1
/
5

育児と仕事どちらもしっかり!社員が思いっきり活躍出来る環境が整備されている。さらに整備していきます!~社員インタビュー~

こんにちは!いつも御覧いただきありがとうございます。人材採用課の加戸です。

ツイッターも始めました。フォローもお待ちしております。→ここをクリック!

識学社の評価制度は明確であり、男性だから、女性だからという偏った評価はありません。男性も女性もノンストレスで働ける環境を常に整備しています。もちろん、育児をしながらの働く社員にもストレスなく働ける環境、例えば、時差/時短出社、在宅ワーク、ベビーシッター制度などを用意しています。今回は実際に5歳の娘さんを育てながら働いている、経営推進部、総合企画課、係長である吉永亜寿紗さんにインタビューしてみました!

プロフィール

吉永亜寿紗 (よしなが あずさ)

2020年3月入社(中途)

経営推進部 総合企画課 係長

◆入社の動機を教えてください。

私はワーキングママ向けの人材紹介会社を利用して知りました。

私が転職を考えた際にまず優先した事は、、、

育児と両立ができる企業。(保育園の送迎が無理なくできる企業)
私の性格は効率化や業務改善を即実行タイプなので、それを受け入れてくれる環境
高水準の目標達成により評価してくれる環境

私の個人の意見にはなってしまいますが、識学社は上記の条件は満たしていると言えます。育児と両立は問題なくできていますし、業務改善などはどんどんやらせてもらっていますし、評価制度が明確なので、ゲーム感覚で仕事に打ち込めています。(笑)

定時に帰るからって評価が下がることもありません。

週4日で在宅ワークもできますので、家族と接する時間が長いのも魅力です。

◆業務内容を教えてください。

財務担当として、入出金を管理しています。主に請求書の発行・入金管理・未入金顧客への督促・支払いです。今後は資金調達にも加わる予定です。また業務の一環として、基幹システムの設計運用構築も行っています。

・どの様な一日になるんですか?

私の性格からして効率よく1日過ごしてます。少しご紹介しますね。

◆どのような事に気を付けながら業務に取り組んでいますか?

識学+自分の中で決めたルールを使って業務と向き合っています。(以下参照)

  • 問題が起きたらまず事実を確認すること。(識学)
  • 3分以内にクリアできそうなタスクは即実行する。
  • 不明確な点があれば即ルール化する。(識学)
  • ミスやヒヤリハットがあったら、即原因を確認して根本からの解消方法を考える。(識学)
  • タスクを最長1時間に完了できるサイズに分解する。すきま時間で完了するため。

◆識学で仕事をしていて、やりがいや楽しいと感じる時はどういう時ですか?

部下の成長を実感した時にやりがいを感じます。識学では、できなかったことが出来るようになることを、成長の定義として目標設定をしています。目標までのプロセスについて介入はしないですが、報告で方向性がズレたりする場合は軌道修正をします。「目標達成できた=成長した」なので、部下が目標達成してくれた時はめちゃくちゃ嬉しいです。

また、識学では目標を数値化で設定する為、数字で見える形で効率化も表現できます。その目標に向かって進んでいる時も楽しんで従事しています。

◆入社前と入社後に何かギャップはありましたか?

識学に対するギャップはなかったですが、自身の仕事能力について自信が持てるようになったです。元々ミスが多いタイプで、鉛筆で下書きした履歴書をボールペンでなぞるとき間違えるくらいでしたが(笑)。

識学ではミスした原因を「気合がたりないから」ではなく、今後どう行動を変えるのかに着目するので次に進みやすいです。クヨクヨする時間がないです。

ただ、常に「もっとこうしたらよかったな…次はやってみよう」と次のことばかり考えているので、脳が活性化され続けるかもしれませんね。会社の全体会議でMVPを受賞された方も、いつも不足を感じているとおっしゃっていましたしね。

◆入社後、プライベートに変化はありましたか?

娘に「完全結果」でお手伝いをお願いすると伝わりやすいようで、お手伝いできることが増えました。娘もお手伝いに対してゲーム感覚になっているかもしれないですね。

分かりやすくい言いますと、誰が見ても結果が出ているとわかる状態です。「100mを一生懸命に走ってねというよりも、100mを11秒で走ってね」というイメージです。

・識学では「完全結果」で部下に指示を出しますし、評価をします。

また、社内で行っている情報共有のノウハウは家庭にも転用しています。社内にはマニュアルやルールをひとまとめに掲載している識学ポータルがあるのですが、我が家には家庭内ポータルがあります。(Notionを使ってます)

・夫ともポータルにて情報共有しています。

子供の病児保育の預け方だとか、お風呂の給湯器修理をいつどの業者に頼んだかとか、共有しておきたい情報をのせています。検討すべき大きな買い物の要件など、情報がちらかりがちなものもまとめ、対応済か未対応かわかるようにしています。誰が何をするか、完了したかしてないかが分かるので、お互い漏れなく把握できる体制が取れてます。

仕事で完全燃焼している為か、頭動かすタイプの趣味をやらなくなりました。代わりに不足を補うための読書量が増えました。平日に娘をさみしい思いさせているため、土日は6割娘ケアです。

仕事と娘命、でしょうか!?

◆将来のビジョンを教えてください。

日本最強の管理部門を作ることです!

業務フロー・マニュアルで期限と作業内容を明確化しておき、誰が何の作業をどのくらいの時間かけてやっているか把握しておく。また、経営層に必要な情報があれば即取り出せる状態にしておく。この様な体制をとれている部門にしたいです。

識学は間違ったと思った時、別の道が良いと思えばすぐ進路変更します。

最適な進路に会社が進もうとしている時、大きな商機をつかんだ時、「準備が間に合わないからできません」とは言いたくないので、常に準備万端にしておきたいです。

◆会社の強みは何だと思いますか?識学で働く魅力は?

結果を出したら点数で認められるところですね。

やるべき事がルールで明確に決まっているので、社員間の妙な気づかい合いがないのは助かっています。暗黙の了解を察するのは非常に疲れるので。。。自分自身も人と常識がズレてることが多いので、助かってます。笑

◆入社を検討されている方へのメッセージをお願いします。

自分がどこまでできるか知りたい方、前向いて思い切りチャレンジしてみたい方歓迎です。やりたいことを思い切りできるので、自発的に動ける方が大歓迎です。

そして、育児と仕事両立したいというママさんもこれからママの方も大歓迎です。未経験者でもはじめは大変だけど、仕事できるようになるまでが早いですし、無理に誘われる飲み会などないです。

働くママへの福利厚生も充実しています。ベビーシッター制度がとても有効的です。
株式会社識学's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社識学
If this story triggered your interest, have a chat with the team?