1
/
5

上場を目指すベンチャーでキャリアアップ 若手新入社員が語る、理想の転職とは

こんにちは。Wantedlyにおけるバヅクリのストーリー執筆を担当する、ライターの渡辺です。

今回は、2022年4月よりバヅクリに入社した、阿久津允さんにインタビューしました。

―― これまでの経歴を教えてください

私は社会人6年目で、バヅクリで3社目になります。新卒で入社した会社ではLPO(ランディングページ最適化)のコンサルティングをしておりまして、2社目は営業代行の会社に勤めていました

1社目では裁量を持って意欲的に働ける会社を選び、2社目は自身のキャリアアップのためにセールスをやってみようと考えて転職を決めました。

―― バヅクリとの出会いについて教えてください

きっかけは、バヅクリ社員の鍛冶元さんにお声がけいただいたことです。鍛冶元さんとは、短い期間ですが1社目の会社で一緒に仕事をしておりまして。鍛冶元さんは私の今後についてもよく考えてくれていて「上場を目指すベンチャーはそんなに多くはないので、今後のキャリア的にもバヅクリへの転職は悪くないのではないか」と。

選考のときは、良い意味で「スタートアップっぽさ」を感じました。代表の佐藤さんからは、会社の未来に関する話を色々と聞かせてもらいましたね。佐藤さんは“夢追い人”というか、かなりアツい人という印象を受けました(笑)。

一方、役員の下吉さんからは、バヅクリの現状や、自分にどう活躍していってもらいたいかなど、すごく具体的な話を聞くことができました。模索しながらも着実に成長している様子がわかり、会社としての伸びしろを感じました

―― 入社の決め手について教えてください

正直な話をすると、最初はサービスへの共感がそこまで高かったわけではなく(笑)。週4日勤務が認められていたり、副業も可能だったりと、勤務条件が自分の理想と合致していたところが一番の決め手でした

ただ、自分は新卒で入社した会社に同期がいなくて。その代わり、会社外のコミュニティに同世代の友達が多かったので、その繋がりのおかげで頑張れていたところがあったと思います。振り返って考えてみると、やはり仕事をする上での人と人との繋がりは大切だと感じますね

―― 現在の主な仕事内容を教えてください

セールス部門のカスタマーサクセスというチームにおりまして、すでに顧客になってくれた企業に対する営業を行っています。企業の状況をヒアリングし、課題解決に繋がるプログラムを紹介しています。これまでの約5年間、自分はずっとBtoBの営業を行ってきたので、そこでの経験は生きているように感じます。

また、1社目と2社目ではデータマーケティングを行ってきたので、定量的な成果の証明が難しいバヅクリのサービスにおいて、どこまで論理的にバヅクリ導入の価値を伝えられるかも模索中です

―― バヅクリのプログラムで気に入っているものを教えてください

「演劇」「無限オークション」「ライフロスタイムレス」ですかね。

「演劇」は、ほぼ筋書のないストーリーをみんなで演じて形にしてく、というもの。

「無限オークション」は、“あったらいいな”と思う架空の道具をイラスト化してプレゼンし、それに対してみんなで価格をつけていく。

「ライフロスタイムレス」は、自分の人生が残り1日しかないという状況になったとき、24時間をどのように使うかを考えて、発表する。

普段のコミュニケーションだけでは知り得ないような価値観が、プログラムの中で露わになっていくのがとても面白いですね

―― 今後の目標や意気込みについて教えてください

先ほども少しお話ししたのですが、バヅクリの効果を数値化することで、より説得力のあるセールスに繋げられたらと考えています。“バヅクリを科学する”というイメージですかね

もちろん営業もしっかり頑張りたいのですが、私よりも営業能力が高い人は他にいるので……。自分が本当の意味で強みを発揮できるのは、データ分析だと思っています。バヅクリの上場に向けて、そこで力添えをしていきたいですね。

自身のこれから先のキャリアについては、まだ見えていない部分が大きいのですが、家庭環境に悩みを抱えている人の支援をしていきたいという思いがあります

アプローチ方法については検討中ですが、人と人との繋がり作りをサポートしていくというバヅクリの事業方針にも、学ぶべきところはあると思います。

バヅクリ株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from バヅクリ株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?