1
/
5

人生で一番有意義な有給休暇を取得した話(暫定)

こんにちは

父です。




弊社の有休無限についてはこちらの記事を参照


福利厚生(有給無限)を使って誕生日を祝われに行ってきました | 株式会社ダイバージェンス
前回の有給取得から間もなく、無限有給を使ってエンジョイしてきました。 何度も言いますが、 ダイバージェンスの有給休暇は減りません。 無限です。エグゾディアの攻撃力と同じです。 何を言っているかわからない方は過去の記事をご覧ください。 ※いままでの有給無限活用記 さてさて 今回はといいますと、 私は4月が誕生日でして、 さらに 今年は 誕生日が 土曜日だったので、 金曜日に 有給をとって お肉を ご馳走して もらいました。 まずは前座で、昼間は買い物したり、ラーメン食べたりしまして、 夜は予約してくれていた
https://www.wantedly.com/companies/company_7987392/post_articles/396035






7月某日


深夜2時、私と臨月の妻は床に就こうとしていた。


予定日を4日あまり過ぎてはいたが、あまり気にもせず

「のんびり屋さんやね」とかいいつつ、いつも通り眠りに就ついたその時




「うわっ」



妻の声で入眠10分で目が覚めた。



「きた」

と続ける妻をみると



確かにきていた。




そう、破水である。




即座に病院へ電話し、指示を仰ぐと

今すぐ荷物をまとめて病院にきてくださいと、

そのまま入院になるだろうとのこと。

(病院の保留音がミスチルのinnocent worldだったのが印象深い)



病院へ行く準備をしつつ、代表の中田さんにチャットを飛ばす

「破水したので明日休みをもらっていいですか?」


快くOKと「奥さん頑張れ」のエールをもらう。

(ありがとうございます。)



車を10分ほど走らせ病院へ到着。



お医者さん曰く、人によって出産までのチャートは異なるようなのだが、

今回は陣痛の感覚が短くなるまで寝て待機になるらしい。



あらかたの説明を受け、自分は一旦帰宅することに。

家に着いたのは朝5時。




軽く寝た後、家の掃除をしたり家の掃除をしたりしていると

妻から「もうそろそろ産まれそうな予感」と連絡が。



昨今の事情もあり、立ち合いはできないため「幸運を祈る 」と伝える。

(ビデオ通話でオンライン立ち合いもできたらしいが、分娩室内の音声は出力できないため、

苦しそうな妻の映像をミュートで見るといったシュールな時間になりそうなので断った)



分娩室に入ったのか、本気モードに入ったのかしばらく連絡が途絶え...



深夜の破水から15時間後

一枚の画像とメッセージが


「産まれたよ」

(写真は裸体のため何かにひっかかっちゃいそうなので割愛)




諸葛エモさに包まれながら

親とほぼタイでみんなにチャットで報告。





出産後は数日間、入院するためちょっとそわそわしつつわが子の帰還を待つ。

退院までは写真を送ってもらいながら「病院食が意外とうまい」みたいな話をしていた気がする。





退院当日、

妻とわが子を迎えに行き

抱っこなんかもしちゃって、「お父さんやで」とか言ってた。



※ちなみに女の子でした。



あと、その夜は妻の好きな寿司と焼肉とケーキでパーティをした。

(祝い事には寿司と焼肉とケーキでしょうと)





出産後はなにやら役所で色々手続きが必要らしい。

とりあえず代表の中田さんに「出生届を出しに行くので明日休みます」とチャット


「ええで」と返信があったので翌日役所に行ってきました。

(ありがとうございます。)

無事、出生届も受理され今はすくすくと育ってくれています。


ちなみに妻の退院からしばらくはリモートで娘の様子を見ながら勤務していました。




今はこんな感じに生活感満載でミルクあげたりしてます。


アイアムお父さんです。




家族や家庭を優先的に図らってくれているダイバージェンスに感謝。

※娘のマイナンバー発行後、秒速で社会保険の扶養加入手続きをしてくれたのにも感謝




そんな感じで今回は終わりです。

人生で一番有意義な有給休暇を取得できた話でした。

株式会社ダイバージェンス's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings