1
/
5

【インタビュー】『業界No.1を目指して!』株式会社HRCのマーケティング術に迫る!!

皆さんこんにちは。

24卒インターン生の堀内です。


「マーケティング思考」は、すべての仕事の成功確率をグンと上げる。

最近私が読んだ本にこんなことが書いてありました。

たしかに、マーケティングがビジネスにおいて本当に大切ということは理解できました。ただ、マーケティングについてもっと知りたい!!

当然ながら、本を読むだけではわからないことってありますよね。

その「わからない」を解消するために、実際のマーケターに話を聞いてきました!


ということで、今回のインタビュー対象者は…

ネクステージ(以下:NX)グループ最大の組織として成長を続ける株式会社HRCで活躍している【プロモーション課 課長 川田崇雄さん】です!!


  • 名前:川田崇雄さん
  • 出身:東京都江東区
  • 入社:2015年4月(新卒7年目)
  • 役職:株式会社HRC プロモーション課 課長
  • 趣味:サウナと映画鑑賞(映画は特に流行っているモノ)

◆プロモーション課とは?

ー仕事内容と組織体制

Webのプロモーション広告という手法を使って、自社のファンになり得るお客様に商品を購入してもらうきっかけを提供することが私たちの役割です。代理店と色々話して、よりお客様に購入していただけるように施策を考えているっていう感じですね。

チーム体制としては、3チームあります!

  • ➀モールチーム(ECモールの運営)
  • ②ヴィアージュ・ルーナの自社プロモーションチーム
  • ③ラフドット・エヌメリーの自社プロモーションチーム

ヴィアージュ・ルーナ・ラフドット・エヌメリーはHRCのフロント商材


◆川田さんから見たNXとプロモーション課

ー人間力を重視するNXに共感し、入社へ

就活時の軸は、3つでした。

  • 成長業界でその中でも成長している企業
  • ある程度裁量権がある
  • 年次関係なく挑戦できる環境

就活を終えようかと思っていたタイミングでNXへ紹介いただいて、丹野社長との面談でお話を聞いてきたときに…

「仕事力と人間力は分けている。NXは人間力を重要視しているんだよ」

という社長の考えにすごく共感しました。

でも、「本当にそんな人たちが働いているのか?」と半信半疑で、とりあえず朝礼に参加したんです。

そこで現場社員を見て「本当に同じ考えのもと働いている人たちがいる」ことを実感しました!

それが1番の入社を決めたポイントですかね。

当時はまだグループ会社ではなかったので、初期配属は新卒紹介事業部でした。最初からHRCに入社したわけではなかったです。


      (ここだけの話、人材業界の大手から内定をもらっていたそうです…)


ープロモーション課のやりがいとは?

ずっと変わらないことなんですけど、

【お客様に対して、自分が考えたことを実際に実行して数値として成果に出る】

そこが1番やりがいに感じますね。

僕は、誰に対して、どのような内容を、どういう手段で伝えるかっていう3つの考えがマーケティングにおいて大事だなと思っているんですよ。

その中で、その考えに基づいて実行して、数値として成果が出るっていうのは楽しいなと思います。

だからこそ、入社当初の役割としては

  • データの集計
  • 分析周り
  • クリエイティブのチェック
  • 市場調査

がメインで、自分で考えられたり、仮説立てできるようにしているって感じですかね。


◆プロモーション課のこれまで

ー常に失敗しているからこそ成功できている

印象に残っている出来事として、2年前に課長になってからTVCMというWebではない広告手法やタレントとのコラボイベントなどの「挑戦」をしたっていうところはエピソードとしてあるのかなと思います。

具体的なところで言うと、飯豊まりえさんとのTVCMやエヌメリーという商材を渡辺直美さんと商品開発から携わっていただいたりっていうところが、僕としては印象的なところですね。

そこで意識していたことは、失敗をどう学んで次に活かしていくかで失敗は失敗じゃなくなると思っているので、失敗を「失敗」っていう風にあまり思わないことですかね。

TVCMだって成果として上手くいったとは言えないですし、それこそプレイヤーの時なんて失敗の連続なんですよ(笑)

でも、いろんなことを試して、失敗からいろんなことを学んで、今があるって僕は思ってます。


         (チャレンジ精神にあふれた人だなという印象を受けました!)


