1
/
5
ワイン醸造家・マーケティング
on 2020-08-27 2,011 views

世界に通じるワインづくり!次代の都農ワインを担う醸造家・マーケター・販売

株式会社イツノマ

株式会社イツノマ members View more

  • 東京生まれ、東京育ち。大学進学に際し、関西に興味をもち関西学院大学に進学
    卒業後、化粧品の株式会社ポーラに就職、新規事業開発部を希望し配属され、キャンディー(MINTIAなど)の企画マーケティング。
    1992年、CI・VI・経営・マーケティングのコンサルティング会社に転職、ホンダ、ソニー、マツダ、西武百貨店などをクライアントに、全国6,000サンプルの価値観・ライフスタイル調査を多変量解析したマーケットセグメンテーションをベースにしたマーケティングコンサルティングを中心に実施。
    1994年、新潟県上越市に家族で移住(長男も上越生まれ)、常駐し、当時国内最大規模となる敷地約45,000坪(...

  • 座右の銘は新卒時代の人事部長から言われた「中岡映治は華は無いけど味がある」です。

    高校生時代に高知県の商店街がシャッター街になっていくのを目の当たりにしていました。
    なんとかしたいという想いから「観光を通して地域の経済活性化を図る」という言葉に惹かれ、立教大学観光学部に入学を決めました。
    大学生時代は大学1年生の終わり頃に参加した高知県の住み込みいなかインターンシップに触発され、埼玉県の木呂子という町で他学部のゼミ活動に励んでみたり、NPO法人を訪問してみたり、地域清掃ボランティアサークルに入って活動してみたりでした。
    就職活動では不動産系の内定を頂いていたが、本当にしたいこ...

What we do

  • 都農ワインのぶどう園
  • いいワインをつくるには、いいぶどうから。

宮崎県都農町産のぶどうを100%つかったワインづくり。
https://bunmei-tsuno.com/wine-diary/

「都農ワイナリー」は、1996年に第三セクター方式で誕生したワイナリーです。

土着品種のキャンベル・アーリーを中心に、シャルドネやシラー、ピノ・ノワールなどのワイン専用品種を栽培・醸造しています。

都農町は高温多湿で、台風が多くぶどう栽培には決して適していない環境ですが、独自の栽培方法で克服しました。

今では年間20万本を継続して生産。

イギリスのワイン専門誌「ワインリポート(世界の最も注目すべきワイン百選)」に2度も選ばれるほど、世界的にも高く評価されています。国内にワイナリーは約330場、年間生産量の都道府県ランキングで宮崎県は6位。宮崎県内には6場あるワイナリーで年間20万本前後を生産する都農ワインは、その約半分を占める生産。18場ある九州の中では最も生産量の多いワイナリーです。

・都農町から「世界に通じるワイン」をつくる
・いいワインをつくるには、いいぶどうからつくる
・地元産ぶどうのみを使った、都農町ならではのワインづくり
・ワイン専用種のぶどうではなく、生食用ぶどうでのワインづくり

宮崎の豊富な日照を受けたぶどうでつくるワインは、フレッシュ&フルーティで華やかなスタイルに仕上がります。

甘すぎず、色が綺麗で香り高い、今までにない素材の掛け合わせ。

「ワインは地酒であるべきだ」という信念のもと、地元の方々に愛されるワイナリーを目指しています。

▶ 都農ワイナリー
https://tsunowine.com

【インタビュー記事】
若きワイン醸造家の目指す未来<都農町スター誕生 vol.1>
https://bunmei-tsuno.com/wine-diary/

【 メディア掲載 】

「YAHOO! ニュース」に紹介されました(2020/07/22)
https://news.yahoo.co.jp/articles/f048989085e1b8aa30525834162db947a7f4eead?page=1

「宮崎日日新聞」に紹介されました(2020/08/05)
https://www.the-miyanichi.co.jp/chiiki/_46493.html

・JBpressに記事が掲載(2020年7月)
・MRT宮崎放送にて「TSUNO WINE POP-UP BAR」が紹介
・雑誌「Pen(2020年7月号)」、「ワイン王国(2020年7月号)」に都農ワインが掲載
……etc

Why we do

  • 都農ワイナリーの小畑社長(右)と赤尾工場長(左)
  • 色が綺麗で香り高い、フレッシュ&フルーティなワイン

地元産ぶどうのみを使った、都農町ならではのワインづくり

都農ワインの特徴は、

・ワインづくりを通しての地域貢献
・都農町産ぶどうを100%つかっている
・ぶどう栽培に不利な土地で、創意工夫によって克服してきた
・都農ワインの理念は「みんなのワイン」「チャレンジを忘れない」

宮崎県都農町の環境は、

・雨が多い(年間降雨量4000ミリ以上)
・世界のぶどう産地の5~8倍もの雨が降る
・収穫期には台風、火山灰性でミネラル分の不足の土壌

など、ぶどうの栽培には適さない不利な条件だらけでした。

尾鈴ぶどうの歴史は、尾鈴連山と日向灘の地で、永友百二(10代の若手農家)さんが稲作に頼らず果樹栽培にチャレンジ。最初に梨園を開園させ、終戦直後からぶどうの栽培に着手したことから始まります。

