1
/
5

プライベートと仕事の区切りをきちんとつけられること、自身の裁量で一日の終わりを決められることが魅力です

STAFF INTERVIEW

2018年入社 インフラ事業本部 コンサルティング営業

━━現在の業務内容をお話しください。

インフラ事業本部は会社の売り上げを維持していくサービス運営を担う部署です。私が担当している『AdSiP』は、広告媒体ごとの着信を計測して媒体の効果を可視化するツールです。私はこの『AdSiP』の新規顧客を担当しています。

━━フリービットを選んだ理由をお話しください。

“滑らかで丁寧な絹(SiLK)のようなインターネット社会”というビジョンに共感したことが理由です。
私は大学、大学院で生物学を学び、バクテリアの研究をしていました。その中で、世の中には優れたプロダクトがたくさんありますが、そういったプロダクトと人をつなげることが成功している事例は少ないように感じていました。就職活動を始めた当初は、研究職を探していましたが、ITを使えばそういったことがやりやすくなる。そう考えて志望をIT業界に変えて活動をしていたところ、フリービットに出会い入社しました。

━━仕事の面白さをお話しください。

『AdSiP』はサービスの特性上、インバウンド型のマーケティング手法を採用しており、ほぼ毎日、新規のお問い合わせをいただきます。私はもともと人と話をすることや問題を解決していくことが好きなので、お客様の問い合わせに対し、どのようにしてお客様の課題を解決していくかを探っていくことが楽しいです。

━━仕事する上で意識していることは何ですか。

お客様に対し、敬意を持ち、わかりやすく伝えることを意識しています。お客様から初歩的な質問をされても、その都度真摯な態度で対応することを意識しています。

また、電話での問い合わせの経路計測をするサービスは、存在自体があまり知られていません。潜在ニーズを持った方にリーチするための施策が必要です。弊社ではその業務をマーケティング担当者が担っていますが、そこから来た問い合わせを受けて、わかりやすく伝えていく事が営業の大事な役割です。

━━働きやすさについてお話しください。

非常に働きやすいと思います。具体例を挙げますと、休みが取りやすい点です。プライベートと仕事の区切りをきちんとつけられることも、働き続ける上で大事な要素です。一方、営業は迅速なお客様対応も大事ですので、「今日はここまで頑張ろう」「これ以上引き受けると支障が出るのでチームに相談しよう」と1日の仕事量を管理して進めています。

なお、『AdSiP』担当は、私以外の方々はベテランの大先輩ですが、裁量権を与えていただいてますし、困ったときには助けてくれるという安心感があります。

━━最後に就職活動中の学生にメッセージをお願いします。

フリービットはコロナ禍でも一貫して右肩上がりの成長を続けています。就職活動は苦労しましたが、結果的に畑違いの業界に行くことを怖がらなくて良かったと思っています。その経験から、自分がやってきたことを生かすことだけを考えるのではなく、わくわくすることや、自分が良いなと思う方向を信じて活動した方が、縛られることなく、良い選択ができるものと考えています。

フリービット株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings