1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

従業員の人間的成長が人生の安定と会社の成長を作る

従業員が安定して生活し、会社も成長を続けるために必要なのは何か。and TRUNKでは「人間的成長」を理念の一つに掲げ、仕事を通した従業員の自己成長を目指しています。従業員が人間的に成長をすれば会社の利益につながり、社会貢献にも繋がる。木原社長へのインタビューです。

組織の成長過程で従業員の人間的成長を実感した

-人間的成長を大切にするという理念を掲げられた理由を教えてください

起業から5年間、今までand TRUNKで働いているみんなを見てきました。その中で、みんなに対して「人間的成長をしているな」と強く感じることが最近増えたんです。and TRUNKで働く中で人間的成長ができるということであれば、それは素晴らしいことだしもっと前に出そうと。一緒に働く仲間が人間的成長をすることで会社もより上を目指せるはずと考えました。

-従業員の人間的成長は組織にとってどのように重要ですか

人間的成長をすることで従業員自身が安心して生活できるようになります。その結果、企業も成長を続けることができると考えています。

自分の会社や他の会社、社会を眺めていて感じるのは「働く人というのは安定・安心を求めている」ということ。自分で会社を経営している人以外は、誰かが指示した型に合わせて働かなくてはなりません。その結果、給料だったり雇用だったりを安定して受け続けることができます。

しかし、会社が求める型に合わせることしかできないと、万が一職を失ったときに何もない自分になりかねません。どんな職場に行っても活躍できる力、これが人間力だと考えています。人間力があれば人生が安定するんです。

どこの職場に行っても活躍できる人間力を持った従業員が在籍していれば、会社のレベルは自ずから上がるとも言えます。また、and TRUNKの事業はお客様に喜んでもらうことが重要なので、そのためには人間的な魅力も磨いて欲しいと考えています。

従業員の人間力を上げるためにand TRUNKでは人間的成長を大切にし、従業員の人生の安定と会社の成長を目指しています。

成長のきっかけを与える取り組み

-具体的にはどのような方法で人間的成長を促していますか

様々なことに挑戦する機会を与え、自分で考える場を提供することを徹底しています。人間的成長が大切とは言っても非常にパーソナルな部分なので、完全にコントロールすることはできません。我々にできるのはきっかけを与えることだと考えています。

挑戦する機会という部分では、これまで様々なことを従業員が主体的に取り組んできました。RPAの導入業務、従業員が開催するセミナー、新領域への挑戦、新規出店後の試行錯誤、研修など。上から指示されたことを機械的にこなすのではなく、常に自分の頭で考えより良くできるか向き合うことが大切です。これができている従業員は成長するため、早期に役職がついたり未知の挑戦をする機会が増えていきます。

もう一つ重要なのはand TRUNKの理念や、組織の中であった良いことをしっかり共有すること。理念には会社と従業員が目指すべき理想の内容が書いてあるので、これを理解していれば自然といい方向に成長します。理解するためには考える回数と周知を徹底することです。and TRUNKは月一のミーティング中に、従業員が理念に関するスピーチを行います。従業員全員が理念について考える機会であり、改めて周知する機会となっているのです。

自分の人間力で人生も組織も安定する

-考えるというのが非常に重要な要素に感じます

当事者意識を持った考え方を身につけ、自分の問題解決力を高めるというのが理想です。そこにたどり着くにはやはり人間的成長は欠かせません。

こんな話があります。

「一人の老人が湖のほとりに住んでいた。
そこには毎年冬になると雁が群れで飛んできて、老人から餌をもらっていた。
ある年、老人が亡くなった。その冬も雁が飛んできたが老人は待てども現れない。
餌をもらえない雁は飢えてとうとう全滅してしまった。
当社ではこのような従業員の育て方はしません。」

これは某大手IT企業の社是らしいんですが、聞いたときは衝撃でした。老人はただただ餌を与え続けたために、雁に自分で餌を探す能力を失わせてしまった。雁も老人に頼らなければ生きていけなくなってしまった。その結果、群れという組織が消滅してしまったと言う話です。人間的成長がなければ個人の人生の安定も失われ、当然組織も崩壊する。それをよく表した寓話であり社是だと思います。

and TRUNKは従業員の人間的成長にフォーカスし続けます

-従業員とのコミュニケーションはどのような方法をとっていますか

重視しているのは1on1です。対話によって一方的でないコミュニケーションが生まれるので、通常の研修やミーティングとは違ったメリットがあります。会社と従業員がお互いのことをよく理解するためには欠かせない取り組みです。

1on1の組み合わせには相性もあるので、フィードバックを受けて話をする上司をチェンジすることもあります。この人とは話が弾まないけど、この人なら話しやすいとかもあるので。

-会社として従業員の人間的成長にフォーカスしている姿勢が伝わってきました

人間的成長はとても大切にしています。幹部のミーティングでも全体の8割は人事関連の話題ですし、and TRUNKの生命線はやはり働いてくれる従業員のみんなです。

「お客様の接客をして楽器やオーディオ、カメラを買い取る」という事業なので、一人一人の人間力は重要な要素です。また、新規出店や新領域の事業、取り組むべき業務改革が次々出てくるので、従業員の人間的成長が組織を力強く動かしていく原動力にもなっています。

and TRUNK株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more