1
/
5

【インターン生の一日】AuBの中をのぞいてみた。

こんにちは。初めまして。
AuBインターン生の稲冨真菜(大学4年生)です。

私は昨年の12月ごろからインターンとして参加しています。
このご時世ということもあり、インターンはすべてリモートで行っています。

先日、緊急事態宣言が開けたタイミングで、初めてAuBが利用しているコワーキングスペースを訪問し、社員の方々やインターン生たちと直接お会いすることができました。インターンを始めて約半年が経っての初対面!ということで、今回はこの訪問の日の出来事や感じたことを綴りたいと思います。

私は関西出身、関東在住の大学生です。
関東に引っ越してきてから、休みの日には東京に遊びに行ったりもしていましたが、コロナが流行して以来全く行かなくなったので、約1年半ぶりの東京です。平日に電車に乗って人混みの中に行くと、ちょっと大人になった気分と言いますか、世の中の人はこういう生活を送っているんだなと自分とは違う環境で生活する人たちを見て、新鮮な感覚を覚えました。(完全に田舎者です。笑)

東京駅に到着し、Google マップを駆使して徒歩10分。
ビルに入り、エレベーターに乗って、ピンぽん!到着しました。

AuBはまだ自社のオフィスというものはなく、コワーキングスペースというシェアリングスペースを利用しています。なんだか今ドキですよね。
お洒落なライトやソファが並ぶ空間。オンラインミーティングの背景で見覚えのある壁。
初めて来るような、来たことあるような場所で、温かく迎えてくださった社員の方々。
直接お会いするのは初めてだったので、これまた「初めまして。」のような、でも約半年間オンライン上ではお会いしているため「あ、お疲れ様です。」というような、なんだか不思議な感覚でした。


到着後、マーケティング部門で管理栄養士の愛子さんと瑠美さんと一緒にお話をさせていただきました。

(写真 左:瑠美さん 右:愛子さん)

近況を話したり恋バナをしたり、たわいもない話をたくさんさせていただきました。本当に皆さん話しやすくて温かいんです。
いろいろな話をさせていただく中で一番感じたことは、お二人ともとても熱心で思いやりのある方だなということです。
机にはアスリート栄養学の本が置いてあったり、「こういう悩みを抱えている選手がいて〜」とか、「チームとしてこういうところを改善したいんだよね」とかそういったお話がたくさん出てきたり。私もスポーツをやっているのですが、私のようなアマチュア選手にも親身に相談に乗ってくださったり、熱心にアドバイスをしてくださったり。
どうすれば選手をベストコンディションに持っていけるか、学びながらひとりひとりに合った解決策を模索する姿勢から、想いの強さや人を思いやる温かさを感じました。

他にも、AuB創業初期に、まだ研究結果があまり出ていないにも関わらず検体を提供してくれたアスリートに、感謝の気持ちと少しでも役に立ちたいという思いから、ひとりひとりに検査結果のフィードバックを行っていたという話をお聞きしました。しかもその当時は日本全国に直接会いに行っていたそうです。

こういったひとりひとりに親身に寄り添う姿勢がAuBらしさなのかな、AuBのいいところだなって思いました。
以前、代表の啓太さんもお客様の顔を思い浮かべて考えることが重要とおっしゃっていました。私も直接お客様と接する機会は少ないですが、そこをもっと考えなきゃいけないなと改めて実感することができました。


ここで同じくインターン生の戸川さん(大学4年生)が福井県より合流。
マーケティングチームみんなで近くにランチに行きました。

ここでもたわいもない話をたくさんしました。
皆さん、本当に仲がいいんです。
同僚というよりチームメイトや仲間という言葉が似合いそうな関係性です。

趣味の話や家族の話、いろいろな話をしましたが、やはり腸やコンディショニングの話となると皆さん熱が増します。最近はこういう研究もされているとか、あの本がよかったとか、あの選手はこんなことを言っていたとか、話がつきません。
皆さん本気で仕事をされているんだな、かっこいいなと思いました。

ランチをした後は、業務の確認や相談を行い、この日は帰宅しました。
あっという間の出勤日でした。


私はインターンとして関わらせてもらうことが決まった時、とてもビクビクしていました。
社員の方はどんな方なんだろう。会社の雰囲気はどんななんだろう。
めちゃめちゃ厳しいんじゃないか。冷たい人ばかりだったらどうしよう。
そんな想像をしては勝手に不安になる自分がいました。
でも全く心配する必要はありませんでした。
皆さん本当に話やすくて優しい方ばかりで、わからないことは丁寧に教えてくださるし、「最近困ってることない?」といつも気にかけてくださいます。

今回、実際に社員の方とお会いして、皆さんの温かさやチームワークの良さ、熱意というものを改めて感じました。
そして「私ももっとやらなきゃ、もっとやりたい!」という気持ちになりました。
まだまだ自由に移動したり会ったりすることが難しい状況ではありますが、私もAuBの一員として頑張っていけたらなと思います。

最後は私の決意表明のようになってしましましたが、少しでもAuBの雰囲気や内側をお伝えできていれば幸いです。

拙い文章ですが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

AuB株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more