1
/
5

スポンサーとして、上智大サッカー部の引退試合を密着取材!

こんにちは!キャリーミーのISチームでインターン生をしている岡です!

10月24日(日)に行われました「上智大学サッカー部の引退試合」の様子を取材してきました!

キャリーミーでは、マーケティング・広報PR・法人営業など売り上げに直結する優秀なプロ人材を“週1〜4回の出社+リモート”の業務委託で企業へ紹介する事業を行っています。

キャリーミーのコンセプトは「ビジネス界にもプロ契約を」です。アンバサダーとして本田圭佑さんに就任いただいていることや、スポーツで心身を鍛える学生を応援したいという想いから、2022年6月に上智大学体育会サッカー部とスポンサー契約を結んでいます。

詳しくは9月の記事を読んでみてください!



このような経緯から部活の集大成である引退試合にお邪魔し、その様子を取材してきました!

引退試合は午後の暑い熱い時間帯から対戦相手の一橋大学サッカー部と行われました。

応援に行ってまず驚いたのは、

部員全員が「CARRY ME」Tシャツを着て応援していたことです!

上智大学のメインスポンサーとして、練習用ユニフォームの胸ロゴに大きく「CARRY ME」とプリントされており、改めて弊社が上智大サッカー部さんのスポンサーとして関われていることを実感しました。またインターン生として上智大学サッカー部のスポンサー企画に携わることが出来ていることもとても嬉しく思いました!


応援の雰囲気はとても盛り上がっており、白熱した試合が展開されました!!

結果は惜しくも負けてしまいましたが、初めて応援させてもらった僕たちにも、サッカーに対する熱い想いはしっかりと伝わってきました。

試合後は、今後新キャプテンを務める3年生の古山新主将と土井新副主将のお二人にインタビューをさせていただきました!


(写真右:新主将の古山さん・写真左:新副主将の土井さん)

・本日の引退試合に関して

古山新主将:

「試合には負けてしまいましたが、4年生を送り出すという意味では一体感を持って送り出すことができたと思います!」

・今後の目標に関しては?

古山新主将:

「昨年に引き続き【史上最高の上智】を部としても個人としても、一人ひとりが目標を持って史上最高を達成するために活動していきます!」

・キャリーミーについて

土井新副主将:

「キャリーミーさんのミッションに共感したことと、アンバサダーに本田圭佑さんが関わって下さっているということでスポンサー契約を結ばせていただきました。

【ビジネス界にもプロ契約を】のミッションに対して体育会学生として共感しており、今後もお互いに力を合わせて大きなことしていきたいです!」

どのような質問に対しても、

お二人は毅然とした態度で回答されており、本当に大学生3年生か?と意識の高さに驚かされました!笑

今後も上智大学サッカー部を応援していくとともに、サッカー部と力を合わせてイベントなども開催していこうと思います!

現在キャリーミーでは、僕たちと一緒に働くインターン生を募集しております!

僕がキャリーミーのインターン生として日々感じるのは、成長機会が転がっている職場ということです!メインの業務以外にも今回のスポンサー企画のように、インターン生が挑戦できる環境があり、社員さんもそれをサポートしてくださいます!

少しでも興味を持っていただけたならカジュアル面談のご応募お待ちしております!

(とりあえず話を聞いてみたい!でも全然OKです!!)


プロから真の営業を学べる
インターン!ベンチャーで社会に通用する営業スキルを学びたい方募集中
キャリーミーでは「プロ契約」という、優秀なビジネススキルを持つ「プロ人材」と企業様を業務委託契約でマッチングするサービスを提供しています。 https://carryme.jp/ プロ人材は「顧問」ではなく、実務も可能な20代から40代が中心です。 出社・リモートを組み合わせて、成果を出すことを目的に稼働しています。 成長中のスタートアップ企業や中小企業は、特定の業務スキルが高く、かつ実務ができる人材の正社員採用に苦戦しているのが現状です。 そのような企業に「フルタイムではなく、成果を出せる若手のプロ人材」を業務委託で紹介し、事業グロースに貢献。 取引先企業はフジテレビさん、アカツキさん、PR TIMESさんなど、上場企業を含めスタートアップ中心に1,000社を超えています。 この「プロ契約」という市場に、キャリーミーはいち早く参入(2016年)。 自社でもプロ人材を活用し、創業1.5年で黒字化。創業からの5期で売上40倍になりました。 以下の点で他社と一線を画し、急成長しています。 ・デジタルマーケティングや広報、法人営業など「売り上げに直結する」マーケティングのプロが中心。 ・自社でマーケティングを中心にプロ人材をフル活用。 ・提携企業であるパーソルテンプスタッフ様と「師弟採用」(プロと派遣社員のチームで企業様の人材不足の課題に対応するサービス)も推進。 【実績】 2017年9月に、ローンチ1年半で月次黒字化を達成。 2019年にパーソルグループ、本田圭佑氏など4社から1.5億円を調達。 2020年6月には前年同期比で約3倍の売り上げ。 2021年3月には過去最高売り上げを達成しました。
株式会社Piece to Peace
株式会社Piece to Peace's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings