1
/
5

代表を中心に全員が“寛容”だからこそ、“ここに居て良いんだ”と思うことができる。お互いに認め承認し合い、切磋琢磨する組織。

こんにちは!Piece to Peaceの採用担当です!

今回はPiece to Peaceの“組織の実態”に迫るインタビューを行いました!


キャリーミーでは一緒にサービスを伸ばしていく仲間を募集しております!!↓


プロから真の営業を学べる
営業MVPのプロとAIから学べる真の営業スキル!アウトバウンドセールス募集
キャリーミーは、優秀なビジネススキルを持つ「プロ人材」を業務委託契約でご紹介し、売上UPなどの企業様の事業課題を解決するサービスです。 https://carryme.jp/ 成長中のスタートアップ企業や中小企業は、業務スキルが高く実務ができる即戦力人材の正社員採用に苦戦しているのが現状です。 そのような企業に、副業や顧問とは異なり、戦略から実務までを遂行する30〜40代の即戦力を中心とした"実務型プロ人材"を業務委託で紹介し、事業グロースに貢献。 取引先企業はフジテレビさん、アカツキさん、PR TIMESさんなど、上場企業を含めスタートアップ中心に2,000社を超えています。 いわゆる非エンジニア領域の業務委託市場に、キャリーミーはいち早く参入(2016年)。 自社でもプロ人材を活用し、創業1.5年で黒字化。創業からの7期で売上250倍になりました。 以下の点で他社と一線を画し、急成長しています。 ・デジタルマーケティングや広報、法人営業、採用、事業開発など「売り上げに直結する」マーケティングのプロが中心。 ・自社でマーケティングを中心にプロ人材をフル活用。(2023年現在、正社員:プロ人材=1:3の割合、約40名の組織です) ・①キャリアアドバイザーとの面談、②企業様との3者面談、③稼働後のパフォーマンスチェックと、3段階のスクリーニングを実施し、企業様の課題にマッチしたプロ人材のアサインを徹底 【実績】 2017年9月に、ローンチ1年半で月次黒字化を達成。 2019年にパーソルグループ、本田圭佑氏など4社から1.5億円を調達。 2020年6月には前年同期比で約3倍の売り上げ。 2022年5月にシリーズBラウンドとして、総額約3.5億円の資金調達を実施完了。累計調達額は5億円超に。
株式会社Piece to Peace





「多様性を受け入れる組織」

それがPiece to Peaceの組織の特徴であり、魅力でもあります。

その実態をPiece to Peaceで働いている2名の社員に聞いていきたいと思います!

―では、まずは簡単な自己紹介からお願いします!

Katsukiさん

初めまして! Piece to Peaceに入社をして2年半になります。

法政大学社会学部メディア社会学科に在学中の2020年4月に内定をいただき、その後内定者としてインターンをしていました。2021年4月に入社し、現在に至ります!

仕事内容としては広報・マーケティング部のデザインを担当しています。タクシーCMの編集、バナー制作、LPの制作などを行っています!




Ryoyaさん

初めまして!私はPiece to Peaceに入社をして2年になります!

実はアメリカから帰国後、学歴もほとんどないまま入社をしました!

この辺りはまた後程お話し出来ればと思います…笑

仕事内容としては、フィールドセールスをメインに担当しています!






『どんな経歴であろうと関係ない。

ポテンシャルがあれば、誰であろうと受け入れる。』

―Piece to Peaceは異色な人でも受け入れる文化があると思います。そういった文化を

感じた場面やエピソードはありますか?


Katsukiさん

そうですね…。Ryoyaくんはまさに!といった感じだと思います。実はRyoyaくんはアメリカに行くために大学をやめているんですよ。

日本大学に入学をした後に、アメリカのカレッジに入り直しているんですよ。その後アメリカの大卒として就職活動なども行おうとしていたみたいなのですが…色々あってアメリカの大卒資格が取れないことが明らかになったらしく…。

Ryoyaさん

Katsukiくんの言っている通りですね笑 アメリカの大学を卒業し、アメリカの大卒資格と英語力を手に入れるつもりでしたが、叶いませんでした。もともとアメリカに行ったのは多様性を受け入れられる強い人間になりたい、と思ったことがきっかけでした。ですがコロナ禍で外出自体が困難になり、日本に帰国したのです。その後もちろん就職活動を開始したのですが、多くの企業は私の経歴では会ってすらくれませんでした。でもPiece to Peaceは違いましたね。

代表の大澤は自分の良いところを見てくれました。「退路を断ってアメリカに挑戦できることが凄い」「コロナ禍になっても気持ちを切り替えてこうして頑張れていることも凄い」と言ってくれました。




―確かに、悪いところではなく良いところを見てくれるという雰囲気はありますよね!他にも事例はありますか?

