1
/
5
PROJECT GROUP株式会社

会社紹介

Trending
Trending Posts

会社の収支状況を全社員に共有!毎月開催の『社員総会』とはどんな会なのか?

コンニチハ!PROJECT GROUP株式会社の栗本でございます。 本日は毎月社内で行われている『社員総会』についてご紹介したいと思います。「総会?なんか堅苦しそう...」と思うかもしれませんが、嚙み砕いて言うと 社員総会:全体収支、各部署の収支、当月の動き、来月の動きの共有会 と言ったところでしょうか。どのよう...

勇者は誰だ!?PG全社員の「新・RPGジョブ診断」の結果を公開!

コンニチワ!PROJECT GROUP株式会社の栗本でございます。 突然ですが、皆さんは『新・RPGジョブ診断』はご存知でしょうか?こちらはWantedlyと性格ナビがコラボして作った適職診断ツールで、20個の設問に答えるだけで回答者の強みや特性を診断できるというもの。 デザインコンセプトは某RPGゲームを彷彿と...

【創業10周年】PROJECT GROUP株式会社10周年記念パーティーが開催されました!

コンニチワ!PROJECT GROUP株式会社の栗本でございます。 2022年、PROJECT GROUP株式は創業10周年を迎えることができました。思い返せば、社長である田内をはじめとする友人3名から始まり、事業形態が大きく変わったり、人が入ったり辞めたり。決して楽ではない、波のある10年間だったと思います。 ...

PROJECT GROUPの新人研修はどんな感じ?

コンニチワ!PROJECT GROUP株式会社の栗本でございます。 年越しから、気付けばもう4月。気温も暖かくなりはじめ、散りゆく花粉に苦しむ今日この頃。つい先月まで学生だった皆さんは「新社会人」として新生活がスタート、各企業でも続々と新人研修が始まります。 新人研修の内容も企業ごとに多種多様。しっかり座学を行う...

新人が企画から開催まで一任担当!毎月開催の『納会』について紹介!

コンニチハ!PROJECT GROUP株式会社の栗本でございます。 今回は前回の「社員総会」に引き続き、毎月開催の『納会』についてご紹介していきます。一般的に知られている「納会」は仕事納めの日に行われる親睦会。つまり、1年に1度の開催がほとんど。 ですが、PGの場合は『納会』は1ヵ月ごとに開催され、年間で12回の...

Latest
Latest Posts

【エンジニア座談会Vol.2】即戦力エンジニアがやってる勉強方法とは?採用される人の共通点

コンニチワ!PROJECT GROUP株式会社の栗本です! 今回は、前回に引き続き『エンジニア座談会Vol.2』の開催に際しまして、再びPGの開発事業部の皆さんに集まって頂きました! ズバリお題は ・エンジニアにおける即戦力とはどんな人材なのか? ・即戦力エンジニアは普段どのような勉強をしているのか? 座談会の中...

GoogleやFacebookでも導入されている目標管理方法『OKR』について紹介!

コンニチワ!PROJECT GROUP株式会社の栗本でございます。 新生活の始まり、社会人デビュー、第一四半期など、様々なスタートの月となる4月。「今年は○○を目指して頑張ろう!」と目標も立てたことだと思います。あれから早いもので1ヶ月が経ちますが、目標に向けた日々の活動は順調でしょうか? 節目の月というのは「目...

【エンジニア座談会Vol.1】初のチーム開発でつまづき苦しむも、そこから学んだこと。

コンニチワ!PROJECT GROUP株式会社の栗本でございます。 今回はPG開発事業部の皆さんに集まって頂き、社内管理ツール『REVolution』の開発秘話について語り合ってもらいました! 実はこれまでPGでの開発業務は「事業部」としてではなく、現・開発事業部のリーダーである「田中 直樹」さんが、個人で設計か...

勇者は誰だ!?PG全社員の「新・RPGジョブ診断」の結果を公開!

コンニチワ!PROJECT GROUP株式会社の栗本でございます。 突然ですが、皆さんは『新・RPGジョブ診断』はご存知でしょうか?こちらはWantedlyと性格ナビがコラボして作った適職診断ツールで、20個の設問に答えるだけで回答者の強みや特性を診断できるというもの。 デザインコンセプトは某RPGゲームを彷彿と...

PROJECT GROUPの新人研修はどんな感じ?

コンニチワ!PROJECT GROUP株式会社の栗本でございます。 年越しから、気付けばもう4月。気温も暖かくなりはじめ、散りゆく花粉に苦しむ今日この頃。つい先月まで学生だった皆さんは「新社会人」として新生活がスタート、各企業でも続々と新人研修が始まります。 新人研修の内容も企業ごとに多種多様。しっかり座学を行う...