◆プロモーション課の今とこれから

ー業界ナンバー1を目指して

今の課題はうちの商品の認知度にあるかなと思っています。

ナイトブラっていうカテゴリの商材の中で、知っている人=8割、ユーザー=4割くらいなので、そこを上げていかなければいけません。

ヴィアージュ・ルーナというのは市場を先導してきた商材だと思います。なので、【ナイトブラを知っている人・知っているけど使っていない人にどれだけヴィアージュ・ルーナを使っていただくか】がミッションになっていますね。

そして、今までのWebという手法以外にも色々とチャレンジをして認知をしていただけるきっかけづくりをしていくことが今後やっていくことになります。

おうちブラの中のナイトブラというカテゴリで業界ナンバー1を目指しているので!


ー新しい運用体制へ

組織についても新商品・新ブランドを会社として立ち上げていきたいなと思っています。

しかし、現状として広告のプロモーションがなかなか打てないという現状があります。それは、新ブランドなので広告の予算という点で打ちづらいんですよ。

そこで…

プロモーション課の中に広告を実際に運用するチームを創ろうかなって思っています!

自分たちでプロモーションを考えて、自分たちで実行・運用していくっていうイメージですね。



ー川田さんの挑戦

私自身、今後やりたいことは2つくらいあるんですよね。

1つが、自分自身が事業主として経営者としてやっていきたい。

人生1度きりなので、チャレンジをしていきたいし、自分の想いや考えを発信していきたいなというのは、入社当時からブレていないです。

さらに、今では【次の世代の人にチャンスのバトンを渡す】という考えになっていますね。自分が事業主になることで雇用などのチャンスが増えると思うので。

もう1つ、もう少し手前でいうと、プロモーション課には経営者として・ブランドマネージャーとしてやっていきたいという人が結構多いんですよ。なので、それを実現させてあげるっていうポジションもいいなと思っています。

つまり、マーケティングの支援っていうのをやっていってあげたいです。

NXグループの様々な子会社のマーケティングをマーケターとしてしていくということも一つの手段としてあるのではないかなと思っています。


          (川田さんの今後の大活躍を期待したいですね!!)


◆新しい仲間への期待

―第2の家族

社内や部門は和気あいあいとしていますよ。プライベートも仕事も本気なメンバーがいますし、常に全力かなと思います(笑)

それは、NX全体がそうで、「仕事も遊びも本気」みたいな貼り紙が当時はトイレに貼ってあったんですよ。

なので…そうですね、第2の家族みたいな感じですね。


ー臆せずにチャレンジしてきてほしい!

挑戦をしない限り経験ってできないじゃないですか。それが成功であろうが、失敗であろうが自分自身を成長させると思っているので、【自分の成長が課の成長に、課の成長が会社の成長につながる】って言うことを新しく入ってくる方には伝えたいです。

いかがでしたでしょうか?

この記事を通して川田さんについて、プロモーション課について知ることができましたか?

私自身、川田さんとお話しして…

爽やかな見た目の中に、熱い思いを持った方だなという印象を受けました!


川田さんのコミュニケーションの取り方についても伺ったのですが、【尊重すること】を意識しているそうです。

というのも、人は長所半分・短所半分という言葉のとおり、人によって必ず良いところはあって、自分にはないものを持っているという考えを持っているからこそ、部下であろうと人として尊重しているそうです。

このようなマインドをお持ちの方と一緒に仕事をしてみたくなりましたよね!?


以上で今回は終了です!

今回の記事で「NXグループについて」「マーケターの考え方について」知っていただけますと嬉しいです!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

ネクステージ株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from ネクステージ株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?