Katsukiさん

Ioriさんの経歴も面白いですよね。Ioriさんはウインドサーフィンが好きで、大学では全国大会に出ていたほどの実力者でした。ですがその後就職した会社がブラック企業で、すぐに退職をしたのです。そこでPiece to Peaceに来ていますね。

実際に、Piece to Peaceでは個性豊かな方が多いかもしれません。ガツガツしていてザ・体育会系という社員もいれば、オタク気質な社員もいれば、おしとやかでおとなしい社員もいれば、ずば抜けて明るい社員もいます。

このようにバラバラなバックグラウンドを持った社員が、

“仕事を頑張って成長していきたい”“もっと日本を良くしていきたい”という

共通の想いを持って切磋琢磨している、という会社かもしれません。




Ryoyaさん

確かに僕も強く感じます。前提として、Piece to Peaceは大多数が業務委託の方で組織が成り立っています。バックグラウンドも働き方も様々な方で構成された組織であるため、多様性も自然と育まれたのかもしれません。実際に創業時から、代表の大澤は積極的に業務委託の方と会社を創ってきました。多様性を受け入れていかないと、組織をして成り立たなくなってしまう、とも言えると思います。

とにかく“寛容”な組織。

働く場所でもあり、自分の居場所でもある。

―Katsukiさん、RyoyaさんはPiece to Peaceの社員に対しては入社後どのような印象をお持ちでしょうか。

Katsukiさん

そうですね…皆さんめちゃくちゃ寛容だと思います。受け入れの幅がとても広い方ばかりです。おそらく代表の大澤がかなり寛容だからですね。大澤は基本的に会社に悪影響を与えなければ、何でも自由にやらせてくれます。その大澤を皆が慕って組織が構築されているので、受け入れて理解しようとする想いがとても強いのでしょう。そういった意味で、とても居心地がよく優しい場所だと感じます。

あとはおしゃべりな方がとても多いのも共通しているポイントだと思います。

仕事の意見をどんどん発信していくという意味でも、雑談と言う意味でも、皆本当によく喋りますね笑

雑談では、家族の話や休みの日の話など個人的な話が多いです。お互いプライベートには干渉しない組織もあるとは思うのですが、Piece to Peaceは真逆ですね。だからこそ、“自分はここに居て良いんだ”と思うことができています。



Ryoyaさん

ガツガツした人、尖っている人はあまり多くないですね。自分の軸があって、それに従って突き進むというよりは、柔軟性があって周りや環境に合わせていく人が多いです。

物腰柔らかく、相互理解をしながら歩んでいくようなコミュニケーションの取り方をしています。そういう方しか採用していない、と言う要素は強いと思います!

―ありがとうございました!




プロから真の営業を学べる
営業MVPのプロとAIから学べる真の営業スキル!アウトバウンドセールス募集
キャリーミーは、優秀なビジネススキルを持つ「プロ人材」を業務委託契約でご紹介し、売上UPなどの企業様の事業課題を解決するサービスです。 https://carryme.jp/ 成長中のスタートアップ企業や中小企業は、業務スキルが高く実務ができる即戦力人材の正社員採用に苦戦しているのが現状です。 そのような企業に、副業や顧問とは異なり、戦略から実務までを遂行する30〜40代の即戦力を中心とした"実務型プロ人材"を業務委託で紹介し、事業グロースに貢献。 取引先企業はフジテレビさん、アカツキさん、PR TIMESさんなど、上場企業を含めスタートアップ中心に2,000社を超えています。 いわゆる非エンジニア領域の業務委託市場に、キャリーミーはいち早く参入(2016年)。 自社でもプロ人材を活用し、創業1.5年で黒字化。創業からの7期で売上250倍になりました。 以下の点で他社と一線を画し、急成長しています。 ・デジタルマーケティングや広報、法人営業、採用、事業開発など「売り上げに直結する」マーケティングのプロが中心。 ・自社でマーケティングを中心にプロ人材をフル活用。(2023年現在、正社員:プロ人材=1:3の割合、約40名の組織です) ・①キャリアアドバイザーとの面談、②企業様との3者面談、③稼働後のパフォーマンスチェックと、3段階のスクリーニングを実施し、企業様の課題にマッチしたプロ人材のアサインを徹底 【実績】 2017年9月に、ローンチ1年半で月次黒字化を達成。 2019年にパーソルグループ、本田圭佑氏など4社から1.5億円を調達。 2020年6月には前年同期比で約3倍の売り上げ。 2022年5月にシリーズBラウンドとして、総額約3.5億円の資金調達を実施完了。累計調達額は5億円超に。
株式会社Piece to Peace
株式会社Piece to Peace's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社Piece to Peace
If this story triggered your interest, have a chat with the team?