1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

~どこまでも突き詰める~技術×コンサルで世界に羽ばたくエンジニアに

皆さんごきげんよう!季節は2月、まだまだ寒い時期が続く中、皆様いかがおすごしでしょうか。
コンビニの肉まん、カップスープの温かさを励みに日々邁進している採用チーム長尾です!

さて、いよいよ2022年新卒選考も大きく動き出し、皆さんも「就活」という言葉を各方面から耳にしているのではないでしょうか?
皆さんの中には、「就活の軸とか、やりたいこととかってすぐには見つからない…」とか「そもそも何から始めていいいか分からなくて焦ってる」と感じている方もいるのではないでしょうか?

そんなあなた、ちょっと寄り道していきませんか?
就活に新しい選択肢が見えてくるかも…?

--------------------✂--------------------

今回は、怒涛の就活期を乗り越えて来春から新たにLASSICの仲間となる、21卒内定者呉 翔宇(お さんう)さんに突撃インタビュー🎤

呉さんは、大阪府出身。現在は大阪市立大学・法学部に在籍しています。AIESEC(アイセック)という学生団体にも所属し、代表を務められていました。最近のマイブームは冬ならではの良さがある、焼酎のお湯割り🍶✨

また、クールな印象とは打って変わって大のお笑い好きで、先日まで開催していたM-1グランプリを12月のマイルストーンにしていたくらい楽しみにされていたんだとか!

そんな呉さんは、技術とコンサルティングのスキルを兼ね備えたエンジニアになるべく、今年LASSICの選考に参加されました。しかし就活当初は、特にやりたいことが明確であったわけではなく、「就活」にあまりいい印象を抱いていなかったのだとか!?一体どんな経緯でLASSICにたどり着いたのか、当時を振り返っていただきました。

2020年一大イベント終了!

長:白熱したM-1グランプリも無事終了して、呉君もとりあえず一息付けそうですね!

呉:そうですね。ずっと感情移入して見ていたので、そわそわしっぱなしでしたね。これでやっと安心して眠れます(笑)

長:そんなに(;・∀・)!?まさに2020年の一大イベントだったんですね。
一大イベントといえば、就活もある意味そう言えると思いますが、今振り返ってみていかがですか?

呉:辛いこともありましたが、納得のいく就活ができたと思っています。就活期のノートやメモを読み直すと、今の自分も納得する部分が多くて、あの時考えたことや体験が今に活きてるなって感じます。

長:実りのある期間になったということですね。LASSICに入社することを決めてくれて、その結果に納得できたといってもらえるのはとても嬉しいです✨今日は、呉君がLASSICにたどり着かれるまでのお話を色々聞けたらと思っているのでどうぞよろしくお願いします!

憧れの人と出会い、「色」を持つ企業と出会う

長:早速ですが、呉君が就活で大切にされていた「軸」を教えてください!

呉:就活で大切にしていた「軸」は二つあります。
一つ目が、いち早く技術力とコンサル力を兼ね備えたエンジニアとして成長できる環境かどうか。そして二つ目が、会社として目指すビジョンに共感し、自分も心から目指したいと思えるかどうかです。
 1つ目の軸の理由は、大学時代に1年間休学して、Webサイト制作やWebアプリ開発のプログラマーとしてインターンをしていた経験が背景にあります。元々エンジニアに興味を持ったきっかけは、情報系の仕事をしていた父の影響と、エンジニアの需要が高いということでした。小さいころから話は聞いていたし、エンジニアであれば国内外で幅広く仕事ができる可能性があるので、アリだなと思っていましたね。

長:では、「コンサル力を兼ね備えた」エンジニアを目指すきっかけとなったのは何だったんでしょうか?

呉:インターンシップで、システム開発のプロジェクトに参画し開発業務だけでなく、お客様との打ち合わせにも同伴させてもらいました。当時一緒に打ち合わせに同伴していた先輩の方が元々エンジニア出身の方で、お客様の抱えている課題に対して、真摯に向き合って解決策を考える姿やシステムについての技術的な話をわかりやすく説明する姿を見て、自分もこうなりたいという憧れを抱きました。
そして、自分が実際にお客様からの質問や要望に対して、解決策・対応策を講じて提案し、ときにはお客様から直接感謝の言葉をいただいた時には、開発だけをしているときには感じられない達成感や喜びを感じることができました。この経験から、技術力とコンサル力を兼ね備えたエンジニアを目指したいと思うようになったんです。システムインテグレーター(LASSICのようにお客様のシステムに関する業務を一貫して行う企業/以下SIer)を目指していたのも同じ理由です。


長:そのインターンで、開発だけでなくコンサルもできるエンジニアを目指されるようになったんですね。
インターンに参加されたのは大学3年生の夏ごろと伺いましたが、就職活動と同時並行ですすめられていたんですか?

