1
/
5

自分が作りたいと思う宿泊施設を作る【メンバー紹介vol.6】

こんにちは。入社4年目、運営事業部の久保木です。

今回は私の事業部に関してや、入社したきっかけをお話したいと思います。

エイムズ株式会社は主に内装施工や賃貸仲介を行っていますが、私は民泊・マンスリーマンションの運営を担当しています。。部署の名前はSRM(Short Rental Manegement)。社内の人間も社外の人にもなじみのない名前なので対外的に運営事業部と名乗っています。

写真のお部屋は蒲田エリアで運営している特区民泊制度の宿泊施設です。

全22部屋ある客室の14部屋をエイムズでリノベーションしその後全部屋の運営を行っています。普段の仕事はゲスト対応やプライシング・プランの作成、清掃や消耗品の手配、物件管理として工事の発注など宿泊施設の運営にかかわるすべての仕事を行います。

この宿泊施設をオープンするとき、SRMはお部屋の完成前に声がかかり家具の選定からお部屋作りにかかわります。家具の選定・発注・設置から宿泊施設として運用するための行政の許可の取得、業者やシステムの選定・アルバイトの採用、室内に設置するハウスルールの作成や募集媒体への掲載、プライシングなどを経てオープンしました。この蒲田の宿泊施設は、部屋の完成後からかかわってきました。すでにオープンから2年が経過しているとは怖いもんだ。。

入社のきっかけ

もとから海外のゲストに日本の魅力を伝える仕事をしたいという思いがあったので、東京駅近くのホテルで5年勤務してました。その後退社し、世界一周してますます日本いい国だなあという思いが強くなりました。そのままホテルマンとして働く選択肢もあったのですが、世界一周後の3か月間のリゾートバイトでホテルで働いて思い直しました。50代の方がサービスマンとして働いている姿をみたときに、自分が50代になったときに同じように立ち仕事できるのか、いやできない。

そこから転職支援を受け幸いなことに内定もいただいたのですが、まったく興味のない分野で悩んだすえに、自分の興味のある分野は旅行や観光だなあと立ち返りました。新しい宿泊形態として民泊に注目が浴びていた時期でもあり、将来的に自分で宿を開いてみたい思いもあったので民泊に絞って募集を探し始め、そこで見つけたのがエイムズ株式会社でした。

いまだから言いますが、リノベーションという分野にも部屋のデザインにも興味がなく、ただ民泊をやってるという一点で応募しました。

民泊、宿泊業をやろうと面接に臨んだ私でしたが、面接の場で社長の松島と話してイメージが変わりました。リノベーションということは部屋を作ること。SRMの仕事は作った部屋を貸し出すこと。そこに無限の可能性を感じました。宿泊業っていうより部屋貸しのイメージ。部屋であれば宿泊でも撮影スタジオでもパーティールームでもなんでもいい。部屋から作れるならなんでもできる、そんな思いで入社しました。



入社して1年はつらかったあ。笑

民泊の知識がないまま既存物件のテコ入れのためシステムを導入したり、電球すら交換したことないのに家具を組み立てることになったりと右も左もわからないまま仕事がスタートしました。民泊担当は私だけだったので相談できる相手も社長のみ。しかも新規事業なので正解や前例があまりない。最初は道具を持たず荒山を登っている気分でした。それでももう入社して3年がたちます。いまは荒地は耕したので種まいて水をまいてます。あとは花咲くのを待つのみ。

私が思うエイムズのいいところ

ここで学んだことは、やればできるということ。正攻法がだめならアプローチを変えて対応を考える。

エイムズのいいところは人数が少ないけど、その分小回りがきくこと。仕事を効率化するシステムを導入するのに稟議はありません。説得です。調べてよさそうなシステムがあれば無料プランでいれてみて、良ければそれを力説する。どんどん自分次第で環境が変わります。荒地を耕す道具は自分で入手する辛さと楽しさ。いいと思ったことはどんどん入れて変えていけるこの身軽さが私の性に合っていました。

あとは人の良さ。入社して3年間、人間関係で悩んだことがないんだよなあ。ストレスがたまれば、残っているメンバーに声をかけてお酒を飲む。その場で愚痴をいって、次の日には切り替える。その循環があったから続けられてきました。部署ごとの隔たりもあまりなく、社長との関係もとてもフランク。全社での懇親会やアクティビティもあります。

昨年のアクティビティは、海釣りでした。

今後やりたいことは、部屋のプラン作りから参加すること。いままでの宿泊施設運営の経験を詰め込んで最大収益叩き出す部屋をつくりたいです。ゆくゆくは自分で民泊を行うことも視野にいれています。

はい。以上、私の感じるエイムズのいいところ。一緒にエイムズを成長させるメンバーを募集しています。

エイムズ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from エイムズ株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?