【創業10周年】PROJECT GROUP株式会社10周年記念パーティーが開催されました!

コンニチワ!PROJECT GROUP株式会社の栗本でございます。 2022年、PROJECT GROUP株式は創業10周年を迎えることができました。思い返せば、社長である田内をはじめとする友人3名から始まり、事業形態が大きく変わったり、人が入ったり辞めたり。決して楽ではない、波のある10年間だったと思います。 ...

新人が企画から開催まで一任担当!毎月開催の『納会』について紹介!

コンニチハ!PROJECT GROUP株式会社の栗本でございます。 今回は前回の「社員総会」に引き続き、毎月開催の『納会』についてご紹介していきます。一般的に知られている「納会」は仕事納めの日に行われる親睦会。つまり、1年に1度の開催がほとんど。 ですが、PGの場合は『納会』は1ヵ月ごとに開催され、年間で12回の...

会社の収支状況を全社員に共有!毎月開催の『社員総会』とはどんな会なのか?

コンニチハ!PROJECT GROUP株式会社の栗本でございます。 本日は毎月社内で行われている『社員総会』についてご紹介したいと思います。「総会?なんか堅苦しそう...」と思うかもしれませんが、嚙み砕いて言うと 社員総会:全体収支、各部署の収支、当月の動き、来月の動きの共有会 と言ったところでしょうか。どのよう...

インターン生なのに、インターンの仕事内容じゃない!PGのインターンについて当人たちが語る。

安藤:前回ストーリーの評判が非常に良かったので、これにあやかって第二弾を開催することになりました。今回は僕の先輩にあたる加藤さんをお相手に対談していきたいと思います! 加藤:バズったらすぐに似た企画をやるあたりがセコイよね。 安藤:違いますよ。有益な情報を届けるためなら、何を言われようと最適な方法を取るまでなんで...

PGはどんな会社なのか。社長と語り合ってみる。

中野:今日は社長&社員による対談ということで、僕が社員を代表して田内さんと語り尽くす機会を頂きました。改めてお時間をありがとうございます。 田内:どうした。いつも生意気なのにかしこまって。 中野:何を仰られているか分からないです。僕はこの会社で一番誠実な社員ですけど。 田内:すご。嘘つきすぎだろ(笑) 中野:まあ...

「PROJECT GROUP株式会社」の企業文化・評価制度

こんにちは!SEOディレクターからPR・広報に転身した栗本です。 今回は、グロースハック業界を牽引する企業の1つとまでなったPROJECT GROUPが、なぜここまでのスピードで成長してきたのかを文化と制度の観点からご紹介していきます。 8年間で売上25億円以上 参加プロジェクト250件以上 美容化粧品Eコマース...

PROJECT GROUPの成長を支える3つの評価制度

こんにちは!PROJECT GROUP(以下PG)で広報を担当している木田です。 今回は、設立以来7期連続200%以上成長という高い成長率の秘訣、PGの3つの評価制度についてご紹介していきます。 PROJECT GROUPの3つの評価制度 PGには、以下3つの評価制度があります。 ①基本給与(役職評価) ②四半...

ヒルネスト多数!作業効率をアップさせる【パワーナップ制度】のご紹介

こんにちは!広報と役員秘書を担当しているキダです。 今回は、社員の働きやすさや業務効率アップをサポートするためにPGが導入している【パワーナップ制度】についてご紹介します! パワーナップって? パワーナップとは、20分前後の短時間でとる仮眠のこと この短時間の仮眠をとることで ・寝不足を解消 ・集中...

【メディア掲載】「攻めの姿勢を忘れずにいたい」秋葉原を代表する企業へと成長するために

代表の田内のインタビューが、47株式会社運営メディア「officee」に掲載されました! PGが秋葉原にこだわる理由や実際のオフィスの様子について、写真盛沢山で書かれているので PGに興味を持ってくれた方はぜひご一読ください! 【記事リンク】 https://officee.jp/magazine/project...

秋葉原駅チカ×125坪超の新オフィスに移転!

こんにちは(^^) PROJECT GROUPは5月1日から、新オフィスに移転しました! 【内装工事中写真】 125坪超×秋葉原駅チカという好条件。嬉しい限りです(笑) 【入口写真】 なんと入口にはポーカー台。(社長はポーカーが大好きです笑) また、玄関にはクライアント様からいただいたたくさんのお祝いのお...

Followers
Posts
16
Likes
298
About
会社紹介
PROJECT GROUPの社内制度や会社情報について
Writers