呉:いえ、同時ではなかったですね。
確かに、そのころから就職活動を始める人は多かったです。自分も始めなきゃとは思っていたんですが、当時は「就活」にあまりいいイメージがなかったんです。学生と社会人は全然違うのに、今までの経験だけで会社選びをするのって、正直難しいしそれでいいのかな?と僕の中では腑に落ちない部分が多くありました。働いた経験がないのにやりたいことは出てこないだろうなと思ったので、1年休学してがっつり会社の中に入って働くことについて知ってみようと思い、インターンに参加しました。
僕にとっては、エンジニアが合っているかどうかを仮説検証したという形にはなるんですが、合っていなかったとしても学べることは多くあると思ったので、迷いはなかったですね。

長:そこで目指したい姿に出会えたことは、本当に素晴らしいことですね。呉君の行動力にも脱帽です…!
2つ目の軸である、「会社として目指すビジョンに共感し、自分も心から目指したいと思えるかどうか」についてはいかがでしょうか?

呉:これは就活を進めていく中で気づいた「軸」なんです。実はエンジニアになることを目指して企業探しをしている中で「どこの企業もあんまり色が見えないな」と、若干もやもやしていたんです。

長:もやもや…そして「色」ですか?

呉:お客様の課題解決をした先に会社としてどういうことを目指したいのか、社会にどういうインパクトを残したいのかっていうのがあまり見えなかったんです。システムインテグレーターがお客様の課題解決に徹するということは前提として重要であると思いますが、その先にある、社会の仕組みを変えていきたいという熱意のある目標を掲げている会社で働きたいなと思うようになりました。
そんな時にLASSICと出会って、自分の中のギャップが埋まったんです。


呉:LASSICは株式会社ガイアックスさんのオンライン就活というサービスで見つけました。僕は本社のある鳥取にも行ったことがなく、地方創生についても無知だったので、「ITで、地方創生」という理念が印象的でした。
最終的にLASSICともう一社大手子会社SIerから内定をいただいていたんですが、LASSICの目指す地方創生というビジョンに共感し、自分も心から目指したいと思えました。システムインテグレーションを目的達成のための一手段で、ゴールとして社会貢献(地方創生)がある企業だったのが決めてです。
来春からは、技術力とコンサル力を兼ね備えたエンジニアを目指して業務に取り組み、また、将来的には日本に限らず海外でも活躍できるエンジニアになって、多様な価値観やバックグラウンドを持った人たちと働きたいと考えています。

諦めずに突き詰める

長:まさに呉君には来年4月からご入社いただくわけですが、LASSICで楽しみにされていることはありますか?

呉:やっぱり、全国にある拠点をつなぎながらいろんなバックグラウンドを持った人とプロジェクトを進めていくことですね。場所にとらわれない働き方をLASSICが先頭に立って推進していきたいです。
一緒に入社する同期も、本当に個性豊かですごい経歴の人たちが多い分、楽しみだし、負けたくないなって想いがあります。

長:呉君がLASSICの一員になることで、どんな化学反応が起こるのか私も今から楽しみです!
最後に、現在就活を頑張る22卒の皆さんにメッセージをお願いします!

呉:妥協せず、あきらめず、ブレずに突き詰めてください。
僕会社選びや自己分析と、慣れるまでが結構辛かったです。それを乗り越えても、内定をもらうために自分の考えと異なることを言うこともあったため、そのたびに心が痛かったです。
でも何回も場数を踏んでいくうちに、自己分析も自分にあった会社の選び方も自然と見えてきました。また、自分の考えをぶらさないことで、頭の中でつじつまが合わなくなることもなくなりました。
だから、誰に詰められても、自分の強みや価値観をしっかりプレゼンできるくらいこの就活期に突き詰めてみてください。僕がそうであったように、その頑張りはきっと後に「信念」という形で生きてきます。
精神的にもつらくなることも多いですが、一つ一つの結果に一喜一憂せず、納得の行く就活をやり切ってください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LASSICでは22卒向け早期選考がスタートしています!会社説明や冬季インターンシップも絶賛開催中!
皆さんの「したいこと」をするための第一歩として、LASSICの先輩たちとお話してみませんか?

LASSICでは公式Twitter,Instagram,noteで情報発信中!
もしよろしければ、是非フォローをお願い致します!(`・ω・´)ゞ

Twitter : https://twitter.com/home
Instagram : https://www.instagram.com/lassic_tottori
note : https://note.com/lassic

株式会社LASSIC's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more