1
/
5

【TikTokマーケター】未知の世界に飛び込んだ彼女の姿に迫る。

「仕事は最大の暇つぶし」

今回は人材仲介営業からLeading Communication(以下LC)に転職し、TIkTokの企画営業となった城間さんへのインタビューです。転職期間はなんと1週間、好きが昂じてSNSマーケティング会社に飛び込み現在はエース社員として会社から全幅の信頼を得るまでに成長。

◆プロフィール◆

名前 : 城間 穂乃香

所属 : プロダクション事業部 営業

趣味 : ネットサーフィン 、SNS鑑賞、韓ドラ

性格 : ゲラ、素直

ー 今までの経歴ご経歴を教えてください

大学は立教大学でした!1, 2年は池袋で居酒屋のバイトと広告研究会というサークル活動に明け暮れてました。そのときから広告に興味があったとかではなく、アクティブそうだからいいなぁと思ってサークルを選びました!とりあえずやってみる精神です!(大事)

具体的な活動は夏休みに館山で海の上の運営を行ったり、ミスコンの運営をやったり、めっちゃ楽しかったです!

その後大学3年生のときに韓ドラにどハマりしました。絶対に韓国行くって決めて、最初は旅行で行きたいなぁなんて思ってたんですが、大学の交換留学先に韓国の大学があって、期間が1年だったので友人や親からは就職しなさいとかで反対されたんですが、私からしたら「1年もいけるの、最高!」って思って翌日に申し込み、即日okもらえたんです。とりあえず行く精神です(笑)、結果大学4年次で韓国に行きました。それはもう最高に楽しかったです。美男美女しかいないしご飯は美味しいし、帰国後は1年間新大久保でバイトして必死に韓国語を勉強しました!


そこから就職活動をして、21卒の代で人材派遣会社に就職しました。業務内容はフリーのエンジニアさんやWEBマーケターの方々とスポット案件をマッチングさせる、所謂人材派遣営業です。飲み会でフリーエンジニアの方々と繋がったり、活動的に動いて成績自体は初月から同期ではTOPでした!

これが大学から前職までの経歴です!


ー 転職理由とLCを選んだ理由を教えてください

転職した(LCに入った)のは去年の8月なのでちょうど1年前です!正直にいうとその時期に転職は全く考えてなかったんです(笑)。ウォンテッドリー は登録してたんですがフリーランスの方と繋がるために登録してただけで、企業さんからのスカウトなどは基本返信してなかったです。でも「TikTokを活用した企画営業職」というタイトルに興味を持ってスカウト文を開いてみたんです。そこから求人票やHPを見て、なんだか楽しそうと思って軽い気持ちでカジュアル面談を受けてみました。そして話を聞けば聞くほど面白そうで、2次面談では社長とお話しさせていただき、ビジョンだったり直接求められてる感があって「いいかも!」と思うようになりました。

最終的な決めてとなったのは、最終オファー面談で面談後に居酒屋でお酒交えながら話してたんです。金曜の21時にお店を出たのですが、参加していただいた方3名全員が残りの仕事すると言って会社に戻った時です。しかも笑顔で。その時に「あ、私もこの人たちと働きたい」と決心できました。今は全然そんなことないんですけど当時のLCは社員も10名ほどでとても忙しそうにしてました。ブラックすぎと思う反面、どんな会社だろうという気持ちに興味を持ってしまって転職しました!


ー LCでの業務内容とやりがいはなんですか?

ポジションは企画営業職です。売る商材は決まっていなくて、企業さんの抱えてる課題に対してTikTokでこの施策を打ちましょう!と提案します。インフルエンサーを活用したPR投稿や、企業の公式チャンネルの運用サポート、運用型広告などです!自分の考えた企画が数百万再生してバズったり、課題に対して数値に見える成果をあげた時が企画営業としてやりがいを感じますね。あと、インフルエンサーとつながってコミュニケーションを取ったり、多種多様のブランドさんとお仕事させていただくので、知識が増えるのが楽しいです!今は六本木ヒルズにテナントを出されてる企業さんの案件をやらせていただいているんですが、プライベートでも六本木ヒルズに行くことが増えました!日常生活のレベルが一個上に上がった感じがします、ミーハーです(笑)

もちろん大変なこともあります。限られた予算の中で最大限の効果を出すにはどういう企画がいいんだろうととても悩みますし、トラブル発生もありますし、成果が出なかった時は落ち込むこともあります。ただロジックを立てながら企画を組んで、ダメだった場合は次に活かせると思うのでまだまだ頑張ります!


ー LCの魅力はなんですか?

LCの魅力は3つあると思います!「人、文化、きちんと評価してくれるところ!」そこが私は魅力だと思っています。人についてですが、一言でいうと「素直」な人が多くて嫌味な人がいないので働きやすいですし、プライベートの相談にも相談したら親身になってくれます。和気藹々な雰囲気ですが仕事には真面目に本気で取り組んでいて、無邪気感というか少年感というか、若い人が多いのもありますが清々しい会社です!文化の面でいうと「ポジディブ思考、責任感、Fuck the dream killer」という文化が浸透しているなと感じます。

責任は与えられるものでなく取りに行くという社風なので裁量権はものすごく大きいと思います。どんどん提案できる環境なので仕事の幅、クライアントさんに対する提案の幅も広がります。評価に関していうと、成績をあげる方にはきちんと評価するというシステムが整えらえれています。もちろん営業なので目標を達成するためにどうするか考えて、上司の方も週一面談で一緒に考えてくれます。よく個人主義なのか、冷たい会社なのかみたいなこと言われるのですが実際働いている私からすると本当に全員に目標を達成してほしいという営業部長(イノッチさん)の優しが伝わります(笑)、ときには厳しいですが部下大好きなの知ってます。


ー 今後のキャリアや展望はなんですか?

まずは「TikTokといえばLCの城間!」と言われる人間になることを目標としてます。プライベートでもTIkTokはすごくみるし、有名になりそうな子がいたら保存してます。TikTokって流行り廃りのスピードも早いですし、アルゴリズムが変わる頻度も多いです。日々勉強です!好きなことの勉強は苦になりません。韓国語を毎日勉強してたのと同じ感覚です!


ー 城間さんにとって仕事とは?

言葉が合ってるかわかりませんが、私にとって仕事とは「最大の暇つぶし」です。暇だなぁと思ってる時間にTikTokを見るのが仕事なので最高です!暇なときに嫌いなことする人いないですよね?なので好きな仕事を選んだって感じです!ネットフリックスみたり、サウナいったり飲みにいったりするのと同じ感覚で仕事しています(笑)


ー どんな人と仕事したいですか?

個人的には「謙虚なナルシスト」が一番いいなって思っています!女性も男性も関係なく、ちょうど良いナルシストだけど腰が低い方って魅力的だなと思いますし仕事できる人が多いイメージです。LCで活躍してる人の共通項にもなっているなと思います。

ただ環境で人は変わると思うのでたくさんの方に一度会社に来て欲しいな!と思っています!

株式会社Leading Communication's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社Leading Communication
If this story triggered your interest, have a chat with the team?