「田んぼに木を植えるなんて」と批判されたものの、研鑽を重ねながら対策を講じて、昭和28(1953)年に県内で初めて巨峰の植え付けに成功。

・ぶどう栽培の不適格地に、永友百二さんがぶどう栽培にチャレンジ → 努力の結果、成功
・豊富な日照時間の地の利を活かして、他産地よりも早く出荷できることで農家が増加

昭和43(1968)年には都農町ぶどう協議会が発足し、昭和60年代にはぶどう農家は300軒を超える。その後、供給過多になった際の生産調整や、町としての産業化を目指し、平成元年(1989)にワイナリー構想が立ち上がりました。

都農ワインは「地域の先人の想い」や「歴史」をとても大事にしています。

いいワインをつくるために、土の基礎研究から土壌改良を行い、

・排水対策
・防風林の植樹
・ビニールトンネルの栽培

地元産ぶどうのみを使って、都農ならではの風味豊かなワインづくりを挑戦。

町としてもぶどうの栽培から、チャレンジが伝統として根づいています。

都農町は、山と滝と果物の町。

フルーツワインを製造しているのも、地域貢献の想いからです。

100%都農産のぶどうを使って、
世界に発信できるワインをつくる。

How we do

  • フレンチオーク樽(樽発酵・樽熟成に使用)
  • 都農ワイナリーが位置するのは標高150mの高台。

都農ワイナリーは現在、アルバイトを含めて約28名の規模で運営しています。

チーム構成としては、

・醸造家
・ぶどう農家
・カフェ経営
・ECサイト運営
・ワイナリー直営のワインショップ

各職種がチームを組むことによって、都農ワインをみんなで創りあげています。

現社長の小畑暁さんは、北海道出身。帯広畜産大学大学院を修了後、青年海外協力隊に参加。現地に駐在し、ボリビアで農産物加工の指導。帰国後、ワイン醸造に従事し、ブラジルにわたってからもワイン醸造に携わる。その経験を買われての都農ワイナリー工場長就任。

相棒の赤尾誠二さんは、川南町出身(都農町の隣町)。農業高校で食品化学を学び、18歳で栽培・醸造家としてのキャリアをスタート。高卒で都農町役場史上初のワイン技師として入庁。その後オーストラリアのワイナリーでワインづくりを学ぶ。ワインづくりへの情熱も人一倍強い熱血漢。

ふたりの

・ワインは地酒であるべきだ
・都農町から「世界に通じるワイン」をつくる

というビジョンのもと、

・地元の方々に愛されるワイナリーを目指す
・地元のブドウで世界に通じるワインを探求し続ける

二人三脚の挑戦からはじまり、今の都農ワインがあります。

As a new team member

都農ワイナリーで「ワインの醸造家・マーケティング・販売スタッフ」を募集!

今後の拡大や事業の展開を考えて、次代の都農ワインを担う仲間を募集します。

私たちが提供するのは、単なる飲み物ではなく「都農の歴史と町」そのもの。

この土地の可能性にチャンレジし続けるのが、私たちの仕事です。

都農ワイナリーの大事な役割を担っていただく醸造家・マーケティング・販売スタッフ。

ただワインを提供するだけではなく「お客様の体験を演出するキャスト」として、常にホスピタリティを意識し行動することが求められます。

・ワインが好きだ
・都農町が好きだ
・地方に移住したい
・生み出す仕事がしたい
・ワイナリーで働いてみたい
・未来につながる仕事がしたい
・販売経験がなくても興味がある
・マーケティングをやってみたい
・いつか自分のブランドや会社を持ちたい

そんな熱い想いを持った方も大歓迎です。

お気軽にエントリーください!
おまちしております!!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【業務について】
・販売

・週休2日、1日8h勤務

・お客様のニーズをくみ取り、最適な提案を行う

・アルバイトスタッフの教育、情報共有、在庫管理etc

【応募条件】
・ワインに情熱を注げる方

・あくなき探究心
・既成概念にとらわれない作り手としてのこだわり
・ブランドとスタッフへの愛を持てる方


・お客様と話すことが好きでコミットできる方

・変化を楽しみ、チャレンジングな仕事が好きな方
・ できない理由ではなく、どうすればできるかを考えられる方


【勤務地】
・都農ワイナリー(宮崎県都農町)

将来の夢や目標をお持ちの方、応援します!


面談にて勤務形態は相談させていただきますので、まずは「話を聞きに行きたい」よりエントリーをお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Highlighted stories

イツノマがForbes JAPANで掲載されました。
まちづくりホステルALA 「働く」「学び」を軸に、観光とまちづくりの間にありそうなこと
都農町の移住サイトで、代表・中川の移住と起業の経緯を掲載いただきました。
Other users cannot see whether or not you're interested.
2 recommendations
Company info
株式会社イツノマ
  • Founded on 2020/01
  • 10 members
  • 宮崎県児湯郡都農町大字川北14609−20 都農ワイナリー
  • 世界に通じるワインづくり!次代の都農ワインを担う醸造家・マーケター・販売
    株式会社イツノマ