテンのもうひとつの特徴として、フルリモートワークが選べると言うことがあると思います。フルリモートワークが選べる環境について、どのような考えをお持ちですか?

実際は、人と会って話がしたいという気持ちはありますよ。想いを伝えたいときにこのリモートで熱く語っても最後に「じゃあ、失礼します。」って切られてもちょっと寂しいので(笑) ただ業務をやっていく上で定量的に測れるものとか管理できるものに関して、「リモートワークを定着させる」ことは良いことだと思います。良い人材や優秀な方たちを採用できるといった部分ではリモートワークは良い手段だし、続けていくべきかなとは思います。しかしそれに捉われないっていう、柔軟性もやっぱり持っておくべきかな、と思います。



ーリモートワークの利点として、良い人材を採用できるということを挙げられていましたが、都築社長はスマテンでどのような人と一緒に働きたいですか?

常に考えていることは「優秀ではなくて、成長できる人」です。優秀な人は成長しているから優秀なんだけれども、そこで止まってしまっては意味がなくて。一緒に成長していける人ということが大事なポイントだと思っています。次に、情熱ややる気です。どんなに成長できるポテンシャルや優秀な人であったとしても仕事に対するやる気や情熱がなければ人の心は動かせないと思っています。あとは、人柄です。思いやりのある人。やっぱり人なので、人として思いやりがある人と一緒に働きたいと思います。

ーいま仰っていただいた方々が既にスマテンにはたくさんいらっしゃいますよね!では最後に、都築社長が今後スマテンで成し遂げたいことはありますか?

掲げているビジョンを達成していくということは当然ありますけど、僕も会社もスマテンメンバーも、仕事を通して社会に貢献していくということを実感できるような会社創りをしていきたいです。やっぱり人の役に立つっていうことは大体の人が嬉しいと思うんですよね。自分のひとつの仕事がお客様のためになっているというところを実感できる会社にしていきたいな。そのときに「人の役に立ってて嬉しい。」というメンバーが増えればより会社としてもよくなっていくと思うし、そういうメンバーを集めて、会社創りをしていきたいな、と思います。

ー都築社長が熱い想いを持っているからこそ、同じように情熱的で人思いなスマテンメンバーが集まっているんだな、と改めて感じました!都築社長、ご協力ありがとうございました!!!
株式会社スマテン's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more