1
/
5

きっかけは「ありがとう」

皆さま、はじめまして。アーキビジョン株式会社の澤谷(さわたに)です。プログラマーとして長年開発現場にいました。そんな私がなぜUI/UXデザインの世界に入って、起業するまでに至ったのかを自己紹介を兼ねてお話したいと思います。

遊ぶ側より作る側に行きたい

高知県で生まれ、東京で育ちました。私がこの業界に入ったきっかけはファミコンでした。小学生の時に任天堂から発売された家庭用ゲーム機ですね。小学生のお小遣いで買えるわけがなく、両親も買ってくれない。買い物に付きそうたびに、ガラスのショーケースに展示されたファミコンをうらめしく眺めた記憶はいまでも残っています。

その姿を不憫に思ったのか、ある日おばあちゃんが突然買ってくれました。手に入るはずのないものが目の前におかれパニックになったと思います。友達と夢中になって遊ぶ日々でしたが、自分だけ「このゲームってどうやって作ってるんだろう」と遊ぶ方から作る方に興味がシフトしたんですね。プログラマーという仕事があることを知ったのはまだ先でしたが、遊ぶ側より作る側に行きたいという想いがはっきり芽生えた私の原点と言えるエピソードです。

プログラミングにしか興味がない変人

学業から最初の就職先まで、とにかくプログラミングに夢中でした。家族、友達、恋人、すべての人間関係をおそろかにしてまでプログラミングに没頭しました。最初の就職先は学生時代のバイト先です。企業向けの業務システムを開発している会社でした。そこでは変人扱い、人付き合いをほとんどせずにプログラミングにしか興味を示さない変な若者という感じです。

たくさんの業務システムの開発に携わりましたが、当時の自分は使う人のことなんてまったく考えてませんでした。なんの根拠もない自信だけがエネルギー、自分が良いと思うものを自分の好きなやり方で作るだけ。人の話を聞かない、アドバイスにも耳を傾けない。本当に生意気な若者だったはずですが、まがいなりにも動くものが猛スピードで上がるので、いつの間にか会社では若手のホープ扱いになり、誰からも口出しされず仕事に没頭できる自由を与えられました。

ユーザーの言葉が生き方を変えた

転換点はある人との出会いです。取引先のプロジェクトマネージャーでした。その人から不意に「いつもありがとう」と言われたんですね。私が設計したシステムが、その企業の年間最優秀プロジェクトに選ばれたそうなんです。

お寿司をおごってくれました。懇親の場にたくさん知らない人がいました。現場で実際にシステムを使っている人たちです。その人たちからも「ありがとう」といわれました。私たちが作ったシステムで仕事が楽になったとか、この機能が気に入っているとか。お酒が進むと、並び替えができなくて困っている、という手痛いフィードバックも。

ビールを持つ手が震えていました。システムの先に感情を持った人間がいることを、初めて認識した瞬間でした。

独りよがりでプログラミングしてきた恥ずかしい時代が終わり、ひとつひとつの接点で、使う人の姿を想像しながら丁寧にものを作るようになっていったというわけです。会社での立ち振舞も変わり、立ち上がるほとんどのプロジェクトでUIデザインを任されるようになりました。裏側の仕組みや技術を熟知していて表側のデザインもできるスキルはいまでも重宝されます。エンジニアとデザイナーが対立してしまいそうなプロジェクトのアイスブレイカーとしてプロジェクトに参画することもありました。

自分にしかできないという静かな決意

人と関わることが楽しくなり、もっと人を笑顔にできる場所を目指して外資系企業に転職しました。そこでUIデザインをやりながら、UXデザインもカバーするようになったのは自然な流れだったと思います。一方で、人のことを考えすぎて若い頃のエッジを失っていました。何をするにも慎重になり、いつしか組織の都合を優先しながらうまい具合に事を丸め込む人間になりつつあったのです。

着実にキャリアを積み重ね、クライアントから名指しで仕事を依頼されるようにもなっているのに、なにかしこりが残る仕事ばかりしている。こんな生き方を目指していたっけ?と自問自答するなかで、ふと周りを見渡すと、毎日遅くまで残業する人たちの姿がありました。

少し前に入力したことをもう一度入力させるUI、意味が曖昧でいつも選択を間違えるUI、画面をしょっちゅう行き来させるUI、派手な色使いで本当のアラートに気づかなくするUI、何度見ても意味を覚えられないアイコンなど。

例を上げるとキリがありませんが、業務システムというのは、こういうことが平然とまかり通っている世界です。誰もが「業務システムだから使いにくいのは仕方がない」と半ば諦めている状態だと感じます。

毎日ちょっとやりがいを作る

優秀な人材が、自分の持つ本当に力を発揮できずいる姿を当事者として長年見てきました。だからこそ彼らのいらつきが自分ごとのようにわかります。この人たちのやりがいを取り戻さないといけない、誰かが戦わないといけない。簡単ではないけど誰かが動かなければ何も始まらない。そう思いたって設立したのがアーキビジョンです。

ワクワクしていない人にワクワクは生み出せない。だから私たちは、まず自分たちがワクワクできる環境を作っています。そこで生まれる力がクライアントのワクワクにつながると信じています。小さな会社ですが、あなたの何かを変えるエクスペリエンスが転がっているかもしれません。

ぜひカジュアルに遊びに来てください!

アーキビジョン株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more