1
/
5

【新卒密着】インフルエンサーとD2Cブランドを運営!AnyMindで活躍する新卒1年目の1日

今回は2022年新卒として入社し、Creator D2C事業部で活躍中のK. Tanakaの1日に密着したほか、入社の動機や働く環境、AnyMindで働く面白さなどについても語ってもらいました!

AnyMindで働く新卒の姿を、よりリアルに知っていただく機会になれば幸いです!
是非、最後までご覧ください!

本記事とあわせてご覧ください!


今回の企画に協力してくれたメンバーを簡単にご紹介

◆K .Tanaka:プロフィール
2021年7月からのインターンを経て、2022年4月に新卒でAnyMind Japanへ入社。Creator D2C事業部に配属後、ブランドプロデューサー(以下、BP)としてインフルエンサーやタレントのD2Cブランドの企画や商品制作、発信、販売、その先のフルフィルメントまで包括的なブランド支援業務を担当する。

◆Creator D2C事業部の紹介
クリエイターやインフルエンサーとの共同ブランドの企画・生産、EC構築、マーケティング、物流などを一気通貫で支援。クリエイターとの連携はもちろんのこと、社内のパタンナーやデザイナー、生産管理メンバーとも連携しながら、アパレルやコスメ、雑貨、食品など幅広い商品・ブランドの展開を行います。

[目次]

10:00 出社、担当ブランドの数値確認
11:00 Dailyチーム朝会
11:30 SNSミーティング
12:00 ランチタイム
13:00 担当ブランドミーティング
14:00 香盤表作成
15:30 担当ブランドの撮影準備
17:00 担当ブランドの撮影
22:00 退社
本人インタビュー

10:00 出社、担当ブランドの数値確認

毎朝、ブランドの売上進捗の確認とSNSのアカウントの数値を確認しています。
売上の進捗を毎日確認することで、どのアイテムが人気なのか、どのアイテムをより強化するべきなのかなどを把握することができます。

売上の進捗を確認しその結果によって次週の施策なども検討するので、売上進捗の確認はBPとして欠かせないタスクです。

また、BPの仕事の一つに、ブランドのSNSアカウント運用があります。
売上進捗の確認と併せてSNS流入からの売上金額も確認することで、どういった投稿に対してユーザーからアクションが多かったのかを数値で認識することができます。

なので、PDCAを回して日々ブランドのアカウント運用をより良くしていくためにも、毎朝の数値確認は必須です。

11:00 Dailyチーム朝会

この時間では今日のタスク・今週1週間のタスクをチームで確認します。タスクの進捗管理をチームメンバーで確認することで抜け漏れを防ぐことができたり、タスクの不明点などを上長に聞くことができます。

このチーム朝会をやることで、自分のタスクの進捗を共有できるほか、他のチームメンバーがどのような進捗状況なのかを把握することで、各タスクに対してどのくらいの時間が必要なのか、どういった点で案件が進行していないのか知り、自身のタスク管理などにも活かすことができます。

11:30 SNSミーティング

このミーティングでは担当ブランドのSNSミーティングをチームで行います。
前週の販売結果の振り返りや販売を踏まえての改善点などを洗い出し、今後の販売やSNS運用の方針を話し合っています。

このミーティングでは振り返りや改善点などを細かく分析することを意識しています。
毎回の販売ででてきた課題を改善するためにはどういったアクションが必要なのか、
どういった点が良かったのか、
を洗い出すことで別のブランドでも活用できたりするので、要素を細かく洗い出すことを徹底しています。

12:00 ランチタイム

ランチタイムは基本的にチームのメンバーと行くことが多いです。私は、ランチをリラックスタイムとして過ごしています。

チームメンバーの方とゆっくり仕事以外の話ができる時間なので、プライベートの話をして交流しています。

13:00 担当ブランドミーティング

担当ブランドのミーティングは、週の販売の企画や生産面での進捗状況などを共有する時間です。
ブランドごとに毎週ミーティングを行うことで、前の1週間の振り返り、次の週に何を意識してマーケティングをしていくべきなのかを話し合っています。
ブランドプロデューサーは、インフルエンサーとのコミュニケーション以外にも生産管理チームと商品の納品状況の確認など各多方面で進捗管理をする必要があるので、ブランドごとに毎週ミーティングは欠かさず行っています。

14:00 香盤表作成

この時間では、午後に控えているブランドの撮影の香盤表を作成しています。

香盤表とは撮影に関わる方に対しての撮影の流れや詳細などがまとまった表です。どの時間に誰が何をすればいいのかをすぐに分かるようにブランドプロデューサーが香盤表を作成することで、関わる全員が今何をしていて、次は何があるのかを把握することができ、撮影を円滑に進めることができます。

15:30 担当ブランドの撮影準備

17:00より撮影を控えているため、少し早めに撮影の準備を行います。
撮影に必要な商品や小物をはじめ、撮影に必要なアイテムや備品などが揃っているのかどうかを確認します。

また衣装のシワが目立たないようにアイロンがけをしたり、より円滑に撮影を進められるように衣装を撮影順に並び替えたりしています。

17:00 担当ブランドの撮影

この日の撮影は、普段のスタジオ撮影と異なる「ロケ撮影」のため、会社を出てロケ場所である渋谷へと向かいました。

撮影中は常に周りを意識して、カメラマンさんに次のカットの指示出しをしたり、撮影されたカットの確認などを行います。

撮影していて一番嬉しい瞬間は、クリエイターさんや私たちブランドプロデューサーが出したイメージ通りに撮影が行えて、関わったメンバー全員が納得できるアウトプットを出すことができた時です。

本人インタビュー
ーーAnyMindで働く面白さは?

AnyMindが、いろんなことにチャレンジすることができる環境であることです。

年齢や性別関係なく、自分がチャレンジしたいことを後押ししてくれる人が多いので、何事にも挑戦しやすい環境だと思います。

ーーどんな人がAnyMindに向いている?

何事にもアグレッシブな人が向いていると思います!

インターン生でも新卒でも、チャレンジできるチャンスがたくさん降ってくるので、そのチャンスをどれだけアグレッシブに自分から掴みにいけるのかがすごく大切ですし、成長に繋がることだと思うので、そういった方が向いていると思います。

ーー最後に、就活生の皆さんにメッセージ

就職活動では、うまくいかずモチベーションが下がる時もあるかと思います。

しかし、妥協することなく納得がいくまで行動し続けることで結果がついてくると思います。
今は大変だと思いますが、応援しています!

AnyMind Group's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from AnyMind Group
If this story triggered your interest, have a chat with the team?